FC2ブログ
プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
愛知県東海市にある歯科医院です。

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室・スタッフブログ
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
8.29PM5出版なるか?
 こんにちは、8月です、暑いですね、いかがお過ごしですか。お盆休みはありますか?私は8月が来るといつも毎年思い出すことがあります。おじいちゃん、おばあちゃんの思い出です。心に確実に刻まれています、自分が愛されていたんだということを。
[READ MORE...]
歯ッピーになる歯のはなし・その126~知多ホームニュース平成29年8月中旬号掲載
「遺伝と歯並び」

 こんにちは、8月です。お盆です。
 家族、親戚で集まって楽しいひとときをお過ごしでしょうか?
 顔は親子、兄弟で似ていると思います。
もし、親戚で集まっているのなら、どうでしょう。周りを見てみて下さい。
みんな、よく似ていますか?遺伝により、親子は当然似ると思います。
では歯並び咬み合わせはどうでしょうか?

 歯並びが似るという点については、遺伝的な影響は約30%であるという文献があります。
すなわち歯並びは全くそっくりというわけでもないのです。
 また、最近の文献では遺伝の影響は30%以下でもっと少ないというものも発表されています。
では歯並びに最も大きく影響しているものはなんでしょうか?

 それは生まれてからの生活習慣、癖などです。
現代人の歯並びが悪くなっているのは、一つは食事でしっかり咬んでいないことがあげられます。
しっかり咬まないとアゴは退化して筋力も小さく、骨が十分に成長発達しません。
その結果、歯並びがガタガタになってしまうことが多いのです。

 また、呼吸に着目すると、鼻呼吸ではなく口呼吸をしている子供がとても多いです。
口呼吸ばかりしていると、口のまわりの筋力は衰え、歯並びはくずれやすいです。特に出っ歯になりやすいです。
鼻で呼吸をしていない為に、いよいよ、鼻は使われなくなり結果として鼻は詰まりやすいです。
また、上アゴの骨の成長も弱くなり、咬みあわせはズレていきます。
これらのような、悪習慣、悪循環を改善する為にはどうしたらよいでしょうか。
一つは生まれてすぐに(約6ヶ月)からもうアゴを使って少しでも食事をしていくことなのです。
アゴの筋肉を使い、骨が正しい方向に成長していくことがとても大事なポイントです。
小・中学生になってからでもまだ効果はありますが生まれてすぐから取り組むことはかなりの予防効果があります。

東海タイムズ2017年8月20日号掲載
「CT検査と骨の状態」

Q.インプラント治療を受けたいのですが、CT検査を受けた方がよいでしょうか?

A.通常のレントゲン検査では、大まかな骨の状態がわかります
。CT検査をすると、骨の中の構造が詳しくわかり、骨のうすい部分、神経の位置など把握できます。
より安全な治療を行えます。

いつから矯正スタート?
Eさん(5才)のお母さんより
「子供の歯並びが悪いのではないかと気になります。早く始めた方がよいのでしょうか?」




「そうですね。気になりますよね。診断は早期にした方がよいです。が、装置を入れ始めるのは、その子によって違います。5、6才から入れ始める子もいれば、9、10才ぐらいからの子もいます。早すぎても、治療期間が長いだけになってしまうこともあります。」
歯科衛生士によるお口の相談室・第49回~ペコロス48
 

Q.歯が黄色いのが気になっていてホワイトニングをしたいと思っています。
私はまだ高校生ですが、ホワイトニングで歯を白くしていくことはできますか?


A.当院は歯の発育・成長面を考慮し、歯の表面の構造が出来上がる16歳前後からホワイトニングをおこなっています。ホワイトニングは歯の表面のでこぼこに入り込んだ着色に直接作用するため歯を痛める・傷つけるといった心配はありませんので、ご安心ください。
これを機に、歯を白くきれいにしていかれたらいかがでしょうか?
ホワイトニング相談もお気軽にお問い合わせください。

○院長のこだわり○

小島歯科室では年間200名以上の方がホワイトニングを受けていますが、その多くの方がレーザーホワイトニングを受けています。
特に当院のレーザーホワイトニングシステムは東洋人向けに開発されたタイプのものですので、おすすめです★


矯正治療中にやっていること。

こんにちは。歯科衛生士の坂本です。

毎日暑い日が続いておりますが、

皆様熱中症などにはお気をつけくださいねグラサン

 

矯正治療で通われている方に具体的にどんなことをしているか

今日はご説明していきますひらめき電球可愛い歯3

 

まず、取り外しのできる床装置や、マウスピースなどを使われてる方には、

装置がしっかり拡大されているかの確認、歯磨きがしっかりできているかのチェック、あとはフッ素を塗って虫歯の予防を徹底しています。panda

 

ブラケットなどをつけている方は、ワイヤーを調整したり、汚れが溜まりやすい所のクリーニング、歯磨き指導などをおこなっています歯歯ブラシ

 

特にブラケットがついていると葉が磨きにくいので、汚れがたまりやすく、歯肉炎や虫歯になってしまうリスクが高いので気をつけて見させていただいています。

矯正治療中には、経過を確認できるように写真やレントゲンなどを定期的に撮影して記録も残して、皆様にお渡ししてます。

過去の写真と現在の写真を見比べるのも、モチベーションアップの秘訣ですグラサン

 

矯正治療中にこそ、しっかり虫歯や歯周病を予防しましょうグラサン

 

 

ご質問などは随時置けつけておりますので、気軽にご相談をお待ちしております照れ

 


超音波で安全に
Q.超音波で骨を削ることができると聞いたのですが?



A.インプラントを入れる穴を削る際、歯を削るように通法で削ると温度が骨に伝わり、骨を悪くすることがあります。超音波で骨を削合すると骨にダメージを与えずに安全にオペを進めることができます。
知多ホームニュース平成29年8月上旬号掲載
「輪ゴムを使う矯正」

Jさん(12才)のお母さんより
「この輪ゴムは毎日引っかけている必要がありますか。夜寝る時だけでいいですか?」

「この輪ゴムは24時間ほぼつけています。はずしてよいのは歯を磨く時、一日一回のゴムの交換の時、食事の時くらいです。
持続的に一定の力をかけることが重要ですので、学校に行っている間、はずしていたら効果が出ません。」