FC2ブログ
プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
愛知県東海市にある歯科医院です。

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室・スタッフブログ
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
出会いは人を育てる
皆さん、こんにちは 4月です。気分一新またスタートですね。平成26年もまるっと3か月過ぎたわけですが、ここでまた1つの区切りとして、今年も頑張ろうとスタートできますね。
 
まず、ダイエットの報告ですが、つい先日体脂肪を計りました。TANITA(タニタ)の器械で測ったのですが、これが結構優れもののようです。上半身、下半身、お腹辺りなど体の部位別に分析してくれるのです。さらに左右差も分析してきます。
[READ MORE...]
東海タイムズ2014年4月20日号掲載
「超音波で歯を削る」

Q.インプラント治療で、骨を削ると熱により骨が悪くなることがあると聞いたのですが?

A.骨の状態によっては、切削熱により骨がダメージを受けます。
それを防ぐために、超音波で骨を削る安全な方法が行われます。
この超音波では術後の腫れも少ないです。

お外でマルゲリータ☆
こんにちは☆
歯科衛生士の廣田です!

先週の土日、太田川の駅前広場で開催されていたイベントに行ってきました。

雑貨屋さんやカフェやお食事などもあって見応え十分☆

日曜はあいにくの雨で、私も傘を差しながら出展作品を拝見させていただきました!

雑貨を見てると心が和みますね♪

その中の一つに、石釜ピザのお店を発見!

トラックの中には本当に石釜があって、目の前で生地を伸ばしてアツアツのマルゲリータを作ってくださいました☆

フレッシュなトマトの味ととろとろのチーズ!

外で食べる食事はおいしいですね☆

また、次回の開催も楽しみにしています(^^*

IMAG1391.jpg

歯科衛生士によるお口の相談室・第23回~ペコロス22


ここぞという時…大切なのは「きらっと光るキレイな歯」

以前、歯科のあるセミナーで人気女性アイドルグループを手掛けたプロデューサーさんの講演を聴きとても印象に残っている話があります。

オーディションで、まず見るのはその子の「笑顔」
ニコッと笑ったときに「きらっと光るキレイな歯」が見えたら次のステップへ。逆に歯並びが悪かったら、どんなに可愛い子でもそこでアウト…。

私たちの日常ではアイドル並みにたくさんの人に注目されることはそうありませんが、進学や就職の面接、人前で話をする機会がある、結婚式など「キレイな歯」が最大の武器となる機会は多々あると思います。
矯正、ホワイトニング、かぶせ物を変える、インプラント、金属が見えない義歯など方法はたくさんありますので、ぜひ一度ご相談ください。

入れ歯の話
みなさん、こんにちは、ようやく春ですね。だんだんあたたかくなってきてうれしいですね。
さて、今回は入れ歯についてお話したいと思います。みなさんは入れ歯ときくとどんなイメージを持っていますか?自分はまだ関係ない!と思われる方もいるでしょう。

また、今、入れ歯を使っているが、食事をするたびに痛くて大変だ、という人もいるのではないでしょうか?人は歯を失うと、それを補うために入れ歯を入れることがあります。失った歯が、一、二本であれば、そんなに心配されないかもしれませんが、十本失ってしまったらどうでしょう。あるいは、ほとんど歯を失ってしまったら、入れ歯を入れて、食事を摂らなくてはいけません。事実、高齢者の9割近くが入れ歯を使ったことがある、使っているという統計があります。多くの方が入れ歯を使っているわけですが、そんな入れ歯にも、いろいろ種類があります。他人の入れ歯はどんなものなのか見る機会は少ないと思いますので、最近のいろんなタイプの入れ歯を紹介します。

(1)プラスチック義歯、これは一般的に最もよく使われています。プラスチックでできているため、人によっては口の中に違和感を感じます。はり金で引っかけるようになっています。

(2)金属床義歯、さきほどのプラスチック義歯に対し、プラスチックの量を減らし金属を多く使って作られます。金属で薄くなるために口の中の違和感が軽減できます。また、割れにくいという安心感もあります。

(3)ノンクラスプデンチャー、部分入れ歯ははり金を用いて引っかけますが、このノンクラスプデンチャーははり金部分もプラスチックで一体となって作られているので、入れ歯が目立ちにくいというメリットがあります。(ミラクルデンチャー、ウェルデンツ義歯などとも呼ばれます。)

(4)アタッチメント義歯、磁石(愛知製鋼)などを用いて入れ歯を安定させるタイプです。

(5)インプラント義歯、顎の骨にインプラントを入れ、入れ歯の安定性を向上させるタイプです。

(6)シリコーン床義歯、入れ歯の裏うちにクッション性のあるシリコーンを入れて、痛みの軽減を図るものです。

どうでしょうか?みなさん、たくさんの種類があることがおわかりかと思います。入れ歯を作る際は、よく相談されて自分に合ったものを選択していくといいですね。
では、みなさん、楽しく食事して健康な日々を送りましょう。



下顎が出ている場合
Cさん(5才)のお母さんより
「うちの子は下顎がでていて心配です。はやく治療した方がよいと聞いたのですが?」

「そうですね。治療の開始時期は、その人の状況によって様々です。早ければ4、5才くらいから始まります。逆に小学5年くらいからスタートでよい人もいます。Cさんはこのマウスピースをはめる治療をはじめます。乳歯があるうちにはり金をつけることはありません。」




こんにちは☆
歯科衛生士の廣田です!

皆さんはお花見されましたか?

先週ウォーキングを兼ねてお花見してきました♪(*´ー`*)(何とかウォーキング続けてきます(笑))

大池公園も桜が満開で、いつものウォーキングなのに、1周があっという間でした!

暖かかったので、ピクニックされている方も多く、公園が賑やかでした。

目でも肌でも春を感じられて贅沢な気分でした☆
ホワイトニングで希望が出来ました!
長年悩んでいた事で、こんなに簡単に白くなるなんて思ってもいませんでした。
またくすんできたらホワイトニングができるんだという明るい希望ができ、毎日の歯磨きも楽しくなりました。
ありがとうございました♪
(50代女性)

安全安心のためのCT検査
Q.インプラント治療を受ける前のCT検査は必要でしょうか?

A.最近ではインプラントを行う前にCT撮影をすることが多いです。従来のレントゲンよりCT検査をすることで、よりくわしく骨の構造などを調べることができます。(骨の厚み、神経との位置関係、骨を増やすための量)