プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室の交換日記からはじめましょう
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯の内部とその周辺の名称と役割
こんにちは^^歯科アシスタントの田崎です

明日はクリスマスイブですね
医院の待合室もクリスマスを感じさせる物やクラリネットの生演奏していたり!!
ぜひ診療の前や後にリラックスして見たり聞いてください

ではでは今日は「歯の内部とその周辺の名称と役割」についてお話させていただこうと思います

歯の内部
歯の部分のうち、口の中に見えている部分を歯冠部(しかんぶ)といい
歯の中にうまっている部分を歯根部(しこんぶ)といいます。また、その
さかい目を歯頸部(しけいぶ)とよんでいます。
歯とその周辺の内部は上図のような構造になっています。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

歯肉(しにく)
歯ぐきと呼んでいるところ。
健康なものはピンク色に引きしまっている。

象牙細管(ぞうげさいかん)
象牙質にある細い管のところで中の管を通して歯髄とつながっている。

根尖孔(こんせんこう)
針の穴より小さく、歯髄はここから歯髄骨の仮名の神経や血管と通じている。

歯槽骨(しそうこつ)
歯の周りを覆っている骨。
歯は骨槽骨の中に植わっている。

歯根膜(しこんまく)
歯根部と歯槽骨の間にあり、両者を結びつけている。
歯に加わる力を和らげる動きがある。

根管(こんかん)
歯根部の歯髄の入っている細い管のこと。

セメント質
歯根の表面を覆っている骨と同じぐらいの硬さ組織。

歯髄(しずい)
神経とよばれていりところ。
神経線維、毛細血管、総合繊維からなっている。

象牙質(ぞうげしつ)
エナメル質よりやや軟らかく、骨より硬い繊維。虫歯になったり削ったりすると痛みを感じる。

エナメル質
歯冠の表面をおおっている非常に硬い素材。
反面もろく一度かけたり、虫歯になったりすると再生しない。

髄質(ずいしつ)
歯冠部の歯髄の入っている部屋。


このように歯の中の層にも名称があります。
根っこの治療などする時使う機材にびっくりされる方がよくいらっしゃいますが
不安な時は先生にご相談くださるとよいかと思います^^





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kojimashika.blog90.fc2.com/tb.php/208-c1542789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。