プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室の交換日記からはじめましょう
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
パノラマ撮影の撮影方法
こんにちは!
歯科アシスタントの田崎です^^

今日は「パノラマ撮影の撮影方法」についてお話していこうと思います。
前回はデンタルフィルムっといって歯の一部をとるレントゲンでしたが
今回は歯全部が写る大きなレントゲンです。

*・。・☆・。・**・。・☆・。・**・。・☆・。・**・。・☆・。・**・。・☆・。・*


1、患者さんをレントゲン室に案内し、所定の位置に立ってもらう。
※この時、ピアス、イヤリング、眼鏡、義歯は外してもらう。

2、患者さんの名前、撮影月日などをマーキングしたパノラマ用フィルムをカセッテに入れる。

3、ポール綿を切端咬合の状態でかんでもらう。
※下の歯を少し前に出して噛んでください。

4、患者さんの顎をチンレストに正しくのせ、背筋が真っすぐになるように、また
眼耳を結んだ線が真っすぐになるように、リフトレバーを調整する。

5、「このカメラが前を回りますので15秒くらい動かないでください」といって部屋
を出てドアーを閉める。

6、スイッチボタンを押し、スイッチが切れたらリセットボタンを押す。

7、患者さんの口からポール線を取り出し、レバーをゆるめて離れてもらう。

8、「お疲れ様でした。チェアーにおかけください。」っと言って患者さんを誘導
し、フィルムをカセッテより取り出し現像する。

]*・。・☆・。・**・。・☆・。・**・。・☆・。・*


このような感じでパノラマ撮影はおこなわれます。
実際に体験される時はわからないことがあったらスタッフに聞いてくださいね^^

スポンサーサイト
春の旅
こんにちは。歯科医師の古根です
旅はいいですね
この間の週末、静岡バスツアーに行ってきました。
食いしん坊の私としては狩りが目的だったんですが、
思いのほかよかったのが大井川鉄道のSLです。
昭和の香り漂うSLの外観と車内、窓を開けて楽しむ田舎の風景。
線路ぎわを歩いている人が手を振ってくれるのにも癒されます。
心の洗濯のできた一日でした
歯科助手津留の「小島歯科室の目指す道!」
「恕]

「恕」とは、相手の心情や立場を察する心を意味します。
 仕事の上でも日常生活においても、苦難や困難は多々あります。
 それを支えあい、乗り越えていくために、人間らしい愛情に満ちた生き方を心がけたいものです。

レントゲン
こんにちは^^!
歯科アシスタントの田崎です

今日は「レントゲン」についてお話していこうと思います。

レントゲンとは目に見えないが、物体を通過するX線を人体に投射し
人体内部の目に見えない様相をX線写真像として観察する機能である。

{レントゲンで調べられること}
う蝕の深度、根管や歯根模の状態、歯石の沈着部位、歯槽骨の吸収度など。

{レントゲンフィルムの種類}
口内用フィルムで撮影するもの・・・デンタルフィルム
                  小児用フィルムなど。

パントモ用フィルムで撮影するもの・・・オルソパントモ小・大。

デンタルフィルムの撮影方法
1.患者の頭を固定する。

2.フィルムを用意し患者の口腔内に入れ、患者の指でフィルムを固定させる。
*フィルムは必ず番号の方をレントゲン管救の方へ向ける。
また、フィルム番号が撮影部位に影響を与えない位置にする。

3.照明管の先は撮影する部位に対して適切な角度を
設定し、患者の指でフィルムを固定させる。

4.スイッチオンする。

5.患者の口腔内からフィルムを取り出し、フィルム番号をカルテに記入し、現像する。

このようにレントゲンを撮るには色々な操作が必要になります。
レントゲンを撮るとき患者さんが撮影時に動いてしまうと写真がブレてしまうので
撮影の最中はなるべく動かないようにしてくださいね^^

そてと妊娠中の方は赤ちゃんに影響がないか不安になる方が多いと思います。
赤ちゃんに影響はありませんが、それでも御心配なる場合は先生にご相談ください^^
こんにちはアシスタントの津留です

みなさんバレンタインデーはチョコをもらったり送ったりと楽しくすごせたでしょうか?
医院でも女性スタッフみんなで先生方にチョコレートを送りました

でもほんとは私は甘い物が大好きなのでチョコレートは送るよりもらえる方が嬉しいですね
バキューム操作
こんにちは^^

歯科アシスタントの田崎です

私の地元も雪が降って今日はとっても寒いです^^^^
風邪をひかないように気をつけないといけませんね!

さて、今日は「バキューム操作」についてご紹介しようと思います。

バキュームの目的
1.削りかすや液体(唾液、水など)を吸引する。
2.唇、頬、舌、などを圧排して術者の診療スペースを確保する。
3.電気メス使用時や切削時に生じる臭気を除去する。

バキュームの持ち方
1.バキュームは原則的には右手(きき手)で持つ。
2.持ち方は、握り持ちとする(曲のチップの場合)
3.チップの切り口は常に歯の方向に向ける。
4.術者のミラー、切削操作の邪魔をしない。
5.術者のミラーが汚れていたら、ウォータースプレーで噴霧する。

患者さんによってはバキュームの当てる場所によって
すぐに気持ち悪くなってしまう患者さんもおられるので
その場合、アシスタントに遠慮せず気をつけるように言ってくださいね^^



私の城作り♪
こんばんは歯科衛生士の橋本です

もうすぐ実家を出て暮らすので、その準備をしています

賃貸なんですけどね

家具を選んだりインテリアを考えたり、あとは家電かなぁ

先週はソファーと食器棚とダイニングテーブルを

そして今日はカーテンとラグマットを買いに行きました

まだ家具も何も入っていないし空っぽの我が家ですが

カーテンとラグマットを敷いただけでこんなにも部屋らしく

新居☆

寒々としていた室内がだんだん暖かくなってきた気します

あともう少し、楽しんでお城作りしていきます