FC2ブログ
プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
愛知県東海市にある歯科医院です。

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室の交換日記からはじめましょう
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
やってみたいホワイトニング・オフィス?それともホーム?
オフィスクリーニングは歯医者にてクリーニングに来る感覚でできます。
ホームホワイトニングは、自宅での毎日の歯磨き後、ケアの仕上げとして行います。
どちらが良いかはその方の性格や生活スタイル、歯の色の状態によります。
そのあたりはぜひ担当の歯科衛生士にご相談下さい。

傾向としては男性の方がホームホワイトニングを選択することが多いように思います。
時間にしばられず、好きな時にできるのが大きな魅力の一つなのかもしれませんね。
女性では、より美しさを極めるために両方行う方もいらっしゃいます。

自分の歯を守るインプラント治療
Q.インプラントを入れると、自分の残っている歯は長持ちするのでしょうか?

A.インプラントを入れることにより、今まで少ない本数で無理して噛んでいたものが、しっかりとしたインプラントを入れることにより、負担が減ります。もうこれ以上、自分の歯の本数を減らさないために、インプラントで補ってやることは、とても有効な方法です。





東海タイムズ2013年12月20日号掲載
「自分の歯を守るインプラント治療」

Q.インプラントを入れると、自分の残っている歯は長持ちするのでしょうか?

A.インプラントを入れることにより、今まで少ない本数で無理して噛んでいたものが、しっかりとしたインプラントを入れることにより、負担が減ります。もうこれ以上、自分の歯の本数を減らさないために、インプラントで補ってやることは、とても有効な方法です。

歯科衛生士によるお口の相談室・第18回~ペコロス17
 


ホームホワイトニングについて詳しく知ろう!


一日2回(1回8分間)で自宅で手軽に行うことができるホームホワイトニング。


ホワイトニング先進国では、毎日の歯磨きと同じような感覚でホームホワイトニングをしています。しかし、毎日できるか心配・・・飽き性だから・・・と敬遠されてしまう方が結構いらっしゃいます。
今回はそんなホームホワイトニングの利点についてお話しします。



○ホームホワイトニングはこのような手順で行います○
1.唇をひろげる器具をつけます
2.ジェルを歯に塗ります
3.LEDライトを8分間照射します



○ホームホワイトニングの利点○
☆忙しくてなかなか歯科にかかれない方ご自分の空いた時間にすぐにできます。
☆LEDライトと人数分のジェル・唇を広げる器具を購入すればご家族・お友達みなさんでホワイトニングをお楽しみいただけます。
☆オフィスホワイトニングと併用すれば、より白く透明感のある歯に仕上がります。

毎日行えば、必ず白くなります。ぜひ試してみてください♪
また、11月からより簡単にホームホワイトニングが行える『スプレータイプ』も登場しましたので、そちらもチェックしてみてくださいね☆

人が最後にできること
皆さんこんにちは、12月です。寒くなりましたね。いつの間にかもう今年も終わりですね。
この一年間、皆さん、振り返ってみてどうだったでしょうか?私は皆さんの暖かい笑顔に支えられ、スタッフの協力のもと、家族の応援のもと、幸せに過ごせたのではと感謝しています。
特に今年は年頭から1つの目標がありました、それは医局旅行に行くということでした。会社で言えば社員旅行なんてあるんじゃないでしょうか。私は小島歯科室スタッフみんなで医局旅行に行こうということを年初から訴えていました。
[READ MORE...]
2013年
こんばんは 歯科アシスタントの竪山です。

今年も残すところあと10日となりました。
みなさんこの1年はどんな年でしたか?

今日は小島歯科室の忘年会が行われました。
美味しいごはんをいただきながら時にたわいもない話を 時にまじめな話をしてとてもいい時間を過ごすことができました。
お楽しみのビンゴではアフタヌーンティのランチボックスをいただきました☆

リフレッシュもできたので残りわずかな2013年 最後まで気を引き締めて仕事にとりくみたいと思います‼︎



歯が白くなる歯磨き粉
市販されている歯磨粉には、ホワイトニング効果のある成分は含まれていません。
歯そのもの歯が白くなるというよりは、着色をつきにくくしたり、表面についている汚れを“研磨材”によってとっています。
この研磨材、注意しなくてはいけないのは、あまり強い力で磨いたり、長期にわたって使用していると歯の表面のエナメル質がダメージを受け、歯がしみる症状を引き起こすこともあります。
歯肉も下がってしまうことがあるので、その日1日の着色を落とすという意味で夜1回の使用にするなど、工夫して使ってみてください。

フッ素キシリトール、リカルデント
みなさんこんにちは、寒くなってきましたね。風邪をひかずお元気でお過ごしでしょうか?
今回は「むし歯予防」についてお話したいと思います。

みなさんは虫歯予防と言えば真っ先に何を思い浮かべますか?特に子供の虫歯予防といえば?そうです、きっと「フッ素」をあげられるのではないでしょうか。最近はいろんな雑誌、健康読本などの情報があり、熱心な保護者の方、年配の方はよく調べているかと思います。

私自身、そのような雑誌をなどをみると、それら例えば、育児書など、とても詳しいなと思い感心することがあります。これも多くの人たちが健康を意識して生活しているんだなということかと思います。
そして、フッ素を使った製品はたくさん売られていると思います。実際人気も高いと思います。使ったことがあるのではないですか?
厚生労働省もフッ素の使用を推奨していますので、ますますそういったフッ素入りのはみがき粉など多くの商品が売られ、人気を博していると思います。

さて、それではフッ素以外の虫歯予防法を知っていますか。「砂糖を取らないようにする、歯磨きを上手にする!他には何だろう?」 そうなんです。意外とフッ素以外の虫歯予防法はありまり知られていません。そもそも虫歯は五つの要素から成り立っています。

(1)歯磨きの習慣、歯磨きの上手さ
(2)唾液の量、性質、虫歯菌の酸を中和したり殺菌する能力、歯の強さ
(3)食生活〈何を食べるか。特に砂糖〉
(4)食事やおやつの回数、時間
(5)お口の中の虫歯菌の種類、量。


この中でフッ素は(2)に関する予防です。
今、日本で行われている予防の多くは(1)、(2)に関する事ばかりです。理想は(1)~(5)に対して全て予防するべきなのです。そのためには「キシリトール」と「リカルデント(CPP-ACP)」です。
キシリトールは虫歯菌のえさにならない糖分なので虫歯菌は酸をつくる事ができません。キシリトールを習慣的に使うことで、口の中が虫歯菌の居心地の悪い環境になり、虫歯菌は減っていきます。
リカルデントとは何でしょうか。これは牛乳から作られた「カゼインホスホ、ペプチド(CPP)」と「非結晶性リン酸カルシウム」の複合体でこれは、虫歯菌により、歯から溶け出したミネラルを元に戻し、歯を元の状態に近づけるミネラルバックの効果があります。
また、酸性になったお口を中世に戻す役割もあります。ですので、フッ素とともに、キシリトール、リカルデントも活用してみて下さい。もちろん、子供だけではなく大人にも効果がありますよ。


歯科衛生士によるお口の相談室・第17回~ペコロス16
 

今回はスタッフが体験した際の感想を掲載します。
ホワイトニングをしたいけれど…と迷われている方は参考になさってくださいね♪

小林さんの感想
私はかみ合わせが出っ歯で下の前歯が1本後ろに生えていたため歯並びが気になっていましたが、小島歯科室で矯正治療を受け、口元の膨らんだ印象がなくなり歯もきれいに並びました。
また、普段がコーヒーを飲むのが欠かせない私にとっては歯に着色がつくのも悩みでしたが、今回結婚にあたりホワイトニングをした事で驚くほど歯が白くなり、、当日の式も終始歯を見せて笑顔で過ごせとても感謝しています。

患者様からも「歯がきれいね」とお褒めの言葉を頂きました。ホワイトニング、是非おすすめです!


スタート期を逃がすと…
Y君(11才)のお母さんより
「この子は妹と装置が違うんですね」

「そうです。2人とも下顎が小さく歯が重なっています。
が、Y君はもう乳歯がほとんど生え変わってしまったので下顎を横に大きくするのは難しいです。
ですのでこの装置で奥歯を後ろに押してなんとかスペースを作ります。」




お子さんの歯の黄ばみ、気になっていませんか?
子どもの歯(乳歯)は大人の歯(永久歯)に比べて着色がつきやすいです。
また、永久歯は乳歯よりも色が黄色っぽいことが特徴です。
お子さんの歯の黄ばみの原因の多くは茶しぶ等着色の沈着、そして、歯にへばりついてしまったプラーク・バイオフィルム。
これらは歯科医院でのクリーニングで除去でき、とてもきれいになります。
それでも気になるのなら、ホワイトニングも一つですが、
オフィス…18歳以上
ホーム…16歳以上
  
が対象となっています。

インプラントのガイド
Q.骨がうすく歯が倒れて残っているので、インプラントを入れる時に、ぶつかったり穴が開いたりしないか心配です。

A.インプラントを埋入する位置はオペ前に十分に審査してよい位置を決めます。
またその決めた位置に正確に埋入できるようにプラスチック製のガイドを作ります。
このガイドによってかなり正確な埋入が可能です。(そのためCT撮影が必要)