プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室の交換日記からはじめましょう
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
根管充填
こんにちは^^
歯科アシスタントの田崎です

さて、今日は「根管充填」についてお話していこうと思います。

。°。°。°。°。。°。°。°。°。。°。°。°。°。。°。°。°。°。


「根管充填」・・・根管内を根充材で密にし、無菌状態を保つことを目標として行う。


*簡易防湿またはラバーダム防湿を行う。

1。仮封材の除去・・・探針、エキスカベーターにて除去タービンにて除去。

2。ブローチ綿栓の除去・・・ピンセットにての除去。

3。根管長側定(EMR)
 a)ルートキャナルメーターを用いて測定する方法。
 b)レントゲン診査による方法。
 c)ドクターの指示の感覚による方法。

4。根管形成・・・・リーマ、ファイルで、均等の太さ長さに根管内を形成していく。

5。根管充填(加圧根充):ガタパーチャポイントによる根充
   1)綿栓もしくはペーパーポイントで根管内の清拭、感想を行う。

   2)根管長にあったポイントを根管内に誠適する。

   3)レンツロにシーラーをつけ、根管壁につける。

   4)メインポイントにシーラーをつけ、根管内につける。

   5)スプレッターで側方圧を加える。

   6)あいた隙間にアクセサリーポイントを入れる。
    
   *5)、6)を繰り返す。
   
   7)ピラガーを熱し、余ったポイントを切断除去し垂直圧を加える。

6。仮封

  *またはセマント裏層し、歯冠修復に移る。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kojimashika.blog90.fc2.com/tb.php/244-e38b6caa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N |

キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N容量約8Lのドライボック... これ欲しい【2010/06/27 11:10】