FC2ブログ
プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
愛知県東海市にある歯科医院です。

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室の交換日記からはじめましょう
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
親知らずと歯並び
Gさん(20代)から
「最近、下の前歯が重なってゆがんできました。矯正した方がいいでしょうか?」
下の前歯が重なってきた原因は、親知らずが生えだしてきて、歯を押しているからです。
Gさんは親知らずを抜いて、矯正をはじめました。
Gさんより
「親知らずはこわいですね。もう抜いたのでこれでしっかり矯正治療を受けて治していきたいです。」
家族にも内緒
60代女性のBさん
「インプラント治療を受けたいのですが、うちの家族には言わないでほしいのですが。」
「そうですか、わかりました。」
さて、4ヶ月後、インプラント治療が終わりしっかり歯が入りました。
Bさんより
「先生すごいです。家族の誰にも気づかれません。大きな口を開けていても、自分の歯だとみんな思っています。嬉しいです。」
入学、入社、スタート目前と白い歯
3月も半ば、もうすぐ4月、いよいよまた新しいスタートが近づいています。
新入学、新学期の人、新たに社会人としてスタートする人、夢ふくらむ頃かと思います。
そんなすばらしいスタートのための、今は最後の準備期間かと思います。そういうこともあって3月は歯のホワイトニングをされる方が多いです。
歯をより白く、きれいに、気持ち新たにスタートラインに立ちたいのですね。新しい洋服を着たりクツをはいたりしたりすることによって気分も一新、よしヤルゾというプラスのイメージの心が生まれてくると思います。歯も同じで、なんとなくくすんでいるより、白く輝いて、明るくすることによって、心にもパッと明るい前向きなモチベーションが生まれてくるものです。

歯のホワイトニングとは、今現在の歯をより明るく白くする治療技術です。歯を削ることはありません。歯の表面にエステのようなクリームを塗ります。そしてレーザーを照射します。約1時間ほど施術を受けることで、歯の内にしみこんでいるくすみの原因を分解してとっていくものです。
東海タイムズ2012年3月20日号掲載
「インプラント表面の劣化」

Q.「光機能化」を行ったインプラントとは何か?

A.インプラントはメーカーで製造されて一ヶ月経つと、骨に接着する能力は半減します。
その表面劣化を活性状態にするため、光線をあてる方法です。
通常より3倍インプラントのつきがよくなるといわれています。

特別な日
歯科衛生士の小林です。

結婚してはや10ヶ月経ちますが、小島歯科室のかぶせ物を作って下さっている歯科技工士さんと
同じ名字のせいか、今でも「長岡さ~ん」と呼ばれています(笑)
私は気にしていませんよ

さて先日の日曜日に、私が趣味でお世話になっている吹奏楽団でもご結婚された方がいまして、
披露宴での依頼演奏に行って来ました。

場所は私が式を挙げたのと同じ、常滑市のアリラガーデンリゾート。
着いてまずは、私もここで式を挙げたんだ~と思い出に浸ってました(笑)
式での演奏も披露宴の雰囲気にマッチして、サックスのソロ演奏では団員である新婦さんは
涙々でした
その後の二次会も団員さんたちも含めて参加させて頂き、本当に楽しく特別な一日でした

ちょうど震災から一年という日でしたが、悲しみ暮れてばかりではなく、楽しい思い出を残す事も大事ですよね。
私も前向きにこれからも頑張りたいと思います
卒業式、そしてスタート
Mちゃんのお母さんは「この春小学校を卒業をしますので、春休みのうちに矯正治療をスタートさせたいのですが」


春休みは多くの子供、また社会人の人でも、矯正をスタートする決意を持つ人が多いです。4月から心機一転、がんばってみようと思う、区切りの時期です。
普段、なかなかふんぎりのつかない人もこの時期には、多くの人が相談にきます。

そしてレントゲン写真、お口の検査をしていきます。
その結果をもとに3月、4月には矯正装置をつけて治療のスタートを切ります。
入れ歯をインプラントに変える
60代女性のKさんから
「奥歯に入れ歯を入れていますが、ずっと入れているのがイヤで外してしまいます。いっそインプラントにしたらと思いますが?」
インプラントの利点は入れ歯と違い取り外しのないことです。
普段の手入れは歯みがきです。自分の他の歯と同じように使います。

4ヶ月後、インプラントを入れたKさんは、
これは楽でいいです。自分の歯がよみがえったようです。やって良かったです。」
フルートと矯正器具
中学生Mさんより
「部活で吹奏楽部に入っています。フルートをやりたいのですが、矯正の針金をつけたまま、楽器を吹くことは大丈夫ですか?」

大丈夫です。楽器を演奏するときだけつける専用の小さなマウスピース(アダプター)があり、それを使えばよいです。また、そこまでしなくても、前歯の針金部分をブロックするワックス(ろう)があるので、それを少しつけるだけでも簡単にできます。
アシスタントの片田です。


最近私は寿司酢かけご飯にはまってます!


ただご飯に酢をかけてたべるだけ、納豆があればなおよし!です!


一瞬でお寿司風でかなり気に入ってます!


なんとなくおいしそうと思ってくれた方はぜひためしてみてくださいヽ(^^)
3月は矯正のスタート
3月は、桜の季節です。多くの出会いそして、別れの季節です。そんな中、この時期に、矯正治療をスタートさせようと、決意する人は多いです。以下は、実際に矯正治療を受けた20才の学生さんの感想文です。

『私は、大学1年の春に社会人になるために、今が良い機会だと思い治療を受けました。始めの頃は、分からない事ばかりで心配でしたが、その度先生に質問するように心がけました。先生は一つ一つ丁寧に教えてくれたので、不安も解消されました。私が1番治療を受けていて、つらいと思ったことは、正直見た目です。最近では、やる子も多くなったとはいえ、私は周りの目をとても気にしていました。だからこそ、1日でも早く取りたくて歯磨きも時間をかけてやったし、先生から言われた事は、絶対に守りました。治療でゴムをつけた時は、すごくショックでやるんじゃなかったとも思いました。でも絶対にゴムははずさない、と自分に言い聞かせました。始めの頃は、全然先が見えず苛立ちもありましたが、徐々に歯並びが自分でも良くなっていくのがわかり喜びに変わりました。今は本当にやってよかったの一言です。矯正をやらせてくれた親にも感謝しています。私が今までの治療を続けてこれたのは先生や歯科助手の方々が励ましてくれたのと、周りの友達がいてくれたからだと思います。治療中に様々な思いをした分、喜びもありまだ最後の最後までしっかり治療していきたいです。』

春は、次第に暖かくなり、人の決意を突き動かす力があります。
みなさんも、どんなことにも前向きにチャレンジしてみてはいかがですか。
入れ歯が気になる
入れ歯が気になるKさんいわく
「インプラントはとても痛いと聞いたのですが」
「そんなことはありません。麻酔の注射をしますが、普通の歯の治療で一本注射するのに対し、インプラントでは二本ぐらい多めにすることが多いです」
「やった後に腫れませんか」
「Kさんは以前に歯を抜いたことがあると思いますが、その時少しは腫れたと思います。その程度は腫れる可能性がありますが、日常生活は問題ないです」
「そうですか。安心しました。やはり噛めるインプラントで進めたいです」
個人差はありますが、現在多くの方が、痛くないインプラントを受けています。