FC2ブログ
プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
愛知県東海市にある歯科医院です。

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室の交換日記からはじめましょう
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
歯科衛生士・糟谷がお届け ホワイトニング=歯をもっと白く=
「ホームホワイトニングのいいところ」
まずは自宅でご自分の好きな時間に歯を白くできるということです。1回6~8分を1日2回行うとより早く白くなります。
テレビを見ながら、音楽を聴きながら・・・何かしながらホワイトニングをすることも可能です。
より深みのある白を求める方にもどうぞ。




「私達(スタッフと患者様)は未来を創造する」
小島歯科室は平成9年東海市・太田川でスタートしました。私は、大学病院で勉強・研究することもすばらしいが、親と一緒に生活をして、地元地域で生きていくのも人生としてやりがいがあるのではと思って、東海市に戻ってきました。親、家族と離れていくより、近くで一緒に生きていきたいという思いが強かったのだと今では思います。(まあ、そんなに格好いいものではなく、どこか心が寂しいからなんでしょう。)

その当時のこだわり
1.大学病院で行われていることを、いかにここに持ちこんで提供できるか。
2.相手(患者様)何を望んでいるか。(1と2は必ずしも一致しない)
3.上手な治療・・・・・・これはある意味、患者様にはわかりにくい、ドクターにしかわからないこだわり。やる以上は、名人をめざしたい、という思い。
4.真面目さをもってして、患者様に対し、やさしさ、愛情を配りたい。
それから月日は流れ、そんな初心をより達成するために、今、大事にしていること、すなわち
小島歯科室は何を目指しているか?

―共感・未来を創造するー

例:・・・先日、入れ歯をつくり治したいという方が見えました。-昔はもっと咬めた、しっくりいった。昔と同じようにしてほしい。
「それはできません。希望を聞くことはしますが、わがままを実現することはないです。共に新たな未来を目指すことです。」 ―昔は、ここの角度がもっとまっすぐで、定規であててみても、ぴったりしていた。まん中には小さい歯が入っていた・・・等々。
「人は齢をとっていくので、今と昔では状況が違います。どうしてあなたは、昔と同じにしてほしいと思ったんですか?」 ―カラオケに行ってもつまらないんです。Bさんよりいつも点が低いんです。以前はいつも私のほうが高得点だった。入れ歯がすり減ったからです。Bさんはきれいな歯をしているので、みんなにも受けがいいし・・・。服装もハデだし・・・。
「そうですか。よーくわかりました。昔と同じにしなくても、元気にカラオケが歌えて、人前でみせてもきれいな歯で、楽しい日々、服装もちょっとオシャレしてみて、その日を目標に一緒に頑張りましょう。新しい入れ歯を作りましょう。」
最後に、あなたと共感できるドクターって本当にいると思いますか?共感とは、相手のわがままをきくことでもない、けれど、気持ちはわかっても、何も結果は出ないかもしれない。しかし、お互い共感して、気持ちを共有しあえば、必ず、新たな、未来を創造することはできると思います。
東海タイムズ2010年12月20日号掲載
「ブリッジとインプラント」の違い

Fさん(50才代)より
「私の場合、ここはインプラントにした方がいいんでしょうか。
それともブリッジで治した方がいいんでしょうか?」


「そうですね、どちらも考えられますね。
インプラントにした場合、3本の歯がすべてバラバラになるので、
この先、もし悪くなっても、その一本だけを治せばよいのです。
これがメリットです」

「私なりのディズニーランドの楽しみ方」
みなさん、こんにちは。ディズニーランド行ったことありますか?大抵の人は何度も行っていますよね。私も最近、家族で行ってきました。
 年に一回ぐらい入っているでしょうか。そんな私たちの家族なりの楽しみ方を話したいと思います。(何度行ってもテンショウ上がりますね!)
○恐いものには決して乗らない。(私だけ。私以外の家族は平気のことが多いのですが・・・。) 例えば、ビッグサンダ―マウンテン、スプラッシュマウンテンなど。実は今までに何度も乗せられましたが、乗るととっても疲れるんです。もうやめて!乗らなきゃよかったと後悔します。
○昔懐かしのゲームコーナーがあるのを知っていますか?
わざわざディズニーランドまで来て、10円入れてゲームやるのもおかしな話なんですが、レトロなコインゲーム。私にとっては古くて懐かしい、ゆったりとした楽しさがあると思っています。ここであまり時間を使うと、家族からのクレームを受けます。ヤバイ!
○ディズニーランド内に歯科医院が・・・。
ペインレスクリニックと書いてある看板の歯科医院があります。ペインレスとは痛くない歯医者ってことなんですね。外国ではそういう看板を出している歯医者、けっこうあるそうです。日本では法律上、そういう内容の看板は出すことができないんですよ。この建物の前を通ると、あ!歯医者だ!と騒いでいます。
○家族でショーを観る。
これが一番落ち着くかもしれません。乗り物も楽しいですが、座ってじっくり観るショーパレードが、いつも想い出。自分たちの映っている写真が何故か多い。ショーばっかり撮っているからです。こんなに撮ってどうするのか?
○おみやげコーナーにて。
マジックが売っているの、知っていますか?マジックってペンじゃないですヨ。手品グッズです。そこで怪しい手品の上手い店員さんが、デモンストレーションして、手品を見せてくれるんです。子供とこれを見ていると、どうしても自分のおみやげが、手品グッズに決められています。
○ディズニーシーには行かない・・・。
2日あっても、1日目、2日目両日ともにランドに行くんです。2日目にまたランドに行って、なんと、きのう気に入った乗り物に、もう一度、もう2度乗ろう!こういう家族の方針(正確に言えば、子供の方針)なんです。全部乗ろうなんて思っていないんです。
☆今後の目標―ディズニーランドに父・母も一緒に連れて行きたい。なんと、父・母はディズニーランドに一回も行ったことがない!これはもう、行くしかないなと!(USJには行ったことアリ)
「おじいさんのお墓参り」
みなさん、こんにちは。お盆に、おじいさんのお墓参りに行ってきました。中島郡祖父江町という所で、東海市からは車で1時間ほどかかります。
おじいさんが亡くなられてから、もう随分経つのですが、今なお自分の心の中では、色濃く残っている思い出です。私が子供の頃、おじいさんと過ごした毎年の夏の短い日は。
私は時々ふと、おじいさんのことを思い出します。それは普段の日常の中での突然なのですが・・・。そしていつも目頭が熱くなり、涙が止まりません。
私がまだ幼少の頃、よくおじいさんの家へいき、遊んでもらいました。そんな体験はみなさん多くの方もきっとあるのではないでしょうか。私もその例外ではなく、とても楽しかった思い出です。ある時、おじいさんの家で、みんなでそうじをしました。叔父さんの家の孫たちもみんな、ロウカの雑巾掛けをしました。そんなとき「そうして利文君だけはいつもやらないの?」とよく言われていたそうです。とても我がままで勝手な子供だったのでしょう。しかし、おじいさんに決して怒られず、大事にされ、楽しく、甘やかされていたんだと思います。
確か、私が小2ぐらいの時のことでした。この夏もいつもと同じように、おじいさんの家へ遊びに行きました。
そんなある日、おじいさんは、私を奥の奥の部屋へと連れて行ってくれました。「レコードがあるから、聴かせてあげる」と。今思うに、その日はきっと8月15日だったと思います。レコードを流し、ステレオの前に2人で座りました。何か音楽でも聴かせてくれるのかな?そうではありませんでした。よく聞きとれないのですが、どうも人がしゃべっている高い声でした。次第におじいさんが泣きだしました。私はとてもびっくりしました。(このことはいつまでも憶えていて、数年先に、きっとあの声は天皇の声だ、おじいさんは戦争に行ったことがあると確か言っていたような気がする。おじいさんの若かりし頃の思い出だったんだな、と)
そして、月日は流れ、私が歯科医師になってから、おじいさんと会った時。子供は若き青年へと成長していきます。一方おじいさんは・・・。痴ほうが進み、何故か私がうどん屋をやることになっているのです。
おじいさんと会うと、目の前で涙が止まりません。大好きなおじいさんが・・・こんなに大好きなのに。
「船島小学校のビオトープにて」
みなさん、こんにちは。みなさんの子供の頃の楽しかったことって何ですか? 私の場合、パッと思いつくのが、プラモデル作り、ザリガニ釣りです。
船島小学校にはビオトープなるものがあります。ビオトープご存じでしょうか?簡単に説明しますと、人工的に自然を再現した池、川、野山のちょっとしたスペースです。
子供の頃にきたえた腕をもって、船島小学校のビオトープへ行きます。子供達と一緒に行ってザリガニ釣りをしています。このビオトープにある小川のほとりでザリガニ釣りにチャレンジです。
必要なもの・・まずは棒、立派な釣りざおでもよいのですが、そこらへんのいつもよく落ちている棒きれが小学生にはよくお似合いです。
次に糸・・・これはたこ糸か釣り糸ぐらい、けど、まあ、結局は何でも大丈夫。
そしてエサ・・・いわしのにぼしとか・・・。これは、その人の家の冷蔵庫の中身のあまりものを象徴しているとも言われています。(そんなことない!と奥様方の声が聞こえてきます) あとはそのあたりに落ちているザリガニのしっぽ。
今までにもう何度もビオトープに行きましたが、これが釣れる時は、これでもか、というぐらい釣れすぎです。ザリガニ料理屋ができるぐらい!
けど、釣れない時、川の水の中をじっとみます。怪しい穴を見つけます。その泥の中にいそうだな、という所、そっとエサを置いていると・・・。子供が棒でつっつくのです。そして、つっつき過ぎて、泥の煙幕に。もう何も見えない。・・・・・・。「ちょっと、やりすぎだよ!全然わかんないよ!」「そんなことないよ。ほら、でてきた」「えー、見えない。どこどこ?」
こんないたずらな日々、だけど、とても楽しく、とても学びになっているのでしょう。
さて、私にとって、このザリガニ釣りは、過去の少年の頃の「原風景」です。最初にも述べましたが、みなさんの子供の頃の楽しかったこと、何か思いつくと思います。幼少の頃に体験した活動で、心が安らぎ、楽しく、ストレス解消してくれた活動。
これを追体験すること。これは心の栄養になるそうです。
体の栄養は、例えば肉を食べて、筋肉を養うように。そして、心にも栄養が必要です。
それには大人は→子供にかえって追体験です。
「剣道部の同窓会」
私は中学時代、剣道部に入っていました。もう、ずいぶん前の事なのですが・・・。(ちなみに名和中学校です。)この剣道部の顧問の先生、斉藤先生といいますが、この度、定年退職されました。これを機に、斉藤先生のご苦労様会を剣道部OBで行いました。10世代ほどで、70名ぐらいのOB・OGが集まりました。これってすごい数じゃない?と私は思いました。自分より上下1,2学年の人は、あー見たことあるな、この人。えーっとだれだったっけ、そういえばいたかも。実に懐かしい顔ぶれ。一方世代が離れすぎると、ほとんどわからない・・・。

 私がそもそも剣道部に入ったのは、いたっていい加減な理由です。当時TVアニメで機動戦士ガンダムがはやっていました。だから、竹刀をもって戦うのは格好よくておもしろそう・・・・

 ところがこの剣道部、とても厳しかったんです。今の公立中学校ではまずあり得ない。部活が厳しい、というとみなさんはどんなことを想像しますか?「先輩・後輩の上下関係が厳しい」「練習が朝・夜・土日もある」など、よくある話ですが、そうだったように思います。当時は週休二日制ではないので、土曜日の午後・部活、これは普通だと思っていました。

 斉藤先生の特徴、今でもよく覚えていること。それは悪く言えば説教。いつもいつも皆を集合させ、話をされました。練習の途中、止めて、「全員集合」。よく言えば、情熱を語る。

 「苦しい時は相手も苦しいんだ」「最後の1分、苦しくても力を振りしぼれ」

剣道の試合は3分間で勝負。それで勝敗が決まらなければ、延長1分。それでも決まらなければ、判定。勝負がこう着する時ほど、もうお互い体力を使い切り、肩で息をゼーゼー。苦しくて動けない。もう動けない、と思ったりします。そして、勝てないかもしれない、と弱気の心が出てきます。だけど、相手も同じだけ苦しいんだから、そこに勝機があると自分で思えるか。

 斉藤先生はよく言われました。「相手と試合をしているが、己に勝て。」
剣道の試合は、まさに一対一。相手との戦いです。しかし敵は誰か?「敵は自分です。」 自分に勝つ。自分を律することができるものだけが、結果を出せる。
 こんな話を、剣道着を着て、防具の面の穴から、階段上に立つ顧問を、みなしっかり注目していました。時に汗を流しながら。何度も何度も、同じ話だけど、そうだ、と思いながら。そして、レギュラーでもないけど、自分のことだと思いながら。
「私の趣味・・・? 絵」
みなさん、こんにちは。最近は、スマイル通信が遅れぎみで申し訳なく思っています。しかし、この院内新聞は、私たち小島歯科室全スタッフと、患者様の大切なコミュニケーション、頑張りますのでなにとぞ、あたたかいご声援の程よろしくお願いします。
 さて今回は、私の趣味について少し話したいと思います。待合室から扉を開けて、診療室側の廊下に立ってすぐ左の壁、そこに一枚の絵が掛けてあります。みなさん、見たことがありますか?一枚の油絵が掛けてあります。(海と船の絵)

(時期によっては違うものが掛けてあることもあります)

下手な絵です。下手な絵なんですが、私は少しばかり気に入っているんです。
 この絵を描いたのはもうずいぶん前なのですが、(手入れが悪く、一部ハゲかかっています)この一枚は大切な思い出の一枚です。当時、なかなかうまく描けなくて、いろんな油絵に関する本を調べてみたんです。(以前にも少しはそこらへんにあった雑誌とか、他の人のみている本から、パラパラとみせてもらっていましたが・・・。)今回は、けっこうしっかりといろいろと書物を読んで調べてみたんです。いろんな描き方や、様々な作風があるんだなー、とよーくわかりました。その中で私なりに、こうやって描いてみたらどうかなという、考えが少しかたまったのでした。
 その当時、加木屋で、絵画塾に通っていたのです。が、その先生から、「あーよくなったね。おもしろくなったよ。」とほめてもらえたんです。このことは、たぶんずっと忘れないです。その先生にしてみれば何気ない一言でしょう。
 岡本太郎という有名な芸術家がいます。「大人はダメだ。うまくみせようという大人の気持ちが絵にでている。けど、子供は純粋に絵を描いている。だから子供には曇りやごまかしがなく、すばらしい絵を描ける。」といっています。この言葉を勇気に、私なりの描いてみたい絵をつくってきました。だから、ヘタでも人に見せられるんです。
ゴールド免許は危ない
ゴールド免許、いいですよね

5年間書き換えがないんです、
楽ですね


だけど

5年もたつと、書き換えを忘れちゃうんです

まだだいじょうだろうなんて思っているうちに

あれー、てなことになるのが、危ないところです
成長期の後戻り?
Cさん(9才)のお母さんより

「矯正治療を早く始めても、中学生ぐらいに、また後戻りするから、もっと大きくなってからやった方がいいと聞きましたが?」
「そうですね。後戻りするのではと心配ですよね。12才ぐらいで矯正が終了してもマウスピースを入れるので大丈夫です。むしろ早くスタートすることによって歯を抜かない治療ができるメリットが大きいです。」
大掃除
もうすぐクリスマス
ならぬ、大掃除

そんな季節です
今からもう、家のあちこちを片づけています

それでも、間に合うかな、年内に、
大掃除できるかな、と

普段の整理整頓、これが大事ですね
ブリッジとインプラント
60才女性Aさんより

「私の場合、ブリッジとインプラント、どちらがよいですか?」
「そうですね。Aさんはブリッジをする場合、橋をかける歯のうちの一本が少し弱いので、長持ちしないかもしれません。ですので、インプラントにした方がいいですよ。」
Aさんは奥歯をブリッジでもう一度やり直そうと考えていましたが、インプラントを選びました。
転勤と矯正治療のタイミング
Bさんのお母さんより
「たぶん来年転勤すると思いますが、この子の矯正治療は、それまで待ってもいいでしょうか。それともすぐにやった方がいいでしょうか?」
「そうですね。治療の途中で、転院を心配されているんですね。Bさんの場合、大人の歯が生えそろう前に、とりはずし型の装置で、まずすすめた方がいいです。」
何事も早めの相談が大事です。
予防歯科って何するの?・2
(前回の続き)

水の中には多少の薬でミントの味、生温かいぐらいのお湯になっています。Aさんこれで、まずはすっきり。次は歯茎の溝の汚れを剥がしていきます。
「いつも歯の裏側ってちょっとざらついてくるのよね。」とAさん。
そしてBさんは超音波チップを用いてサーっとなでていきます。ちょっとばかり高音のピッーっという音は聞こえてきますが、Bさんは名人衛生士。Aさんは、ちっとも痛がりません。
お次はクルクル回る歯医者さんの器機で、クリームを塗りたくります。白くてふぁっとパックのよう。
最後はリップマッサージ。歯肉や唇の内側をジェルを使ってのマッサージ。Bさん気持ちよくなって寝てしまいそうです。ウトウトしてあっという間の30分。
「あーすっきり、やっぱり来てよかった。」
Bさんより「今回は虫歯はなかったですね。良かったです。歯茎は少しばかり歯石がついていますので、普段のお手入れはAさんの責任で頑張って下さいね。しかし難しい所は歯科衛生士の方で、しっかり掃除して予防していきます。次回は又来年、節分の頃ですね。お元気でまたお会いしましょう。」と、お口の状態が良い方の人には、天国のような話、・・・じゃあ、あまり良くない?・・・あなたは?そんなに心配いらないです。予防の歯石とり、超音波を使ったチップによる歯茎の掃除がちょっとばかり回数が増えます。しかし、いつか歯を抜くよりはいいじゃないですか。というわけで、プラス思考で健康医学、予防医学で食欲の秋を楽しみましょう。
予防歯科って何するの?・1
「予防歯科」なる言葉をみなさん聞いたことありますか?TVコマーシャルなんかで、「あっ、見たことある」なんて人、多いかと思います。今回はみなさんが、知っているようで知らない話題の「予防歯科」とは何かを話したいと思います。
どんな人も、できれば自分の歯を削ったり、抜いたりしたくないと思っているのではないでしょうか。歯は悪くなってから、歯科医院へ行き、そして歯を削る、抜く、こんなパターンはよくあります。しかし、そうではなく、削らなくて済むよう、もし予防できたら凄いですよね。例えば予防接種。予防接種の注射を一本打つことによってインフルエンザにかかりにくくなるなら、じゃあ「予防」しておこう、となるわけです。(むろん100%インフルエンザにならないという保証があるわけではないのですが・・・。)
では歯の予防の場合、具体的には、どんなことをするのでしょうか?そしてどんなメリットが考えられるのでしょうか?実際の歯科医院で行われる予防処置を例に挙げて説明します。
Aさん48才(女性)の場合、4ヶ月に一度予防歯科を受診し、予防処置を受けています。ここで、1人の重要人物Bさんが登場します。Bさんは歯科医院の歯科衛生士です。歯を掃除して、予防するプロフェショナル、病院でいえば、看護師さん。Bさんより「Aさん、こんにちは、4ヶ月ぶりですね。この前は6月にお会いしましたね。だんだん暑くなってきた頃でしたが、今日はもうちょっと寒いくらいかも。歯はしみていませんか?」Aさんいわく「そうねぇ、左下の奥はちょっと気になるけど、まあ、温かいものしか今は飲まないからよく分からないわね。けど、しっかりそうじしてみて下さい。」
予防歯科のイスを横に倒し、Bさんは、Aさんのお口の中を確認、そして掃除を始めます。まずは超音波状にした水流で全体を洗います。(2に続く)
乳歯が残っているうちに
小3D君のお母さんより

「なんとなく大きな歯が出てきて、この先歯並びが悪くなりそうで心配です。けどまだ矯正を始めなくて様子をみていても大丈夫ですか?」
「レントゲン写真からは、もうこの先の大人の歯の状況が予測できます。D君の場合、このままだと顎が小さく歯並びは悪くなります。乳歯の残っている今の内に始めれば、顎を大きく成長させられます。」
乳歯が生え変わってからではおそいこともあるのです。
だんだん寒くなってきましたね!
こんにちは!
歯科衛生士の石川です!リンゴ

朝、夜はだんだん寒くなってきましたね!

こたつから出れなくなってしまいそうです☆

さてさてキラキラ

みなみちゃんの11月のお口の中を観ていきましょう!

【2009年8月のお口の中】

みなみちゃんのブログ


【2010年11月のお口の中】

みなみちゃんのブログ


変化がわかりますか?(^^*

とっても小さな変化ですが、下の歯をご覧ください。

子どもの歯と大人の歯が一緒にあるのでちょっとわかりにくいのですが

まずは、写真の説明から。
上の写真は、中心から数えて3番目の歯は子どもの歯です。
下の写真では、この3番目の歯は、生え変わりで抜けました。

上の写真の中心から数えて4番目の歯も子どもの歯です。
下の写真の中心から数えて3番目のは、上の写真の4番目の子どもの歯が大人の歯に生え変わって出てきたものになります。

注目してほしいのは、「すき間」

下の写真は、装置をきちんと入れていたからこそ出来たすき間☆
犬歯(中心から数えて3番目に生えてくる歯)が気兼ねなく生えてくるスペースが出来ています!

装置をきちんと使って頑張っていたからですね!

【みなみちゃんの感想文】

みなみちゃんのブログ


Q.今、リップバンパーのみの矯正装置ですが。どんな感じですか?
  以前2つ装置が入っていたときと比べてどうですか?

A.今は、装置をはめていても、ふつうの感じです。

【歯科衛生士 石川より☆】

リップバンパーも最初のうちは、気になっていたけど、今は普通に会話も出来るし、発音もつける前と変わらないね!

Q.乳歯(子どもの歯)が残り2本になりました。どんな感じですか?
 左下の一番奥に(6歳臼歯の後ろ)に永久歯(大人の歯)が生えてきたのはご存知でしたか?

A.しりませんでした。自分でもすごくおどろきました(心の中で)

【歯科衛生士 石川より☆】

子どもの歯も残り2本になったね!
あともう少しだね!!

一番奥に(6歳臼歯の後ろ)に永久歯(大人の歯)が生えてきたね!
これは、12歳臼歯といいます!
こちらも大切な大人の歯なので、しっかり磨こうね!


【お母様の感想文】

みなみちゃんのブログ


Q.乳歯が残り2本となりました。生え変わりも順調に進んでいます。
お口の中をみて、どう感じられますか?

A。以前に比べると本当に歯並びがキレイになってきてよかったと思います。

Q.お母様は、普段みなみちゃんの奥地の中を見るタイミングはいつですか?
どんな会話をしていますか?ご主人やご家族の方とどんな会話をされますか?(お口の中のことについて)

A.すみません、
 お口の中はあまりみませんが、装置をはめているか、いなかいは、チェックしていいうようにしています。
 歯磨きの時間が短いときは、「早すぎるよ!」と声をかけるようにしています。

【歯科衛生士 石川より☆】

みなみちゃんも、どんどん歯並びよくなってきていますね!

ご家族のご協力もあってこそ、矯正は成功していきます☆
これからも声かけを大切に、虫歯にならない矯正を一緒にがんばっていきましょう!!

インプラントを入れて自信!
Gさん(女性64才)の感想より



「歯が何本もないことがとても嫌でした。何か自分が悪いみたいで。きっといつの間にか暗くなって仕事をしていたと思います。昼食を職場の人たちと頂くのですが、いつも今日は何が出てくるんだろう、ちゃんと食べられるかしら、ハラハラしていました。だけど今は・・・」
もうすぐ1年も終わり
もうすぐ、今年も終わりです
年の最後に体調を崩すことが多いようです、私の場合

まだまだ、自己管理が下手なんだなと反省

失敗を分析、そこから、失敗を避けるポイントはないかを考えてみます


この場合、仕事を朝から遅くまで、詰めてやりすぎていること、休みの日がないこと、手洗い、うがいの徹底が甘かったこと、を考えました

そして同じ過ちを繰り返さないために

1日のうち、まずは確実にどこに休憩を入れるか、それを守り、頑張ってみること、(むやみに頑張り続けない)

必ず、週に半日は休みを設ける、できれば1日

衛生管理、確実に手洗い、うがい


これらの当たり前のようで、意外に、甘くなっているところから、ほころびが大きくなっていっているように分析しました

トライアンドエラーでまた進歩していきたいと思います
口臭の原因とかぶせ物
本日は口臭についてお話したいと思います。口臭の原因は色々ありたくさん考えられますが、実はかぶせた歯なのに・・・という点を述べていきたいと思います。
○かぶせた金属が腐ってきた。……お口の中に金属を詰めて治す場合がよくあります。この金属が自分にはあまり合わず、腐蝕してくることがあります。簡単なイメージでいえば、自転車が錆びてしまったという感じです。
○かぶせ物の奥に穴ができたみたい。……かぶせ物がしっかりしてあっても、その中には自分の歯の元の根が残っていたりします。かぶせ物の隙間から中が悪くなり、再び虫歯はできてしまった状態です。かぶせ物の下にできる虫歯ですので、すぐには気づかない。臭いを感じない場合も多いです。
また、歯の神経を処理してからかぶせ物をしている場合は、痛みを感じないことがありますので、更に気づきにくいことが多いです。
○プラスチックの歯から臭う。……かぶせ物の歯はすべて金属でできている訳ではなく、一部はプラスチックでできているタイプの物もあります。特に前歯に表面の見える所にプラスチックをはったタイプのかぶせ物はよくあります。このプラスチックタイプのかぶせ物は長い年月の中で、お口の水分とともに汚れを取り込んでしまい、変色していきます。そして口臭の原因となることがあります。
○歯の根からの膿み。……かぶせ物がしたあってもその歯の奥の根に問題が起こる時があります。根の中や根の先あたりに細菌が入り込み、膿んでしまうことがあります。この膿みが臭いの原因となります。
以上かぶせた歯なのに口臭がする場合を述べました。そしてこれらの場合は、そのかぶせ物の治療をすることになるかと思います。必要に応じて、奥の根まで治療をする場合もあるかと思います。
歯科衛生士 塩野祥子の「予防のはなし」
「歯みがきが嫌い」

だんだん寒くなってきましたね。みなさんはクリスマスをどのように過ごされますか?
今回は歯みがきのやり方を来月と2回に分けてご紹介していこうと思います。
素直に歯みがきをさせてくれないというお子さんもいますよね。遊びの中で楽しみながらお母さんの仕上げ磨きを受ける習慣を作りましょう。

☆上手な歯みがき☆
 1.姿勢 : 子供を上向きに寝かせ、頭をひざに乗せてのぞき込むようにしましょう。
 2.口元 : 上口唇を上げれば上の前歯がよく見えて下口唇を下げれば下の前歯がよく見えます。
 3.汚れ : 歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間、歯の噛み合う面の溝の中にたまります。

インプラントが入らない?
Cさん(70才男性)より

「Cさんの場合、歯周病で骨が大部なくなっているので難しいです。検査して、できないという結論もありえます。」
Cさんはその後、歯周病の治療、骨を増やす処置を受けてインプラントしました。
歯を抜くべきか抜かないべきか
Hさん13才のお母さんより

「できれば、抜かないでやってほしいんです。」
「どうしてですか。」
「抜いて大変なことになった親戚の子を見ていますから。」
「歯を抜いて矯正した方が、より口元がきれいになるとしたらどちらをえらびたいですか?」
「私では分からないので、先生におまかせします。しかし、できれば抜きたくないです。」
「ではHさんはどう?」
「私は抜いてきれいになるなら抜きます。」
よくよく相談の上、数ヵ月後、Hさんは抜いて矯正をすすめました。
念願のインプラントをしてほしいのですが?
70代女性Mさんより


「私は今まで体調をくずして入院したりしていましたが、ここ最近は調子いいです。念願のインプラントをしてほしいのですが?」
「そうですか、今までの内科の先生とも相談して、できそうか検討しますね」
Mさんは全身状態はとても安定しているとのことで、問題なくインプラント治療を行うことができました。高血圧の薬を飲んでいますが、安定していて問題ありませんでした。
南の島でのんびりと♪
歯科衛生士の糟谷です

10月末にお休みをいただいて旦那さんとハワイに行ってきましたぁ

初海外な私英語もよくわかんないし、カルチャーショックで初日はテンション

次の日からは開き直ったのか慣れたのか、いつも通り元気になりましたけどね

ホテルの部屋は波の音が響くオーシャンフロント

ビーチで泳いだりお散歩したり

シュノーケルやパドルサーフィンに挑戦

ホテルのテラスで優雅に朝食

ロミロミマッサージで癒されて

夜はクルージングディナーに、本場のリブステーキ

そして豪快にショッピング(笑)

円高はやはり素晴らしかったです

6日間あっという間で、とてもとても素敵なハネムーンになりました

年末年始でまたハワイに行きたかったんですがさすがにお財布事情が…

沖縄に行ってきます

ハワイみたいに南国ではないでしょうが、また南の島でのんびりと過ごしてきます

写真はハワイのレインボー

美しい海に虹が映えます
IMG_2158_convert_20101202202956.jpg







まだまだだと思っていたけど・・・
Kさん12才のお母さんより
「今までに何度か矯正治療の相談を受けたことがあります。もうそろそろでしょうか?」
「そうですね、下の前歯6本が重なって曲がっています。これをしっかり治すには小2ぐらいから始めるとよかったですね。」
「じゃあ、もう遅いんですか?」
「まだ第二大臼歯が生えていないので、何とかなるかもしれません。」
Kさんはこの夏休み、さっそく治療を開始しました。
もう12月ですね!
こんにちは☆
歯科衛生士の石川です!

気がついたら、12月!!って、感じですね!!
クリスマスとか、流行語大賞とか、紅白歌合戦とか。。
年末にどんどん近づいてきましたね音譜

さてさて、みなみちゃんも矯正を始めて、1年が経過しました!!ニコニコキラキラ
矯正を始めたときはいろいろあったけど、みなみちゃんは、とってもよく頑張っています!!

さて、みなみちゃんもこの1年でぐっとお顔のラインも大人っぽくなってきましたよドキドキ

向かって、左側が今のお顔のライン☆
そして、右側が、去年の8月のお顔のライン☆

違いがわかりますか?

特に「顎のライン」!
唇全体が奥まってきたのがわかりますか?

そう!
リップバンパーの装置の効果が出てきていますね!!

みなみちゃんが、どんどん美人になって行きますキラキラキラキラ

【みなみちゃんの感想】

みなみちゃんのブログ


①矯正がスタートして一年経ちました。お口の中の変化で感じるところはありますか?
自分の口の中をみてどう思いますか?

A. すこし口の中に変化が出てきました。

《歯科衛生士 石川より☆》
そうだね!キラキラ
写真を見ても、きちんと進んでいることがわかりますね!
これも、みなみちゃんが頑張っているからだよ!!
これからも頑張ろうね!ラブラブグッド!

②お友達やご家族から矯正についてお話しする機会はありますか?

A. あります。
たとえば、「矯正はいつごろにおわるか。」ということです。

《歯科衛生士 石川より☆》
確かに気になるところだよね!
あとは、もう少し生え代わりが進んだら次のステップにいけるかな!!
頑張ろうね!

【お母様の感想文】


みなみちゃんのブログ


①矯正をスタートして、一年経ちました。
一年を振り返って、感じることはありますか?

A. あっという間に一年が経った!という感じですが、今日はまた歯の汚れを指摘されたので、気を抜かずに続けていきたいものです。

《歯科衛生士 石川より☆》
歯磨きはとっても大切です!
これからも歯磨き頑張って、お口の中も美人を目指してくださいね!

②先生にご質問はございますか?

A. 特にありません。

愛の反対は憎しみではなく無関心
マザーテレサは、この世の中で最大の不幸は戦争や貧困ではなく、自分はだれからも必要とされていないと感じることである、と

私たちは、人との関わりがあってこそ生きていけるのです
他者との相互関わり的なストローク、コミュニケーションは、私たちが生きていくうえで、空気や水と同じくらい重要

人はなぜコミュニケーションを取ろうとするのか、お互いにエネルギーを与えあっているのでしょう
子供がしっかり装置を入れられるか?
年長さんYちゃんのお母さんより

「うちの子は、家でなかなか装置をはめてくれません。どうしたらよいでしょうか。」
Yちゃんは下顎が出た噛み合わせで、取り外し型の装置を使っています。普段お家にいる時、毎日3~6時間は入れてほしいです。
「そうですね。きれいになるよ、と声をかけてあげてください。カレンダーに、入れた日はシールを貼ってあげるのもいいですよ。」