プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室の交換日記からはじめましょう
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むし歯の治療法
こんにちは^^
歯科アシスタントの田崎です

今日は「むし歯の治療法」についてお話していこうと思います。
前回C1~C4の症状についてご説明しましたが、今回はそれぞれの治療法について
お話していこうと思います。

C1の場合
治療法
う蝕の部分を削り、消毒、形成した後充填(つめもの)
をしたり、金属の鋳造体(インレー)などを入れる。

C2の場合
治療法
歯髄を保護する薬剤(歯髄覆罩剤)や
外来刺激を遮断する薬剤(裏層剤)を窩
洞(きれいに形成された穴)のそこに塗る。
その後はC1と同じ。

C3(歯髄炎)の場合
治療法
麻酔下で歯髄を除去し、髄質の清掃や根管
の拡大、清掃を行った後、根管充填(根管内
を薬剤で満たす)を行い、セメントでふたを
する。                 

C3(歯根膜炎)の場合
治療法
う蝕に侵された髄室内を清掃、消毒し根管
の拡大、清掃を根管内がきれいになるまで繰
り返し行う。その後根管充填を行い、セメン
トでふたをする。
*保存不可能な場合は抜歯する。

C4の場合
治療法
ほとんどの場合抜歯する。→その後ブリッジや義歯などで補う。

C3の(歯髄炎)と(歯根膜炎)の、その後
~臼歯の場合~
・冠(クラウン)
・インレーなど
~前歯の場合~
・ジャケット冠
・前装冠
・歯冠継続歯など

*.:.:.:.:.:.:.:.*.:.:.:.:.:.:.:.*.:.:.:.:.:.:.:.*.:.:.:.:.:.:.:.*.:.:.:.:.:.:.:.*.:.:.:.:.:.:.:.*

進行する前に早く発見、治療できるといいですね^^
定期健診は大切だなと思います
    
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kojimashika.blog90.fc2.com/tb.php/225-2292a371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。