FC2ブログ
プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室の交換日記からはじめましょう
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
美味しいお土産☆
こんばんは☆
歯科衛生士の石川です

美味しいお土産を頂きました(^^*

「霧の森大福」!

多分ネットで調べたらすぐ出てくると思います

抹茶の大福なのですが、おもちの部分が、麩饅頭のようなあのもちもち感!

中のクリームも美味しい!!

人気商品だそうで、行列ができるそうですよ!

抹茶好きなら、是非食べてみてくださいね☆
実際の患者さんの声を聞いてみたい
Yさん(小4)のお母さんより

「自分のまわりに矯正治療を受けた人がいません。どんな感じか、痛みはどうかなど、いろいろ聞いてみたいのですが?」

「そうですよね。小島歯科室ホームページの中に『みなみちゃんの矯正日記』というブログのコーナーがあります。実際のモニター患者さんの生の感想と写真がのっていますので見てみましょう。お母さんも感想を書いてくれているので参考になりますよ。」
H21年より矯正治療をスタートして、時間の流れを追ってブログが更新されています。
矯正治療器具の手入れ
C君(9才)のお母さんより

「矯正装置はどうやって洗うんですか?」

「C君の場合、とりはずし型の矯正装置なので、お口の外で、装置を洗ってきれいにして下さい。一日一回夜にやって下さい。毎食後は自分の口の中はすべてハミガキして下さい。」
とりはずし型の装置の利点は口の外で確実に手入れしやすい点です。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニング
現在、ホワイトニングには大別して2つの方法が主流となっています。

今もっともよく使われているのが、オフィスホワイトニングです。これは、歯科医院においてレーザーをあてて行う方法です。
一方、ホームホワイトニングは、その後に自宅にて専用のペーストを用い、自分で手入れを追加してやっていく方法です。

より白くしたい・白さを長持ちさせたい方には、オフィスとホームの併用をおススメしています。


ハロウィンパーティー
こんにちは、歯科衛生士の土井です。
10月といえばハロウィン!と思いますが、週末にハロウィンパーティーいってきました!
ちょっと恥ずかしかったのですが友達と仮装をして行きました。
最初は抵抗あったのですが結構みんな派手で浮かずにすみました、笑
是非みなさんもハロウィン楽しんでくださいね(^^)
季節の味覚
歯科医師の古根です、こんばんは
 
 すっかり秋ですね。
 秋といえば味覚
 今年は栗の不作でちょっと値上げしてしまった栗きんとんですが、
 やっぱりこれを食べないことには・・・ということでおいしくいただきました

 最近は日常的にもスイーツの誘惑が多い気がします。
 コンビニへたちよれば、栗芋かぼちゃの季節限定品が手を買え品を買え、消費者の目を引きます
 
 ショーケースの前でうーんうーんとうなっている不審人物がいればそれは私かもしれません。

 
き\\\\

き\\\\

ko

インプラントと全身疾患
Q.骨粗しょう症の薬を飲んでいますが、インプラント手術は大丈夫でしょうか。

A.どんな種類の薬を飲んでいるかによります。また、どれくらいの期間投与を受けていたかも確認します。骨粗しょう症以外でも、糖尿病など病院にかかっている方は、その状態を審査してからインプラントを行います。
上顎を大きくする装置
Mさん(小3)のお母さんより

「この上顎につける装置は、とりはずしはしなくてよいのですか?」

「そうですね。この装置はつけっぱなしで、自分ではずすことはできません。上顎の裏側についていますが、いつも通り歯みがきをして下さい。裏側の針金部分も丁寧に磨いて下さい。ゆっくりと無理な力がかからず、上顎が大きくなっていきます。約1年ぐらい使います。」
こんにちは、歯科医師の永山です。
先日、チームバチスタシリーズ劇場版をテレビで見ました。
厚生労働省の白鳥と心療内科医の田口の二人が病院を舞台に起こる殺人事件の解明に立ち向かう話です。
このシリーズ、劇場版、テレビ版それぞれあって私はどちらも好きです。

ちなみに中でも好きなのが、テレビ版のシリーズ第二作ジェネラルルージュの凱旋です。
舞台は救命救急センターで、そこで起こる殺人事件やセンター長の速水医師の不正献金問題に焦点があたり物語が展開していきます。
テレビではその速水医師を西島英俊が演じてましたが、とにかくその役がかっこいい。
映画版では堺雅人がやってましたが、こちらも良かったです。
昔から思うのですが、飄々とした悪役って主役なんかよりずっと魅力的に見えるんですよね。
不思議です。


ちまたで手に入るホワイトニング剤
日本では正式に認可を受けているものはとても少ないですが、外国からインターネット等でいろんなものが流入しているのが実情です。
ここで大切なことは、日本人にあったものかということです。西洋人には効果が高く、害がなくても、日本人にあわなくては意味がありません。
その点、当院のレーザーは東洋人には効果が高く、適しているという文献報告があります。

物産展
アシスタントの片田です。

先日北海道物産展に行ってきました。
とにかくすごい人で行くたび、疲れるとおもってしまうんですが、おいしそうなものがありすぎて何回も行きたくなってしまいます。


物産展ばかりで北海道には行ったことないのでいってみたいです!

前後に歯を入れるスペース作り
Hさん9才のお母さんより

「今日の装置は、何のために入れるのですか?」

「Hさんの場合、子どもの歯が半分ぐらい生え変わってしまったので、下あごを大きくするのは難しいです。ですので、今後は、前歯に入れるためのスペースを作ります。」
「取り外しできるのですか?」
「歯を磨く時、食事の時は、外して下さい。外せるので、お口のお手入れがやりやすいのです。」
お酒のトレーニング
皆さん、こんにちは。残暑厳しい日が続きますが、お元気ですか?涼しくて過ごしやすい秋ももうすぐです。そんな日を楽しみに頑張りましょう。さて、小島歯科室では、9月に医院一部の改修工事を行っています。(ほんの数日間のことですが、土、日を中心に数日に分け作業を行います) ご迷惑をお掛けすることもあるかと思いますが、ご理解の程よろしくお願いします。

今回、主に受付、待合室周りを行います。みなさんは患者様アンケートに答えたことのある方もいるかと思いますが、(待合室に、ファイルにして置いてあります。また。ホームページからも見られますので参考にしてください)待合室に関しては、壁が一部剥がれてきていますので、補修を行います。また外壁の痛んできたところをペンキ塗りを行います。駐車場から玄関にかけて足場が組まれますので、皆さんの通行の邪魔になるかもしれません。また、待合室内の水道を一本撤去します。(お手洗い側に、洗口コーナーが二箇所ありますので、今後こちらをご利用ください)これに伴い、ミネラルウォーターの位置も移動します。
これらの移動、改修はそもそも、待合室の椅子が足りない…というアンケート結果を反映して、その改善のために熟慮した結果、行っています。多少なりとも椅子の確保を考えました。特に夕方以降、椅子に座れない方が出てくるようです。ただ、一日全体を見ますと、午前中は皆さんほぼ大丈夫です。皆さん約束の時間前に来ていただいており、ほぼ時間通りに診療室内に案内されているかと思います。(応急の方は、お待たせしていることがあるかと思いますが、椅子に座れないほどあふれることはないようです) ですので、むしろ、時間帯によって待合室はガランとしています。そして夕方、一番人が混み合う時間、椅子問題は一気に起こります。これらを踏まえ、全ての方が快適に過ごせるようにいろいろ考えて鋭意努力していきます。
受付周りも改修していくのですが、年々、医療事務が複雑化しています。パソコン等によりかなりスピーディーに受付処理を行うようにしているのですが、それにも増して、制度の改変と、会計事務処理のステップ自体が増えています。今後、まだまだ保険制度は改変し続けていくと思われるので、なかなか難しい問題ではあるのですが、スタッフは適時努力しています。一時的になれるためにご迷惑をかけるかもしれません。

ここからようやく本題なのですが、皆さんはよくお酒は飲まれますか?私は実はあまりお酒を飲みません。というか、飲めません。要は弱いということなのです。いろんなお酒の場で、すごく飲めるんでしょ、と言われることが多いのですが、全然飲めないんです。ビールで言えばコップ一杯くらい、チューハイならジョッキ一杯はとても飲めなくて半分位行けばいいところ。えー、そんな風に見えないですよと言われることもありますが、そうなんです。そして、コップ一杯も飲んでいくと、寝てしまいます。「無理して飲み続けるとどうなるの?」と聞かれますが、無理する前に、眠くなって無理使用がないんです。お酒好きの従姉妹からは「お酒飲まないなんて、もったいない、こんなに楽しいことないよ」と言われます。が、私自身は、弱くてもお酒の席に誘われればいつも行きますし、弱いなりに楽しく参加しています。まあ何とかなっているんです。
そんな私ですが、以前に、お酒が強くなれないだろうかと、チャレンジしてみたことがあるんです。大学生になって、はじめてお酒を飲む機会に恵まれた時です。自分がお酒がほとんど飲めないことが分かりました。その次、その次、お酒の席で飲めないんですねつまりそもそも弱いんだ、飲めないんだということが分かりました。友人から「いつも飲んでいないから飲めないだけなんだよ。何度も飲んでいるうちに飲めるようになるよ」と言われました。そしてその後、友人のアドバイス(?)を受け、毎日お酒を少しずつ飲むトレーニングをしてみたんです。まあ大学生といえば、ある意味どうでもいいことに凝るものですね。毎日お酒を飲むんですが、コップにお酒を入れ、1センチからスタート。毎日それを1センチ増やしコツコツと続けます。最初はビールでやってみたのですが、これがなんとも味が合わないせいか、全くダメでした。缶チューハイに変えて再度チャレンジ。毎日とにかく夜に少しで良いので飲み続けました。日々、1センチずつ、量を増やして飲んで、半年ぐらいやったんです。すると、なーんと、中ジョッキ一杯のお酒が飲めるようになっていたのです!練習はチューハイでやっていたのですが、不思議なことにビールでも中ジョッキ一杯飲めるようになっていました。千里の道も一歩からではありませんが、友人に「すごいね、やったね」とどうでもいいことを褒められました。そして私は、なんだ、自分はお酒が飲めるんだ!と思いました。
が、その後油断して普段お酒を飲むのをやめて、半年ぐらいに久しぶりに飲んでみると、これが見事に、元に戻っていました。ちっとも飲めないんです。
竿に皆さん、前回号でも少し書きましたが私はいよいよダイエットにチャレンジしてみようと思っています。現在の太り過ぎは決してお酒によるものではないことは今日の話からもよーく分かってもらえると思います。ではまた来月号でお会いしましょう。

今回は字が少し小さくなってしまい、すいません。読みづらいかもしれませんが、がんばって読んでください!また先月号、数名の方から感想を聞かせていただきました。ありがとうございます!
前後に歯を入れるスペース作り
Hさん9才のお母さんより

「今日の装置は、何のために入れるのですか?」

「Hさんの場合、子どもの歯が半分ぐらい生え変わってしまったので、下あごを大きくするのは難しいです。ですので、今後は、前歯に入れるためのスペースを作ります。」
「取り外しできるのですか?」
「歯を磨く時、食事の時は、外して下さい。外せるので、お口のお手入れがやりやすいのです。」
矯正治療におけるレントゲン検査
Eさん(8才)のお母さんより

「矯正治療を受ける際の、レントゲン検査は体に害はないですか?放射能を浴びるんですよね。」

「結論からいうと、とても安全な範囲の検査です。矯正治療のレントゲン検査は、顎全体、口元全体の主に2種類のものをとります。年に2回ほどです。それを2~4年に渡って行うことが多いです。放射能の量も少なく体に蓄積するほどではありません。さらに最近ではデジタルレントゲンが普及してきています。従来の1/10以下の放射能量です。