FC2ブログ
プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
愛知県東海市にある歯科医院です。

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室・スタッフブログ
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
東海タイムズ2011年12月20日号掲載
Q.インプラント治療は医療費控除になりますか?

A.医療費控除の対象となります。平成23年に支払った医療費をすべてまとめて下さい。
これらを平成24年3月に確定申告で医療費控除の手続きを行ってください。
また、生計を一にした家族の医療費も一緒に扱うことができます。

骨が弱いと言われたことがあるのですが・・・
70代のKさんから
「骨が弱いと言われたことがあるのですがインプラント治療を私は受けられますか?」
インプラント治療を行う上で骨の状態が良いことはとても有利な条件となります。
逆に骨が痩せていて細いと不利な場合があります。
現在、多少骨が弱いくらいでも問題なくできるよう技術はどんどん変化してきています。KさんはCT撮影を行い、問題なくインプラントできました。
大人でも矯正治療できるのですか
昔は歯並びがよかったのに、ここ数年で、歯並びが悪くなってきた。出っ歯になってきた。どうしてですか?ということを40代、50代の大人の方からよく聞かれます。
前はきれいな歯並びだったのに、そうして歯並びが悪くなるのか。それにはいくつかのことが考えられます。
特に大人の場合は、子供とは理由が違います。
一つは親知らずの影響について、顎の奥の方に親知らずが埋まっていて、普段は気づかないのですが、少しずつ知らず知らずのうちに、他の歯を押していて、結果、歯が動いてしまうことがあります。
具体的には下の前歯が歪んできた、重なってきたなどが多く見うけられます。
また、歯周病でも歯が動くことがあります。歯周病になると、歯がぐらぐらしてきます。最初のうちは自覚症状はありません。かなり年月が経ち、進行して初めておかしいことに気づくことが多いです。この歯周病の結果、歯が出っ歯になるような方向に動いてしまいます。
歯周病により一度前歯が前に出てしまうと、歯周病が良くなっても、元の内側にはなかなか戻ってくれません。出っ歯の状態が続きます。さらに、今までとても多くの治療をした人の場合、歯の噛み合わせが変化していくことも考えられます。このような人の場合は、歯に多くのかぶせ物が入っていることが多いです。では大人でも矯正治療は可能かということですが、実は、子供と同じように大人も矯正治療することは可能です。具体的には針金を歯につけて歯を動かしていきます。
期間は? 人によってまちまちです。またやる内容(どの程度まで動かすのか。どの範囲をやるのか)によっても差は大きいです。一般的に1年半から5年ぐらいです。
また、矯正を用いずに治す場合がたまにあります。それは気になっている歯が例えば、前歯4本だとします。それらの4本がすべて既に治療してあり、かぶせ物がしてある場合です。このような場合はかぶせ物を作り直して、バランス、見た目を改善します。これは矯正で歯を移動したのと同等の見た目が得られます。この方法は、針金をつけることはありません。期間は2~3ヶ月ほどとかなり短くなります。
最後にこれらの治療(矯正、かぶせ物)を受けた場合、長持ちさせる秘訣としては歯周病の予防です。
定期的なクリーニングを受けることです。
♪小島歯科室恒例♪☆クリスマスコンサート☆
こんにちは
小島歯科室の石川です!!

今年も小島歯科室恒例!クリスマスコンサートが待合室で行われました!!

小島歯科室の患者様であれば無料で楽しめるクリスマスコンサート☆

クラリネット奏者の「黒川 真弓」さんをお迎えして、小島歯科室からちょっとしたクリスマスプレゼント

2011クリスマスコンサート演奏中

素敵なドレスを着て、いつも演奏をしてくださいます

☆黒川 真弓さんの略歴☆

1993年 名古屋芸術大学音楽科卒業
1994年 同大学音楽部研究生修了
第20回  同大学卒業演奏会
平成5年度 研究生修了演奏会
平成4年度 研究生室内演奏会
同大学音楽学部同窓会・第12回新人演奏会に出演
クラリネットを竹内雅一氏、
室内楽を小松孝文氏に師事

次回の開催は、来年になります!

コンサートを行う日にちはまたホームページで公開しますね!!
ぜひご覧ください!!(^^*
乳歯を使うべきか
Bさんのお母さんから
「うちの子は奥歯の大人の歯がないです。そのかわり子供の歯が残っています。どうやって矯正をしていくのですか?」
Bさんは先天的に永久歯がなく、そこに乳歯が残っています。
矯正治療は2つの方法にわかれます。1つは乳歯を残して永久歯と一緒にきれいに並べて治す方法です。
もう1つは乳歯を抜いて永久歯だけにして進める方法です。
この場合は乳歯を抜いたすき間を永久歯をうまく動かしてうめていきます。
Bさんの場合、乳歯を抜かない方法で治療をしました。
妊娠中の方に
●妊娠とレントゲン検査
X線(レントゲン)検査は簡単に情報を得られ、歯科治療でも必要になることがよくあります。でも、妊娠中に受ける場合、赤ちゃんへの影響が気になります。しかし、問題になるのは時期、部位、被爆量なのです。
最も影響が出やすいのは、妊娠4~12週の器官形成期と呼ばれ、体の様々な部分が出来ていく期間です。それ以前、つまり妊娠とわかる前に赤ちゃんは何か影響がある場合には、逆に流産となるようです。X線検査による影響(奇形、胎児死亡など)が出るための最低被爆量は100~200mGy(ミリグレイ)ですが、腹部X線検査であれば、その影響はさらに低くなります。
また、何もしなくても私達が宇宙や大気から受ける自然被爆は胸部X線検査の約10倍量にもなるのです。つまり、妊娠時期のいつでも検査として受ける分には心配がないのですが、不必要な被爆を避けるためには、お腹以外の検査の場合には遮蔽(しゃへい)用エプロンなどを身につけるようにすればより安心です。

●妊娠と薬
歯科治療では治療後に抗生剤、炎症止め、痛み止めなどの薬を飲まなければいけないことがあります。妊娠している方に“絶対に使っていい”とはっきり言える薬は意外に少ないのです。それは人体実験ができないからです。しかし、これまでの多くのデータから、これは大丈夫といっていいだろうという薬を産婦人科医は使っています。抗生物質についてはセフェム系、ペニシリン系という種類は大丈夫だと言われています。
痛み止めは体に負担の少ない子供用のものを使う場合もあります。妊娠中に虫垂炎(盲腸)などになった場合には、麻酔をして手術をすることもあります。一般的な風邪薬、便秘薬も使います。それでも、器官形成期(妊娠4~12週)にはどうしても必要な場合以外には使用しないようにします。
同じ症状に使う薬でも種類を選べば使うことができるので、医師・歯科医師に相談してください。

●赤ちゃんの歯
赤ちゃんの歯は妊娠7~10週頃作られていきます。その頃体長(頭からお尻までの長さ)はまだ数ミリ~数センチで、妊娠していることに気が付いたお母さんは、つわりが始まりつらい頃です。つわりの時期には無理に栄養をとろうとせずに、食べられる範囲で構いませんので、脱水にならないように水分は十分とるように心がけます。炭酸や甘いものを口当たりが良いと食べ過ぎる方がいますが、一時しのぎに過ぎず体重増加の原因になるので控えましょう。
また、口腔内ケアにも気をつけましょう。
赤ちゃんが生まれたときに歯がすでに生えていることがあり、これを魔歯(まし)と呼びます。歯の付け根がもろく、自然に抜けることが多いようですが、授乳の障害になったり、赤ちゃん自身の舌を傷つける場合には、抜かなければならないこともありますので、早めに歯科医の診察を受けたほうがいいでしょう。
入れ歯がどうしても気になってダメです
Kさんより「入れ歯がどうしても気になってダメです。インプラントにするとよいとTVで見ましたが、どういうものですか?」

Kさんは左下奥に2本歯がなく部分入れ歯を入れていました。
「金属の土台を顎につけて歯を入れ込むものです。利点は、取り外しがないことです。噛んでも動いてはずれたり、くい込むことがないので、痛くなくて気になりません。
よく噛めるようになりますよ」

Kさんは現在、インプラントを入れて、こんな楽で快適ならもっと早くやっておけばよかったそうです。
ホワイトクリスマス・白い歯
町では、イルミネーションが鮮やかで、心もウキウキしてくるような時期です。
イブもいよいよ近づいてきました。華やかなイルミネーション、赤、青、緑などもとてもすばらしいですが、ゴールド、シルバー、白といった光も美しいです。とくに、白は冬らしい雪のイメージもあり、この季節ならではの優雅さも感じさせてくれます。
イブにむけて、様々なイベント、家族の団らん、デートなど、いよいよ1年をしめくくる最大のお祭りは近づいています。
そんなフィナーレに、口元も白く輝く歯でありたいものです。
今すぐ、白い歯を手に入れるには、どうしたらよいでしょうか。
まずは歯ミガキ。これできれいになるのではれば、とても簡単です。専門的な歯を白くする歯ミガキ粉などもあり、ものによっては多少効果があることは事実です。
次にレーザーホワイトニング。
数回の処置でより輝く白い歯を手に入れることが可能です。しかし、自分の歯に虫歯があったりすると、レーザーホワイトニングだけでは速効果は望めない場合もあります。
虫歯が小さい場合は、割合、短期間で白くすることは可能です。小さい虫歯の部分を白いプラスチックにおきかえる処置を受けることによってできます。
では、中程度の大きさ、大きな虫歯へとなっていくとどうでしょうか。それは残念ながら、すぐにというわけにはいかない場合が多いです。とても大きい場合など、歯の神経の処置も行うため、時間、回数がかかります。(どうしてもおいそぎでという際は、白いプラスチックの仮歯を作ってもらうのも一つの方法です。ただし、これはあくまで、一時的なもの長時間ではもたないものです。またお正月にもちを食べたりするとこわれやすいこともあります。)
施設の沿革・特徴
あなたはどんな歯科医師になりたいですか?目標を持っていますか?

優れた技術とよい医療サービスの両立こそが、開業医には特に必要です。
技術だけでも成り立ちませんし、また、口がうまいとか、立地がよいだけの医院でも続きません。
優れた技術とは何でしょう。インプラントができることでしょうか?フルマウスを一度に印象でとれるDrのことでしょうか。
いえ、何も特殊なケースではなく簡単なよくある治療を、いつも確実に丁寧にできることが第一でしょう。

医院経営ということが最近流行っていますが、よい医療サービスとは何でしょうか?
ちょっとこじゃれたきれいな医院の作りでしょうか。スタッフがきれいなお姉さんで制服がおしゃれな医院でしょうか。
患者のことを様と呼べばよいのでしょうか。
いいえ、一見当たり前のあいさつを相手の目を見て、1人1人の患者にしていますか。そしてスタッフにも。
自分の使う医療器具を大切に掃除していますか。そんなところからでしょう。

優れた技術とよい医療サービス、この両者を成り立たせるために1つポイントがあります。
まず、自分のことを自分でどれだけ分かっているかです。
どんな人でも長所と短所があります。自分の長所を生かし、伸ばしやすいところをどんどん伸ばしていくこと。
また、短所をいかにカバーして、あるいは短所を長所に変換していくか。
誰しも、上手くいかないとき、焦るとき、余計に短所が出てしまいます。だからこそ自分の総合的な人間力の研鑽こそが自分を助けてくれます。
人間力の器の上に技術は乗っかっているのです。

こと、若いときだからこそ、1人でも多くの臨床を体験したいと思うことでしょう。
しかし、今、たくさんの魚を食べるより、魚の釣り方をしっかり学ぶことが将来の役に立つのではないでしょうか。
だからこそ、改めてあなたはどんな歯科医師になりたいのか、どんな目標を持っているのか、紙に書いて下さい。

開業することだけが成功ではありません。インプラント、矯正をやっている人が格好いいDrということもありません。
片田舎の1人1人の先生が、患者から尊敬される人になってほしいと私は願っています。
人間性の幅を広げ、10年先、20年先を想像して、物心豊かな人間として大成してほしいです。
今、このスタート地点はとても重要です。あなたの歯科医師人生を左右します。本当に努力して上手くなりたい人だけご応募ください。

これから多くの苦難にぶつかり、そして悩み、成長痛を感じて、共に頑張りましょう。
あなたの成長は、あなたの成長であり、私の成長です。
インプラントになっても歯ミガキやメンテナンスは必要
Mさんは下顎に6本のインプラントが入っています。
「先生、インプラントになっても歯ミガキは必要ですか?」
インプラントは虫歯になることはありませんが、歯ミガキをしなければ歯周病になります。
ぜひ、毎日歯ミガキしてください。大切に手入れしていれば自分の歯と同様に長持ちします。
特に歯科医院の定期的なメンテナンスを受けることです。
Mさんいわく
「私はどれくらいの間隔で来たらよいですか?」
「3ヶ月おきぐらいです」