FC2ブログ
プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
愛知県東海市にある歯科医院です。

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室・スタッフブログ
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
CAMBRAセミナー☆
歯科衛生士の廣田です☆

皆様3連休楽しんでいらっしゃいますか?(^^)

私は大阪で虫歯予防管理方法について(CAMBRA)のセミナーに来ています!

患者様の口の中、環境、生活スタイルを分析して、個々の状態に合わせてやり方、予防方法をご提案していくというセミナーです。

とても勉強になるセミナーです☆患者様に還元できるように頑張ります♪


#CAMBRA
#セミナー
2019011312490091c.jpg

お正月
小島です
みなさん
よい、だらだらした休憩のお正月がすごせましたか?

私はラッキーなことに1日からやっているお店を見つけられ、カウンセリング室のゴミ箱探しに行けました(笑)
空くじなし!2019年小島歯科室宝くじ・当選結果発表
宝くじpop2019
宝くじ2019pop


1等

008、064、102、534、870、1390、2742、2900、3921、5000

2等

下3ケタが 160、200、279、333、489、520、670、762、848、999

3等

下2ケタが 22,84



引き換え場所:小島歯科室・受付


引き換えは3月30日までです
歯科衛生士によるお口の相談室・第61回~ペコロス60
pekohyousi_0060.jpg ペコロス第61回

こんにちは。歯科衛生士の坂本です。
2018年もあっとゆう間に過ぎ、平成も最後と言うことで平成生まれの私にとっては少し寂しく思います。
しかし、また新しい年も皆様と一緒に迎えられるのは幸せなことですね。
2019年もよろしくお願いいたします。

近年では、ホワイトニングが歯周病の予防にも効果的であるというお話がでてきています。
そもそも歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯茎が腫れていたり、出血があったりする方は要注意です。
進行すると歯と歯肉の境目(歯周ポケット)が深くなり、歯を支える骨が溶けて歯が動くようになり、
最終的には抜歯をしなければいけなくなってしまいます。
進行するまでは自覚症状がほとんどないのが特徴なので、具体的な痛みなどがなくても、
一度お近くの歯医者さんで歯周病の検査などされてみてはいかがでしょうか。
お口の健康が全身の健康につながるので、歯科医師や歯科衛生士が皆様の健康のサポートをさせていただきます。

スマイル通信平成30年12月号
クリスマスコンサート

こんにちは歯科アシスタントの野崎です。
クリスマスの時期になると小島歯科室ではおなじみの♪クリスマスコンサート♪を今年も開催いたします☆クラリネット伴走者の黒川真弓先生とオペラ歌手の飯田牧子先生をお呼びして待合室にて生演奏を披露いたします♬♪
日時:12/10(月) 13(木) 18(火) 9:30~15:30
場所:小島歯科室待ち合い室
曲名:クリスマスソング・J-POP etc

☆*🎅*🎁*🎄*☆*🎅*🎁*🎄


[READ MORE...]
歯ッピーになる歯のはなし・その142~知多ホームニュース平成30年12月中旬号掲載
「殺菌された水」

 みなさんこんにちは、12月です。平成30年も残すところ少しですが、みなさんにとってどんな一年だったでしょうか?
 この年末にきて、国会では下水道の民営化について紛糾しています。
今回は水の殺菌についてお話したいと思います。
 さて、水道水は一般的にはほとんど、塩素をもちいて殺菌され、きれいな水となっています。
日本では、水道水を蛇口からひねってそのまま飲めるくらい安全とも言われています。
一方、飲み水は、水道水を直接飲むのではなく、スーパーなどでおいしい水を買って飲んでいる方も多いのではないでしょうか
 また、ウォーターサーバーをレンタルして使っている家庭も増えてきているようです。
このような傾向はどうして起きているのか?
それは一つには水道水の中に入っている残留塩素の問題が関係しているのだとも言われています。
家庭の台所の水道水の蛇口にフィルターをかませて、より、安全な水になるよう工夫している方もいるかと思います。
 水道水の中に微量の塩素が残っていることはとても大切な事で、この塩素が微量に残っているから、
殺菌状態を保ち、安全に使えるわけです。
かつ、人体に害のない微量に調整されて処理されているのです。
しかし、この塩素を微量ながらでも摂り続けると癌になるのではないかという見方もあり、発癌性物質として注意されているわけです。
ですので、家庭などで水道水を使う場合には一度沸騰させて、塩素を抜いた方がよいという方法をとっている方もいると思います。
 では歯科医院などの医療機関ではどうでしょうか?
特に歯科医院では、お口の中の治療をする際に、歯を削ったりして水を使うことがとても多いのです。
当院では、患者様のお口の中に入る水を全てオゾン殺菌しています。オゾン殺菌することにより塩素が体内に入っていくことはありません。
オゾンは塩素などの有害物質と反応して水と酸素にすぐに変わっていきます。
また、残ったオゾンも有害物質がなければ数秒後に水と酸素に分解されるので安全です。
ただし弱点もあります。それは多少オゾン殺菌されたばかりの水は匂いがします。鼻の利く人には感じます。
一般的な臭覚のレベルの人では感じません。それとオゾン殺菌のシステムが高価であることです。

では来年もみなさん健康で楽しい生活をお過ごし下さい。また会いましょう。

知多ホームニュース平成30年12月上旬号掲載~
を閉じる」

A君(8才)のお母さんより
「いつもを開けていて、唇も荒れています。矯正装置をつけて治した方がよいですか?」

「小学校低学年の場合、矯正装置を入れることも大切ですが、装置を入れるだけでは治りません。おの周りの筋肉を正しく力を加えるトレーニングをすることが大切です。の周り、アゴ舌などの筋肉をより強く正しいバランスにしていく運動をします。」

東海タイムズ2018年12月20日号掲載
レントゲン検査」

Q.CT撮影は行うのでしょうか?

A.CTは骨の中の構造が手術前に分かるので便利です。特に上あごに手術する場合は必要となることが多いです。また、サージカルガイドという位置固定補助器を使う場合にも必要です。

バンドを付けて型取り


こんばんは、アシスタントYです。

前回セパレーティングゴムをつけてから
1週間が経ち、月曜日に装置の型をとりました。




まずセパレーティングゴムを
入れていた場所にバンドをつけます。


思ったよりもスムーズにハマりました。


この状態で上顎の型をとっていきます。
そしてとった型に、この合わせたバンドを
くっ付けて装置を作ってくれる会社に出します。


年明けには私専用の装置が出来上がります。


最後にまたセパレーティングゴムを入れます。
新しい装置を入れやすくする為です。


慣れたと思っていたゴムですが、
また新しく入れたその日は噛むと
少し痛かったですね。
それでも果敢に芋けんぴ食べましたけど。



次回、出来上がった装置と
付けたところをまた更新します❄️



ワイヤー調整

こんにちはアシスタントRです
今回もワイヤーを調整しました

12月10日のことです。
前回から1ヶ月ぐらい間隔があいてます。

だいぶ3番目の歯が動きました



前回欠けてしまったブラケットは新しいのに付け直してもらいました。
そのかわりつけたばかりのブラケットが取れてしまわないようにまた細いワイヤーになりました!



来週また太いワイヤーを入れるそうなのでまた痛みとの戦いが待ってます

それまでの一時休息ですね!
今のうちに美味しいもの食べます