FC2ブログ
プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
愛知県東海市にある歯科医院です。

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室・スタッフブログ
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
明日は検診
明日、検診に行きます。東海市のしあわせ村にて行います。多くの子供たちを診ることになるとおもいます。みんな、はを磨いてくるかな
コーヒーブレイク
寒い夜、暖かい飲み物を飲みながら、今日の反省です。いつも謙虚に、人のせいにすることなく。自分に何が出来るか、、だけです。小さな一歩を毎日です。休むことなく。
寒いです
寒いです。肩が痛くなってくるような気がします。たんなる錯覚なのかもしれません。雪はふらないみたいですが、子供の心としては降って積もったりすると面白いなと思います。けど、そのあとがたいへんなので、やっぱりいいです。
夜はとても暗いです。その暗さは、勉強しろということでしょうか。
乾燥
空気が乾燥しています。のどを悪くしやすいです。そのため加湿器を使います。寝るときも使うのですが、窓に水蒸気が付いてきます。やりすぎのようです。やりすぎると、カビの原因になると聞きました。それはいやです。怖いです。しかし、乾燥して風を引くのもいやです
歯の神経


昼休み
忙しいと、昼休みが減っていくような、そんなことはありません。時間を考え、頑張ります。むしろ昼休みの時間はとても貴重で、いろんなことが出来る、宝の時間です。
冬の雨
寒い雨、体にしみますね。こんなときこそ、運動です。
オルガン
オルガンの練習、子供のときにやりました。そしていま、子供がやっています。私にとっては大変でした。けど、人によっては楽しいと思います。絵は好きでしたから。
お掃除
ath>日曜はお掃除の日です。駐車場のごみを拾ったり、木に水をやったり。そんな時間は健康にとてもいいです、ちょっとさむいですが 
夜です。暗くて何も見えません。キーボードも見えません。お休みおなさい。
保健所
本日は保健所の立ち入り検査の日です。検査は3年に1度ぐらいの割合で行われます。医療廃棄物とか、滅菌などについて、確認が行われます。その他、レントゲンに関しての検査は結構重要なものかと思われます。
かぶせ物
歯のかぶせ物。長持ちしたいですよね。どうしたら長持ちすると思いますか。例えば、しっかり歯を磨く、なんてのは皆さん思いつくと思います。そもそも、どれだけ、ぴったりしたものなのか。ということも大切です。通常、金属には誤差があります。200ミクロンの誤差が出来るといわれています。現在のよりよい技術を駆使してその誤差は30ミクロンに出来ます。そういうことでも、歯をまもることが出来ますね

3学期
新しい学期の始まりです。と言っても、すぐに春休み。そんなこ、と言っているのは、子供だけかもしれませんが、いい始まりでしたでしょうか。人生はマラソンなので、スタートがすべてではないとおもいます。だけど、イイスタートきりたいですよね。

寒い
雨です。寒いです。部屋が冷えますね。暖房の効きもいまいちなぐらい冷えています。でもこの綺麗な空気の中、掃除、片付けが進みます。しかし、どうしても探している書類が出てこないんです。きっと以外なところにあるんだと思いますが、不思議なものですね。必要なくなったときぐらいに出てくるのかも。
雨ですねー。今日1日働き、そしてまた休み。この2日間の休みの間にもう一度、この1年の大切な準備が出来るかと思います。貴重な休みです。
新しいスタッフ
今日から本格的に新しいスタッフに動いてもらっています。昨年に何度か来てもらい練習はしていました。本日、フル回転にて、やってもらいました。すごくスムースで私は楽でした。とてもよいスタートです。嬉しいです。皆さんは仕事のスタート如何ですか。
目標
皆さんは目標を立てましたか。わたしはいくつか立てています。そして人にも見えるよう張り出しています。その中の1つにホワイトニングの充実というものがあります。歯を削らずにレーザーやクリームで白くしていこうというものです。この研究に関わって10年以上のネンゲツが経っています。まだまだ日本では普及が低いです。もっと多くの人にこの素晴らしい方法を知っていただきたいです
謹賀新年
皆さん、今年も素晴らしい年であってください。小島歯科室として、質の高い治療ができるよう、ますます努力したいです。そして、小島歯科室ならではの、ホスピタリテイの高さを今年もガンガン表現していきたいです。 
ことに、義歯にかんしましては、更なる満足度の追求を皆でやっていきます。乞うご期待ください。
矯正治療においては説明をさらに進化してより多くの情報提供をします。なんでも聞いてください。スタッフもさらに勉強しております。また治療のなめらかさ、痛みのなさをもっと追及していきます。
まだまだありますが、また発表します