FC2ブログ
プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室の交換日記からはじめましょう
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
治療期間の短縮
Q.インプラント治療期間は半年位と聞きましたが、もっと短くならないでしょうか?



A.部分的で簡単なケースでは、3ヶ月程で終ります。インプラントが骨に生着するのに通常4~6ヶ月かかっていましたが、光機能化装置をオペ直前に行うことにより、2ヶ月程に短縮します。



未知なる味もうかさめ
こんにちは、歯科アシスタントの永井です。
この前「もうかさめ」なるさめ肉が安くなっていたので試しに買ってみました。
パッケージにフライや唐揚げにおすすめと書かれていたので竜田揚げにしたのですが、
淡白な味で美味しかったです。
癖のないささ身のような味だったので、また買う機会があれば梅しそ巻きにしてみようと思います。
はり金をつける
Yさん(10才)のお母さんより
「今まで取りはずし型のプラスチックの装置で治療が進んできましたが、この先は、はり金をつける治療が最もよい方法ですか?」

「そうですね、はり金、ブラケットをつけるのは永久歯がほぼはえそろった時期がベストです。永久歯のブラケットをつけていく方法が現状最も優れた治療法です。」



東海タイムズ2017年11月20日号掲載
「予防のためのインプラント」

Q.両奥歯が2本ありません。残っている歯に負担がかかりますか?

A.奥歯がないと他の歯が2倍以上の仕事をするため、悪くなる原因となります。
インプラントを入れることで、今残っている歯を守ることになります。
予防のためにインプラントを入れます。

東海タイムズ2017年1月20日号掲載
「安全のためのCT」

Q.インプラントオペをする際にCT検査をしたほうがよいと言われたのですが?

A.CT検査をすることで、通常のレントゲン検査より詳しく骨の構造がわかり、安心安全なオペができます。
アゴの骨の厚みや曲がり、骨の中の血管、神経の位置なども調べやすくなります。

あけました
こんにちは。
あけましておめでとうございます♪
歯科衛生士の坂本です。
2016年もあっとゆう間に過ぎて、
気づいたら2017年になっていました。
年末年始は、
1週間ほどおやすみいただきましたので
🐨オーストラリア🇦🇺へ旅行へいってました。
念願のハミルトン島へいって
グレートバリアリーフを海からと空からと
体感してきました\(^o^)/
オーストラリアはいまの季節は夏で
日本との時差は1時間でしたが、
暑さに感動しました(^^)
また一生懸命お金を貯めて
いきたいと思いました\(^o^)/


インプラントとCT
Q.骨の量や形を詳しく調べるためにはCT撮影は必要でしょうか?


A.CT検査をすることで、より安全なインプラント治療が行えます。下あごの中の神経の位置、上あごと鼻腔の関係、3次元的な骨の変形など詳しくわかります。



正月太り
明けましておめでとうございます。
アシスタントの片田です。
今年も2週間たちますが年末からの暴飲暴食で太りました!
お正月だから太ってもいいんだ!おいしい物はおいしくありがたくいただきたいだ!と言い聞かせてましたがいざ太ると落ち込みます!
とりあえずネットで見た脂肪燃焼スープいっぱい作って頑張ります!
矯正装置の洗い方
Fさん(11才)のお母さんより
「矯正装置は毎日ハブラシで洗って洗浄剤を使ってきれいにした方がよいのでしょうか?」


「そうですね、プラスチックのとりはずし型の装置は、菌が繁殖する原因になるのできれいにしてください。特に銀イオンコーティングを3ヶ月に一度することによって毎日、洗浄剤を使わなくてもよくなります。(一回3,500円)