FC2ブログ
プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室の交換日記からはじめましょう
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
ホットヨガ体験
みなさん、こんにちは。9月です。まだまだ暑さも残っていますが、例年より楽な気もしますね。雨が多かったせいもあるのでしょうか。
子供たちにとっては楽しい夏休みも終わり、2学期のスタートです。がっかりする子供に喜ぶお母さん、が目に浮かびます。規則正しい生活って健康にとって大切ですよね、休みばっかより、毎日学校があった方が本当はいいのかもしれません。
 そして、ダイエットについて言えば、ダイエットに休みはありません。私のちょっとばかしのダイエット経過を話すことになるのですが、ダイエットに終わりはなくそういった発想を超え、ダイエットを趣味として楽しむということなのだろうと最近では思っています。
[READ MORE...]
日帰りスパ♪
こんにちは☆歯科衛生士の廣田です!

祝日は皆様、いかがお過ごしになりましたか?

祝日なので、どこか遠くに行こうと色々調べてたのですが結局決まらず(笑)
大好きな日帰りスパに行ってきました。

行く前にネットで調べて、今日はいつもと違う所に行ってきました。

岩盤浴のお温度もよくて、玉のような大粒の汗がいっぱいできました。

なかなか汗をかく機会がないので、すごくすっきり♪

で、今日は"初めて"をしてみました!

それは、整体です。

やってみたいと思いつつやる機会がなかったので、楽しみにしてました。

話によると「右足に負担がかかっていますね」

いつも仕事で右足を踏ん張る傾向にあるので、納得☆

しっかりほぐしてもらってスッキリ!

またスッキリしに行きたいです!
寝ている間に歯が白くなってとてもラクちんでした!
歯の黄ばみが気になっていたのでオフィスホワイトニングを選択しました。
やっている間はゴーグルをつけて寝ているだけなのでとてもラクちんでした。
途中に少し痛みもでましたが、歯科衛生士さんがすぐに対応してくれたのでつらくなかったです。
歯がとっても白くなって歯も気持ちもスッキリしました。
(24歳・女性)

院長より:歯のホワイトニングは、歯を白くする効果もありますが、歯茎の溝の細菌を減らす効果もあり、口臭対策もできます。

いつから矯正を始めるとよいか?
今回は、よく多くの方から質問される、いつから矯正を始めるとよいのか?ということについてお話したいと思います。

(1)診断ははやい方がよい
程度の差こそあれ、まずは早めに診てもらうことがよいです。
レントゲン写真をとると、まだはえていない大人の歯も骨の中でどうなっているかうつっていることも多いです。
早い段階で状況を把握しておくことはよいことです。この先どのようになっていくのか、いつ頃からスタートになるのか、おおまかではありますが予想がつき、準備がしやすくなります。

(2)定期的な観察
早期の診断後は、その後も定期的に予防処置などで、見てもらうことをおすすめします。
特に子供の歯がある場合、はえ変わりの状況をみていき、場合によっては子供の歯(乳歯)の調整をしたりすることがあります。
そのことにより咬み合せ・歯並びのズレがどんどん進まないようにおさえることもできることがあります。
ペースとしてはその人にもよりますが3、4ヶ月間隔です。

(3)矯正のスタート時期
早い子であれば4、5才からスタートです。多くの子は小学校2、3年生ぐらいです。遅くても大丈夫な場合は小学校5年生ぐらいです。
このことからわかると思いますが、その子によってスタート時期はかなりの差があるのです。
それは、その子によって原因が一人一人違うわけです。ので、みんな同じということはありません。特に骨格に問題がある場合、下顎が前に出ている場合は早く(4、5才)からはじまり終了も15才ぐらいと遅いです。
顎が小さい場合は、小学校2、3年生ぐらい、逆に骨格にあまり問題がなければスタート時期は遅いです。

(4)時期を過ぎてしまったが…
中学生、高校生、あるいは大人(30代40代)になっても矯正は可能です。
スタート時期がこのように随分と遅くなってしまった場合には、何が問題なのでしょうか。それはそれは一つには抜歯して矯正治療することにほぼなるということです。骨がほぼかたまっていますので、小さい子供のような自由度がありません。なので、一部の歯を抜いてスペースをつくって、そのスペースを利用して歯を並べます。
小さい子供の場合、90%ぐらい理想の状態に並ぶのに対し、年齢がいくほど80%、70%と残念ながら完成度は劣ることがあります。




東海タイムズ2014年9月20日号掲載
「インプラントをより接着させるために」

Q.インプラント専用の滅菌機械で処理すると、通常よりしっかりくっつくと聞いたのですが?

A.インプラントは製品として工場を出荷してから日々表面が劣化していくことが最近わかっています。
インプラント手術直前に専用の滅菌機を使うと、約4倍確実にくっつくといわれています。

矯正用ミニインプラント
20代女性のEさんより
「大人の場合、歯を動かすために奥歯にピアスのような小さなインプラントを利用することがあると聞いたのですが?」

「そうですね。直径2mm長さ6mmほどのピアスほどのミニインプラントを歯と歯茎の間につけます。ここを足場にはり金、ゴムを使って歯を引っぱって動かします。従来法より早く歯を動かすことができたり、複雑な動かし方が可能となります。」






歯科衛生士によるお口の相談室・第28回~ペコロス27
 

Q.長年の喫煙で、歯が黄色っぽいのが気になってきました。
ホワイトニングで白くなるものなんでしょうか?

(常滑市在住 40代男性)

A.もちろん白くなります。
タバコのヤニによる着色を取るのにホワイトニングは最適です。
ホワイトニングで歯を白くしたのを機に禁煙する方もいらっしゃいます。
一つのきっかけにいいかもしれないですね。
なかなか忙しくて歯科にかかる暇がない…という方には自宅で手軽にできるホームホワイトニングはいかがでしょうか?
男性も多くの方がホワイトニングを楽しんでみえますので、どうぞお気軽にご相談ください。


骨がやせても
Q.骨が薄くやせてしまっていてもインプラントできるのでしょうか?採血して自家血を利用すると聞いたのですが?

A.自分の腕から採血を行い、血液中の成長因子を取り出します。そこにインプラントを挿入する際に削った骨を集め、混ぜて骨の薄い部分を補強することが可能です。人工骨を混ぜることもあります。