プロフィール

Author:小島歯科室
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室の交換日記からはじめましょう
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
我が家のゆかいな仲間♪
はじめまして☆歯科衛生士の橋本です。
3月中旬から小島歯科室の一員になりましたv(。・ω・。)
どうぞよろしくお願いします(人´▽`*)。;*゜'☆

では、さっそくですがタイトル通り、我が家のゆかいな仲間についてお話したいと思います♪
実は橋本家ではペットでアヒルさんを飼ってるんですよ~。+.゚ヽ(o´∀`o)ノ゚。+。
名前はルウちゃん♪6才の女の子ダックです。
アフラックのアヒルさんみたいにお洗濯や掃除、買い物などは全く手伝ってくれませんが
とてもよく懐いているのでたまに抱っこしてほしいと甘えてきたり本当に可愛いです(o´ω`o)
ひなたぼっこした日なんかは羽がお布団みたいにふわふわで、もうたまりません(笑)!!
アヒルを飼っているというと、絶対聞かれるのがごはんのこと。
うちのルウちゃんはペットショップで教えてもらった九官鳥のえさをお湯でふやかして
小松菜、きゅうり、トマトを細かくみじん切りしたものを毎日食べています。
大好物のおやつはちくわ♪果物、パン、お米もよく食べます(・∀・。)(-∀-。)
家の中をアヒルがウロウロ散歩している光景もなかなかいいものですよ(○>∀<)尸゛
皆さんも機会がありましたらぜひ(笑)!!
では。
photo.jpg


スポンサーサイト
最近の休日
こんばんは、歯科衛生士の長岡です☆
突然ですが、皆さんはいつも何をして休日を過ごされますか?
私は先月からパソコン教室に通っています。
パソコンは家にあるけどいつもインターネットを見るばかりで(^_^;)他にもパソコンを使う機会が増え、かなり気合いを入れて頑張っています !!
今はワードの勉強をしてますが、初めて知る機能も多く今までが余りに無知だったのか…o(_ _*)oと愕然とする時もあり。
でもこの調子で勉強して、せっかくなので検定も挑戦してみようかと思います。

進み具合をまた皆さんにもご報告しますね。
建築物
こんにちは。歯科衛生士の石川です。

大学生のとき、「建築」学科(本当の学部名はちがうのですが)在籍していました。
将来は、「設計士」を目指していたこともあります(笑
そんな私が今は歯科衛生士をしていますが(笑

将来進む道は、「建築」ではなく「歯科」に来てしまいましたが、
今でも建築はとっても大好きです。

その建物を作り出す上で、考え抜かれたコンセプト。
施主と制約との葛藤。
追い求める理想。

建築はその人そのものです。
だから、楽しい。雑誌を片手に建築を見ることはあまり少なく
なりましたが、建築家がどういう意図でそこに何をおいたか。
考えるのが楽しくてたまりません(笑

火曜日の午後10時~NHKでやっている「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見ました。

今日は、「建築家 隈 研吾(くま けんご)」さんでした。
寝る時間が迫る中、「建築」と言葉がつくとどうしても見てしまいました!


“負ける”建築とは、自己主張するのではなく、周囲の環境に溶け込むような建物を建てる建築のこと。予算や敷地などの「制約」に負けることから独創性が生まれる。そうです。

つまり、限られた中で、どれだけ精一杯のことをするか。
建築も自然・環境に調和することが大切。

とのことでした。

難しい理論はさておき、隈研吾さんが作った建築を見て、
コンセプト云々よりも、「素敵だな」と思った瞬間に、
その建築はその人の心に響いているのだなと思いました。

名古屋にも数多くの建物が建築されています。
名古屋にお出かけの際にはビルなどの商業施設を見て、
設計者がどんなことを思って作ったか考えながら歩くのも
楽しいですよ☆

隈研吾さんが設計された「光と竹の家」
CMで見たことありませんか?(笑

architect-kuma4[1].jpg


さくら・さくら
20070408222338.jpg

こんにちは、レセプションの平野です。
花見(桜)の季節 になりましたね。
また、入学の方 就職の方 新一年生おめでとうございます。

これからの人生に少し一呼吸したときに思い出してね。
      
38億年の歴史を持つ生物を長い見方をしますと、
強いものが生き残っているのではなく、
むしろお互いに助け合って生きていた生物の方が、上手に生きられる。
本当に偉大なものは、そのものだけが大きくなるのではなく、
ちゃんと後に続くものが育っているものです。                 生命誌研究所 講演より20070408230756.jpg