FC2ブログ
プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
愛知県東海市にある歯科医院です。

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室の交換日記からはじめましょう
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
歯科衛生士によるお口の相談室・第40回~ペコロス39
 

Q.高校生の娘がいるのですが、歯が黄色っぽく本人もとても気にしています。
ホワイトニングは高校生でも行うことができます?

(東海市在住・40代女性)



A.当院は歯の発育・成長面を考慮し、歯の表面の構造が出来上がる16歳前後からホワイトニングをおこなっています。
ホワイトニングは歯の表面のでこぼこに入り込んだ着色に直接作用するため歯を痛める・傷つけるといった心配はありませんので、ご安心ください。
これを機に、歯を白くきれいにしていかれてはいかがでしょうか?
ホワイトニング相談もお気軽にお問い合わせください。


虫歯とダイエット
みなさん、こんにちは、暑い日が続きますね。食べ過ぎ、飲み過ぎていませんか?
また、アイスクリームなど食べたくなったりします。このようなものは、たいていの場合砂糖がたくさん入っています。
これら冷たい飲食をした時、その場は気持ちよく、疲れもとれるようでよいのですが、実は気をつけなければいけないことがあります。

夏なので、水分をこまめに気をつけて摂取することはとてもよいことなのですが、砂糖をたくさん取ってしまうと、余計に口が乾いてしまうのです。
また何か飲みたくなる、また何か食べたくなる、と食べ過ぎのスパイラルに入ってしまうことが多いのです。
その結果は、砂糖の取り過ぎによる虫歯のリスク、そして太ってしまうということなのです。
さて、ダイエットはいつもいろんな方法が紹介され、流行っていると思います。
みなさんも、いろんな方法にチャレンジしたことがあるのではないでしょうか?

一般的なもので言えば、運動、走る、ウエイトトレーニング、エアロビ、ヨガなどなど。 
食事に関したもので言えば、糖質制限というのが有名かと思います。炭水化物を食べないというダイエット法です。
具体的には、ご飯や、パン、麺類などを食べないということです。さらにお菓子など砂糖の入ったものも含まれます。
逆にいうと食べてよいのは、タンパク質が中心になります。卵、肉、魚、豆腐、納豆などです。
この糖質制限ダイエットは、歯、お口の中にとってはよいこともあります。虫歯の原因となる砂糖を取らないことです。
また、ご飯などの炭水化物も食べないので、お口の中がネバネバすることも少なく、歯周病にもなりにくいことがあります。

ではみなさん、無理なダイエットはせず、けど食べ過ぎに気を付けて暑い夏を乗りきりましょう。




秋。
こんにちは!
歯科衛生士の廣田です☆
この週末にかけて天気があまりよくないので、洗濯物が乾かず、悩むところですね(/´△`\)

お盆過ぎて、秋の気配を感じます。

赤トンボがいっぱい飛んでたり、コスモスも咲き始めていますね!

私の実家には秋の音がします。

それは、鈴虫さん。

父が卵から育てていて、もう何年も飼っています。

静かになったのを見計らって鈴虫さんたちはリィ~ンと鳴き始めます。

日中は暑くてもこの音を聴くと秋が近いんだなって感じます☆

はやくこの暑さがおさまるといいですね!

原宿物語~竹下通りそば~
みなさん、こんにちは。暑い夏です。お元気ですか?暑くてだるいかもしれませんが、いつまでも若さと元気で頑張りたいものです。
今、私は健康のために、あるサプリメントに凝っています。それは、ケイ素です。待合室衛生品コーナーにも置いてありますが、ケイ素を普段、水や料理などに入れて飲むものです。化粧水のようにも使えます。
ここしばらく自分で使ってみていい感じがしています。いつまでも若くありたいものです。体も心も。
[READ MORE...]
東海タイムズ2015年8月20日号掲載
「骨が足りない?」

Q.私は骨がやせて、少ないのでインプラントはできないと言われましたが?

A.骨が少ない場合は、増骨する方法を用いてインプラントオペを行います。
インプラントを入れる時に削る予定の骨を足りないところに置換したり、顎の骨の中で、
余っている骨を自家骨で移植します。

マッサージ。。
こんにちは。
歯科衛生士の廣田です!

お盆休みはいかが過ごされましたか?

私は、なんだか色んな予定が入ってゆっくり旅行などもいけず(笑)

その代わり普段できないことをしてきました!

いつものワンパターンですが、岩盤浴と温泉!
そして、今回もマッサージしてもらいました。

普段の診療の姿勢でどうしても腰に負担がかかるため腰を中心にマッサージしてもらいました。

が、かなり激痛(笑)
ある程度の痛みには耐えられるので耐えていたのですが、痛い(T-T)

さすがに耐えられず痛みを訴えましたが、相応凝っていたんですね…あまり変わらず。

これはもみかえしが絶対来る…と思ったのですが、翌日かなりスッキリ♪

痛みに耐えてよかったです(笑)
やってよかったと満足しています
笑うこと、マスクを外すことに抵抗がなくなりました。
やってよかったと満足しています。
ありがとうございました。
(39歳・女性)

はり金と輪ゴム
B君(13才)のお母さんより
「この上下にひっかける輪ゴムは、やっぱり毎日した方がいいんですか?」

「そうですね。この輪ゴムは上と下のはり金に引っかけた状態で、一日24時間ほぼつけて下さい。毎日新しい輪ゴムに本人に交換してもらいます。
そうすることによって上下の顎の位置が正しい位置になってきます。」
仮り歯用のインプラント
Q.ダメな歯を抜いてインプラントにしたいのですが、仮り歯は入りますか?

A.歯を抜いたその日に仮り歯を入れることが可能です。
仮り歯用のミニインプラントを入れて、その上に仮り歯をつけます。
特に前歯など見える場合、また、奥歯で咬む場所を確保したい場合に有効です。



マウスピース
みなさん、こんにちは。毎日暑いですが、クーラーのもと体を冷やしすぎてはいませんか?
暑くても、健康のため運動も大切ですね。

今回はマウスピースについてお話ししたいと思います。
マウスピースと聞くと、みなさんは何を思い浮かべますか?例えばボクシングのマウスピース、と答える方が多いかもしれません。
歯科医院で作られるマウスピースには実はいろんなものがあります。

(1)スポーツ用マウスピース
これはボクシング、ラグビーなど激しいコンタクトスポーツに使います。
この目的は、マウスピースをお口の中に入れて、歯と顎の保護を行うためです。歯が折れる、顎が折れるなどのケガを防ぐためには、マウスピースは欠かせません。

(2)顎関節症用マウスピース
顎がカクカクするなど顎に異常のある方に用います。
顎の関節に無理な力が加わらないようにして、顎の関節のリラクゼーションを図ります。

(3)矯正用のマウスピース
歯の矯正をするには一般的には、はり金を用いることが多いです。
が、一部の患者様には、透明で目立たないマウスピースをはめる事によって歯並びを治していくことが出来ます。(重度の不正咬合では難しいです)

(4)夜にはめるマウスピース
無呼吸症候群の人など、夜寝ている間に、健康を守るため、マウスピースをはめた方がよい場合があります。
顎の位置が下がりすぎ、舌の位置が悪く、呼吸が止まったり、酸素が十分確保出来ない状況が起きています。
夜間寝ているときに、酸素を確保することは人間の生命、健康にとって、とても重要ですので、無呼吸症候群でなくても、夜間マウスピースを入れることはあります。

では、楽しく食事して、力をつけて夏を乗り切りましょう。