FC2ブログ
プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
愛知県東海市にある歯科医院です。

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室・スタッフブログ
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
東海タイムズ2017年6月20日号掲載
「入れ歯からインプラントへ」

Q.今現在、上あごに部分入れ歯を使っています。インプラントに置きかえることはできますか?

A.CT撮影など検査をしてインプラントをしていきます。
骨になじむのに2ヶ月程は期間を待ちます。
その間、部分入れ歯を並用することも可能です。

ブルゾンちえみじゃないよ、ブル中野だよ!~ブルはブルでも~
 皆さん、こんにちは。6月です。だんだん暑くなってきますね、お元気ですか?夏に向け薄着になるので、いよいよダイエット頑張りたくなるのは私だけでしょうか。
 さて先日、「ビューティーワールドジャパン」なる見本市に行ってきました。
[READ MORE...]
歯科衛生士によるお口の相談室・第48回~ペコロス47
 


Q.歯が黄色いのが気になるのでホワイトニングをしてみたいと思っています。どのくらいしろくなりますか?
(名古屋市在住・30代男性)


A.ホワイトニングは個人差はありますが、白くなります。
歯の色の系統にはイエロー系とグレー系があります。ホワイトニングの効果が比較的短時間でもでやすいのはイエロー系ですが、じっくりホワイトニングをしていけば、グレー系の方も白くなります。
よろしければ、一度ご相談にきてください♪歯科衛生士が歯の色を計測して、ご自身に合ったホワイトニングの方法を提案させていただきます。

○院長のこだわり○
小島歯科室では、年間200名以上の方がホワイトニングを受けられていますが、その多くの方がレーザーホワイトニングを受けています。特に当院のレーザーホワイトニングシステムは東洋人向けに開発されたタイプのものですので、おすすめです★

咬み合わせとボケ防止
 みなさん、6月です。梅雨です。いかがお過ごしですか?日は最高に長くなり、随分な時間になっても窓は少し明るく、なんだか得した気分になるのは私だけでしょうか。
さて今回は、咬み合わせの重要性とボケ防止について話したいと思います。歯の咬み合わせがしっかりとあることはとても大切です。咬み合わせがしっかり安定しているということはボケ防止につながっています。
一般的なボケ防止にはどんなことが挙げられるでしょうか。
[READ MORE...]
歯ッピーになる歯のはなし・その124~知多ホームニュース平成29年6月中旬号掲載
「咬み合わせとボケ防止」

 みなさん、6月です。梅雨です。いかがお過ごしですか?
日は最高に長くなり、随分な時間になっても窓は少し明るく、なんだか得した気分になるのは私だけでしょうか。
 さて今回は、咬み合わせの重要性とボケ防止について話したいと思います。
歯の咬み合わせがしっかりとあることはとても大切です。
咬み合わせがしっかり安定しているということはボケ防止につながっています。

 一般的なボケ防止にはどんなことが挙げられるでしょうか。
(1)人と会う。話をする。電話で話してコミュニケーションをとる。
(2)健康的な生活。特に運動。歩く。簡単なスポーツに参加してみる。
(3)趣味を持つ。楽しく生活をすることが大事です。
自分が何かに熱中できること、こだわれること。心が晴れやかになれること。
(4)よく咬んで食べる。食事、食生活はとても大切ですし、また楽しみの一つでもあります。
食事内容もさることながら、しっかり咬んで食べることが大事です。
一口につき30回以上咬むとよいなどと言われていますが、これはなかなか出来ないかもしれません。
一口につき10回咬んでみてください。急いで食べない、ゆっくりと味わって食べることによってもしっかり咬むことにつながります。

 そして、しっかり咬んで楽しく味わって食べることには大きく歯が関わっています。
まず、歯があるか、歯が悪かったり、なければ、入れ歯などで、しっかりと補っているか。
入れ歯に対して最近の考え方では、夜間寝ている間も入れ歯をはめていて下さい。
 基本的に一日中入れ歯をはめているということです。
歯全体の咬み合わせがあることがいかに重要かということです。
咬み合わせがなければ、カラダはどんどん悪くなっていきます。
入れ歯は一日のうち、30分ほどはずして休憩している時間がとれれば十分です。
お風呂に入っている間、食後、歯磨きをしてはずすなど、その程度で十分です。

知多ホームニュース平成29年6月上旬号掲載
「呼吸と歯並び」
Cさん(9才)のお母さんより
「この子はいつも口が開いています。歯がどんどん出っ歯になっているような気がします。どうしたらよいですか?」

「歯並びが悪い場合は矯正器具を使って治療することが必要です。
が、口が開いているようなクセがあることは、歯並びを悪くする原因です。
クセを改善するトレーニングを受けてもらいます。
クセがあると全身の健康にも影響します。」