FC2ブログ
プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
愛知県東海市にある歯科医院です。

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室・スタッフブログ
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
東海タイムズ2019年1月号掲載
「インプラントCT検査」

Q.CT検査は歯科医院内で行っていますか?

A.インプラントを安全に入れるためにCT検査を行います。歯型をとり、マウスピースなどを用いて正確な埋める位置を調べる検査を歯科医院にて行います。

歯ッピーになる歯のはなし・その143~知多ホームニュース平成31年1月中旬号掲載
「歯の話」

 こんにちは。寒い日が続きますが、お元気にお過ごしでしょうか?
お正月にたくさんおいしい物を食べ過ぎて太ってしまった方もいるのではないでしょうか。

 今回は歯の役割について話したいと思います。
いまさらながら、歯の役割って何でしょうか?当たり前かもしれませんが、多くの方は「食べること、かむこと」と答えるのではないでしょうか。
けど、他にもありますよね。例えば、発音、声をうまくだすときに歯は必要です。カラオケで上手に歌うには歯も大切です。
白い美しい歯、見た目と答えた方もいるのではないでしょうか。
あるいはスポーツをする際にしっかりくいしばって力を出すということもあると思います。
 実は最近、歯の役割にとってもっとこれが大切だといわれ研究されていることがあります。それは「呼吸」です。
「呼吸」するために歯が重要な役割を担っているというものです。
「えっ!歯なんて、あってもなくても呼吸はできるでしょっ」と思う方は多いと思います。
呼吸とは何でしょうか。呼吸とは大きな目的の一つは酸素を体内にとり入れることです。
ご飯は一回や二回食べなくても死ぬことはありません。しかし、酸素をとり入れる呼吸はどうでしょうか。
呼吸は止めていたとしても約一、二分くらいが限界ではないでしょうか。
呼吸を止めて酸素がとり込めなくなるのは死を意味しています。
夜間、寝ている時も人は呼吸をしています。研究によると人は夜間、鼻で呼吸しているだけでなく口でも呼吸していることがわかっています。
人は寝ている際じっとしているわけでもなく、寝返りをうったり動いています。
その際、首がよじれ酸素の通り道が狭くなったりします。
そうするとずっと鼻でリズムよく呼吸していたかと思うと突然口を使って呼吸をします。
脳が酸素不足を予知して大量の酸素を急いで体内に入れようとしているのです。
その際には鼻ではなく口で呼吸をするのです。
例えば、もしあなたがプールで溺れそうになったら鼻で息をしようとするでしょうか。
人はいざという時には反射的に口で呼吸をするものなのです。
では寝ている際に口で呼吸する時にどうして歯が大切な役割をしているのか?
それは、人は下あごを前に突き出し、下の歯が上の歯に引っかかって首の回りの気道を広げる動きをしているということがわかってきたのです。
ですので、歯は命に関わる大切な役割をしています。

歯科衛生士によるお口の相談室・第61回~ペコロス60
pekohyousi_0060.jpg ペコロス第61回

こんにちは。歯科衛生士の坂本です。
2018年もあっとゆう間に過ぎ、平成も最後と言うことで平成生まれの私にとっては少し寂しく思います。
しかし、また新しい年も皆様と一緒に迎えられるのは幸せなことですね。
2019年もよろしくお願いいたします。

近年では、ホワイトニングが歯周病の予防にも効果的であるというお話がでてきています。
そもそも歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯茎が腫れていたり、出血があったりする方は要注意です。
進行すると歯と歯肉の境目(歯周ポケット)が深くなり、歯を支える骨が溶けて歯が動くようになり、
最終的には抜歯をしなければいけなくなってしまいます。
進行するまでは自覚症状がほとんどないのが特徴なので、具体的な痛みなどがなくても、
一度お近くの歯医者さんで歯周病の検査などされてみてはいかがでしょうか。
お口の健康が全身の健康につながるので、歯科医師や歯科衛生士が皆様の健康のサポートをさせていただきます。

スマイル通信平成30年12月号
クリスマスコンサート

こんにちは歯科アシスタントの野崎です。
クリスマスの時期になると小島歯科室ではおなじみの♪クリスマスコンサート♪を今年も開催いたします☆クラリネット伴走者の黒川真弓先生とオペラ歌手の飯田牧子先生をお呼びして待合室にて生演奏を披露いたします♬♪
日時:12/10(月) 13(木) 18(火) 9:30~15:30
場所:小島歯科室待ち合い室
曲名:クリスマスソング・J-POP etc

☆*🎅*🎁*🎄*☆*🎅*🎁*🎄


[READ MORE...]
歯ッピーになる歯のはなし・その142~知多ホームニュース平成30年12月中旬号掲載
「殺菌された水」

 みなさんこんにちは、12月です。平成30年も残すところ少しですが、みなさんにとってどんな一年だったでしょうか?
 この年末にきて、国会では下水道の民営化について紛糾しています。
今回は水の殺菌についてお話したいと思います。
 さて、水道水は一般的にはほとんど、塩素をもちいて殺菌され、きれいな水となっています。
日本では、水道水を蛇口からひねってそのまま飲めるくらい安全とも言われています。
一方、飲み水は、水道水を直接飲むのではなく、スーパーなどでおいしい水を買って飲んでいる方も多いのではないでしょうか
 また、ウォーターサーバーをレンタルして使っている家庭も増えてきているようです。
このような傾向はどうして起きているのか?
それは一つには水道水の中に入っている残留塩素の問題が関係しているのだとも言われています。
家庭の台所の水道水の蛇口にフィルターをかませて、より、安全な水になるよう工夫している方もいるかと思います。
 水道水の中に微量の塩素が残っていることはとても大切な事で、この塩素が微量に残っているから、
殺菌状態を保ち、安全に使えるわけです。
かつ、人体に害のない微量に調整されて処理されているのです。
しかし、この塩素を微量ながらでも摂り続けると癌になるのではないかという見方もあり、発癌性物質として注意されているわけです。
ですので、家庭などで水道水を使う場合には一度沸騰させて、塩素を抜いた方がよいという方法をとっている方もいると思います。
 では歯科医院などの医療機関ではどうでしょうか?
特に歯科医院では、お口の中の治療をする際に、歯を削ったりして水を使うことがとても多いのです。
当院では、患者様のお口の中に入る水を全てオゾン殺菌しています。オゾン殺菌することにより塩素が体内に入っていくことはありません。
オゾンは塩素などの有害物質と反応して水と酸素にすぐに変わっていきます。
また、残ったオゾンも有害物質がなければ数秒後に水と酸素に分解されるので安全です。
ただし弱点もあります。それは多少オゾン殺菌されたばかりの水は匂いがします。鼻の利く人には感じます。
一般的な臭覚のレベルの人では感じません。それとオゾン殺菌のシステムが高価であることです。

では来年もみなさん健康で楽しい生活をお過ごし下さい。また会いましょう。

知多ホームニュース平成30年12月上旬号掲載~
を閉じる」

A君(8才)のお母さんより
「いつもを開けていて、唇も荒れています。矯正装置をつけて治した方がよいですか?」

「小学校低学年の場合、矯正装置を入れることも大切ですが、装置を入れるだけでは治りません。おの周りの筋肉を正しく力を加えるトレーニングをすることが大切です。の周り、アゴ舌などの筋肉をより強く正しいバランスにしていく運動をします。」

東海タイムズ2018年12月20日号掲載
レントゲン検査」

Q.CT撮影は行うのでしょうか?

A.CTは骨の中の構造が手術前に分かるので便利です。特に上あごに手術する場合は必要となることが多いです。また、サージカルガイドという位置固定補助器を使う場合にも必要です。

東海タイムズ2018年11月20日号掲載
「仮り歯」

Q.インプラントをしたいのですが歯を抜いてしまうと治療が終わるまでなしの状態ですか?
仮り歯を入れることはできますか?


A.前歯など気になる場所もあります。そのような場合、仮り歯をプラスチックなどで作ります。
また、多数歯がない場合は仮りのインプラントをいれる方法もあります。

歯ッピーになる歯のはなし・その141~知多ホームニュース平成30年11月中旬号掲載
「歯の神経」

 こんにちは、11月です。残すところ、今年も1か月半です。残り少ない平成を大事に過ごしたいものです。
 さて、今回は歯の神経についてお話したいと思います。
 歯の中には神経が入っていることはご存知でしょうか?
歯の表面はとても硬い層で覆われています。その表面の層のことをエナメル質と呼んでいます。
白くて硬い歯です。その更に奥の方に神経は隠れています。
表面のエナメル質は硬いですから、中の神経を普通は触ることが出来ません。
 ところが、虫歯が出来て、エナメル質に穴が空いた場合、次第に穴が大きくなり、
中に入り込んでいた神経に触れることが出来るようになります。
そうすると、食べ物を噛んだりした時など、ズキッと痛みを感じることがあるのです。とても痛いです。
虫歯が大きくなると、中の神経が痛みを感じ、歯が悪くなっていますよと、危険信号を発してくれるのです。
また虫歯による穴ではなくても神経の痛みを感じることはあります。
歯周病になっても神経の痛みを感じることがあるのです。
それは歯茎のまわりのジョイントが弱くなり、歯茎の溝の中へ、水や食べ物、空気などの刺激が伝わりやすくなった場合です。
実は歯肉の中に通常隠れている、歯の茎、この部分はエナメル質に覆われていないのです。
ですので、歯周病が進行して歯茎の隙間、溝が大きくなってしまった場合には、虫歯ではなくても、
うがいしただけで水がしみるといったことが起きたりします。
このような歯周病の進行の場合も神経が痛み、しみを感じることによって危険信号を発してくれます。
 最後に痛い痛い神経は厄介者のようにも思えますが、それなりに役割もあるわけです。
神経に少しでも感じたら気にしてみましょう。

東海タイムズ2018年10月20日号掲載
「骨が少ない場合でもOK」

Q.前医にて、骨量が少ないのでインプラントできないと言われましたが?

A.骨の量が少ないからできないとは限りません。
骨を増やしたり、補強したり骨をあまり削らない方法など様々な手術法が最新のやり方であります。
また骨が少ないから長持ちしないということも必ずしも相関関係がないことが分かってきています。

歯ッピーになる歯のはなし・その140~知多ホームニュース平成30年10月中旬号掲載
「食医」

 みなさん、こんにちは、10月です。食欲の秋です。楽しくおいしく食を感じていますか?
 ヒトにとって「食べることは、生きることそのものです」最近では地域包括ケアシステムという言葉をよく耳にします。
それは団塊の世代が75歳以上になる2025年が目前に迫っています。
それに向けて医療介護、予防、住まい、生活支援を包括的に確保し、重度な要介護状態となったとしても、
住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けようというものです。
 歯科医療の立場からこの問題を考えた時、歯の治療、入れ歯の調整、お口の掃除など、いろんなことが大切です。
が、特に最初で述べた「食べること」について、歯科医は食医です。
その高齢者の方にとって一口でも好きなものを味わって食べることは、笑顔を創造し、喜びを与えます。
食べることは生きることそのものなのです。
 食医である歯科医師の行う医療はどんなことでしょうか。
もしあなたが、在宅、施設、入院等で、サポートを受けている場合、食べることの機能改善を受けるとよいでしょう。
具体的には摂食嚥下という専門的な言葉となります。
高齢者の場合お口の食べる機能が低下してきます。
すなわちそれは例えば、硬いものが食べにくい、よく食べこぼしがある、口が渇く、口角にご飯がよくつく、
飲み物で咽る、滑舌が悪くなった、などです。
 人は誰しも年をとると、体が衰えるのです。
昔は重い荷物を持ち上げて運ぶことが出来たが、今はそんな筋肉はない。
駅まで10分歩くことが楽にできたが、今はしんどい。
実は食べることも、お口やノドの筋肉の衰えにより弱くなっていきます。
 食べ物をお口の中で咬む、お口の中でクチュクチュと唾液と共にかたまりをこねて、そしてノドへ飲み込んでいく。
これらはお口のまわりの筋肉も使っているのです。
これらの筋肉が衰えた場合、 その専門のリハビリを行う必要があるのです。
特に、入院なので、一時的に食事に制限がおき、いつもの生活と同じようにお口から食べない時期があると、一気に筋肉は衰えます。


知多ホームニュース平成30年10月上旬号掲載
「いつから始める?」

C君(7才)のお母さんより
「歯並びが悪いような気がしますが子供の歯がまだ残っているので、矯正治療は大人の歯にはえかわってから始めればよいですか?」

「いえ、乳歯が残っているうちにやるべきです。
歯並びが悪い多くの原因の一つは、アゴの骨が小さい、口の周りの筋肉が未発達なことです。
乳歯が残っているうちは、アゴや筋肉が成長しやすいので、正しい骨格バランスに根本的に時期としては、
小学校一、二年生ぐらいからとりはずし型の装置を入れて、筋肉を活性化する運動を行います。」

歯科衛生士によるお口の相談室・第60回~ペコロス59
pekohyousi_0059.jpg peko_060.jpg

皆様こんにちは。歯科衛生士の坂本です。
今年の夏は異常気象でしたが、これからの寒くなる季節はどうなるのか心配ですね。
春や秋はだんだん短くなっていくようで寂しく感じます。
患者様から、私の歯は白くなりますか?とよくご質問されますが、白くする方法といえば、
ホワイトニングや歯に被せ物などをして白くする方法があります。
この年からホワイトニングとかできるの?遅くない?とご相談受けることもよくありますが、
ホワイトニングは年齢性別問わずどなたでもできます。
加齢とともに歯の色は黄色くなりやすいですが、回数を重ねてホワイトニングすれば、しっかり白くなります。
神経がない歯や、昔かぶせた被せ物などの変色も、やり直してキレイにすることもできますので、
諦める前に一度ご相談してみてはいかがでしょうか?
皆様の歯の状態にあった治療方法を提案させていただきます。

歯ッピーになる歯のはなし・その139~知多ホームニュース平成30年9月中旬号掲載
「小児糖尿病キャンプ」

こんにちは。9月です。台風一過も去り、暑さも去り、もうすぐ秋です。
さて、私は先月8月にサマーキャンプボランティアに参加してきました。
 糖尿病一型(小児糖尿病ともいいます。)の子供たちのキャンプです。
全国で夏に行われているもので、東海地区では三重県四日市少年自然の家で行われました。
糖尿病と聞くとあなたはおそらく太った人の成人病と思われるかも知れません。
一般的には、その成人型糖尿病はよく知られています。食事の不摂生や、運動不足でなるものと思います。
それは二型と分類されているものです。
一方一型糖尿病は、幼児、子供の頃になってしまう病気で、原因ははっきりわかっていません。
すい臓でインスリンを出す力が弱まってしまい、子供の頃から毎日、インスリン注射を打つことが必要となります。
決して過食や運動不足でなってしまうものではないのです。
またこの一型糖尿病はとても珍しい病気で、なじみがないものです。
小学校3校あると1人いるくらいの頻度ともいわれています。
そのため保育園や小学校など受け入れる側は、糖尿病と聞くとどう受け入れてよいかわからないことも多くあります。
それくらい多くの方に実態の知られていない病気です。
 このキャンプの目的として、同じ病気の仲間が集まり情報交換をする、励まし合う、学ぶということがあります。
特に今回、私は親子参加のチームと一緒に時間を過ごしました。
幼児から小学校低学年のチームで、そもそも糖尿病一型のことを知らず不安を持っている親子さんに安心してもらうために、
基礎的な医学知識を学んでもらう場になっています。
インスリン注射を毎日打つこと以外ほぼ普通の生活が送れ、運動もできるし食事も普通に摂れます。
寿命が短いなどということもありません。
歯科医師として私はこのサマーキャンプ中、お口の検査、そして親にお子さんのお口についての悩み相談、
歯みがき指導を主に行いました。
みんな普通以上に元気な子ばかりで、昼にかまどで火を焚いて一緒にみんなでピザ作りをしました。
とても楽しいひとときでした。
みんなピザを食べ終わると、食器、調理器具の片付けは大人の仕事で私と子供達は歯みがきタイムです。
テント近くの木かげに集まり子供達と青い空の下、歯みがきをずーっと続けたのでした。

東海タイムズ2018年9月20日号掲載
「痛みのないインプラントオペ」

Q.インプラントをしたいのですが、恐ろしいのが心配です。麻酔すれば大丈夫ですか?

A.笑気麻酔、静脈内鎮静法などがあります。痛みや恐ろしさをほぼ和らげることができます。
全身麻酔と違い入院する必要もありません。

知多ホームニュース平成30年9月上旬号掲載
「何年かかる?」

Kくん(12才)のお母さんより
「小学校2年生から矯正を始めていますが、本人が疲れてきているかもしれません。もう後どれくらいかかりますか?」

「その人によって治療期間は様々です。
歯はもうほとんどきれいに並んでいますが、K君の場合は中学1年生くらいに歯がはえてくる12才臼歯が少し曲がっているので、
そのはえかわりをみていく必要があります。
ので、あと半年くらいかかります。」

東海タイムズ2018年8月20日号掲載
「すぐに仮歯が入る」

Q.オールオン4・6などという方法ですぐに仮歯の入るインプラントをやっていきたいのですが?

A.インプラントを4~6本入れて、その日のうちに仮歯を入れて、見た目やかみ合わせを治す方法です。
その人の骨の状態によっては可能です。

歯ッピーになる歯のはなし・その138~知多ホームニュース平成30年8月中旬号掲載
「地域包括ケア」

 こんにちは、とても暑い日が続いていますね。お元気にお過ごしですか?
私は先日、東海市商工センターにて行われた「地域包括ケア、地域ケア会議」に参加してきました。
とても素晴らしい会合でした。
今回はいつまでも自分らしく楽しく生活していく地域包括ケアの話をしたいと思います。
 さて、日本は諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行しています。
65才以上の人口は、約3000万人を超えています。国民の約4人に1人です。
この先もこの割合が増加していくと予想されています。
このため厚生労働省は、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもと、
可能な限り住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、
地域の包括的な支援サービス提供体制の構築を目指しています。
 具体的な柱として、住まい、医療、介護、予防、生活支援があり、これらを総合的、一体的に、
その人それぞれにあった形で効率的に提供していくことを行おうと考えています。
 私は、歯科医師として、この中でも特に予防について強調して伝えておきたいです。
誰しも病気にならずいつまでも元気で自立して生活したいものです。
そのことを考えたときに、予防はとても、効率的で大きな力を発揮できるよい方法なのです。
すなわち、歯科医院における定期的な予防クリーニングを受けることです。
その人にもよりますが、目安は3、4か月に一度。心配な方は1、2か月に一度予防クリーニングを受けている方もおられます。
 また、体調等により、歯科医院に通えない場合は訪問診療による予防処置、口腔ケアを受けることを強くおススメします。
 歯磨きはしていると思いますが、専門的な予防、口腔ケアを受けることにより、自らの人生の質が全く変わります。
十分に余計な汚れ、菌等を取り除くことにより、安全で健康的な生活が送れます。
大病を防ぎ、楽しい生活の一歩は、丁寧なお口のお掃除がカギです。


知多ホームニュース平成30年7月上旬号掲載
「いつからスタートか?」

Bさん(10才)のお母さんより
「まだ子供の歯が残っていますが、矯正治療は始めた方がよいですか?」

「そうですね、子供の歯が残っているほうがよいです。
アゴの骨、筋肉の成長余地があるので、より正しい形へと近づきます。
一方、完全に生えかわりを待つと、永久歯を抜くなどのデメリットも起きてくることもあります。」

歯科衛生士によるお口の相談室・第59回~ペコロス58
peko_058.jpg

皆様こんにちは。歯科衛生士の坂本です。だいぶ暑さが本格的になってきましたね。
皆様も夏バテや熱中症などにご注意くださいね。

今回は歯の色についての豆知識です。
人によって歯の色は違います。そしてホワイトニングで変わりやすい色、変わりにくい色もあります。
白く変わりやすい色は黄色っぽさが目立つ色。
白く変わりにくい色はグレーっぽい色、グラデーションになっている色。

変わりにくい色でも、ホワイトニングの回数を重ねればキレイになっていきます。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するのも方法のひとつです。
ご自分の歯の色がどんな色なのか、どんなホワイトニングが自分には効果的なのか。
気になる方はどうぞ、気軽にお声掛けください。
ホワイトニング経験豊富な歯科衛生士が数名おりますので、いつでもご相談いただけます。

東海タイムズ2018年7月20日号掲載
「歯茎を切らない」

Q.ほどんど歯茎を切らないでもインプラント手術ができると聞いたのですが?

A.2㎜程度だけ切って小さな穴をあけて、そこから骨の方へ器具を入れて行う手術です。
このやり方の優れている点はほとんど痛み・腫れのないことです。
骨がたくさん減ってしまっている人には不向きです。

~歯ッピーになる歯のはなし・その137~知多ホームニュース平成30年7月中旬号掲載~
「予防矯正と食育」

 みなさんこんにちは7月です。もうすぐ夏休みですね。
学校が休みになり、子供達は普段以上に家庭や地域と関わる時間が増えるかと思います。
子供達と一緒に食事する機会がどこも多くなるのではないでしょうか。
 さて昨今では「一人鍋」なる言葉があるかと思います。「一人○○○」というスタイルは増えているように思います。
例えば「一人カラオケ」「一人焼き肉」「一人ビアガーデン」など。
孤食から個食の時代へと流れているとも言われています。
さびしい、味気ないと感じる孤食から、一人で食べることが一般化した結果、個食が主流に躍り出ているのです。
食事は一人に限る、自分流の食事が気楽、誰かと一緒の食事は疲れる、面倒くさい、といった感じのようです。
ランチメイト症候群(ぼっち飯)という言葉もささやかれています。
学校や職場で一緒に食事をする相手(ランチメイト)がいないことに一種の恐怖を覚え、
誰にも見られないようにトイレの個室で食事をすることをいいます。
学校や職場で一人で食事をすることはその人に友人がいないということだ。
だから、一人で食事をすれば周囲は自分を魅力のない、価値のない人間と思うだろう。
そんな考えから不安に陥り、誰にも見られない場所で食事を摂るようになるといいます。ラ
ンチメイト症候群は日本だけではなくアメリカなどの若者にも多く見られ、先進国と呼ばれる国々を中心に度々取り上げられている問題です。
 孤食の広がりについては、文部科学省でも調査が行われています。
小学4・5・6年生と中学生を対象に一緒に朝食を摂る人は?を調べています。
親と一緒、子供だけ、自分ひとり、その他の中から選んでアンケートをしています。
自分ひとりという子供はなんと20~40%くらいもいます。
大人である私たちは子供達が幸せになるためにいろいろなことをしています。
その一つとして大切なこと、それは「かかわり」を育てる食育です。
脚本家の山田太一氏によると「かかわり合いを食べるのが食卓」だと述べています。
食卓を一緒に過ごすことによって「処理感覚、価値観、判断基準、センス、態度、家族の文化」が育つそうです。
時間をその人のために使う、そして相手も使ってくれるという絆ができてくる、
たくさんの時間を使うことでだんだん家族になっていくのです。

知多ホームニュース平成30年7月上旬号掲載
「予防矯正とは」

Bさん(4才)のお母さんより、
「まだ大人の歯はないのですが、将来歯並びが悪くなる気がして心配です。
早くやればはり金をつけないでもなおりますか?」


「6才以前、できるだけ早めに予防矯正を受けることをお勧めします。
アゴの骨の成長を促進しやすいので、より正しくて美しい顔の骨格にちかづきます。
その結果、歯も十分に並びやすいです。アゴの顔の筋肉のトレーニングを中心に行います。」

東海タイムズ2018年6月20日号掲載
「骨をけずらない手術」

Q.骨を削るのは恐いです。削らないでもできる手術法があると聞いたのですが?

A.上アゴや前歯の場所などは元々、骨が少ないことがあります。
骨をほとんど削らずに行う方法もあります。安全で痛くないです。

歯ッピーになる歯のはなし・その136~知多ホームニュース平成30年6月中旬号掲載~
「予防矯正と空腹」

 こんにちは、暑くなってきました。汗をかいていますか?
いつも空調の効いた快適な部屋で過ごしていて、ほとんど汗をかくことなんてない!という人もいるかもしれません。
しかし、実は人間の健康にとって汗をかくことはとても大切なことです。
 人間は適度なストレスを受け、それに対して体が反応していくのが正常な機能です。
特に子供が、まったく汗をかかないような生活をしているとなると、それは、正しい成長発育の上で問題です。
寒い、暑いといった適度なストレスは必要なのです。
 さて、朝ご飯をたべない子供がいますが、時々小学校では朝食を食べているかアンケート調査しています。
その結果は残念ながら朝食を食べてない子供が結構な割合でいます。
そして食べない理由をアンケートで聞いてみると、起きるのが遅い、時間がない、食欲がない、などとなっています。
こういったアンケートを分析して分かったことは、「空腹感」の問題です。
実は子供の食事で困っていることのほとんどは「空腹感」がないということによります。
食事の問題とは、朝ご飯を食べないこともありますし、好き嫌いが多い、ダラダラ食べる、
しっかり噛まないで飲み込んでいる、などです。
先ほど冒頭で、汗をかかないという話に触れましたが、現代の子供には、「空腹感」というストレスがないのです。
お腹が空いて、食べたいという欲求がなければ、それを満たそうということにはなりません。
食育という言葉が最近では保育園、小学校あたりではよく使われていますが、
どんなに栄養のあるものを与えるか、歯ごたえを考えた給食メニューを考案するのも大事ですが、
「空腹感」を感じてもらう生活をしているかがとても大切です。
お腹を空かせることは、一番の調味料です。
 マズローの欲求5段階説というものがあります。
その5つの欲求は
➀生理的欲求
②安全の欲求
③社会的欲求
④承認の欲求
⑤自己実現の欲求

の順となっており、ヒトは①から⑤の順でこの欲求をかなえていこうとするというものです。
 ①の生理的欲求とは、生命維持のために食べたい、飲みたい、眠りたい等の根源的な欲求を指しています。
子供が「空腹感」というストレスを感じ、その結果食事をすることは、欲求5段階説の①生理的欲求を実現することになります。
が、お腹を空かせた経験のない子供は①の生理的欲求の実現がないということになります。
ですので、小学生などが工作をして⑤自己実現の欲求の表現、達成は薄いものになるということです。

知多ホームニュース平成30年6月上旬号掲載
「予防矯正とは」

Jさん(5才)のお母さんより
「フッ素を塗って予防していくことが大切ですよね。歯並びも気になります。
今からできることはありますか?」


「今から始めることはとても予防につながります。予防矯正は低年齢から始めた方が効果が高いです。
顔の周りの筋肉のトレーニングを行い、アゴの骨の正しい成長を促します。結果、歯並びが悪くなりにくいのです。
生涯にわたって健康にも寄与します。」

歯科衛生士によるお口の相談室・第57回~ペコロス56
peko_057.jpg


こんにちは。歯科衛生士の坂本です。一時期の寒さに比べるとだいぶ落ち着いて過ごしやすくなってきましたね。
学校や仕事など、環境が変わることが多いですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
私は寒い時ほど元気に活動するように心がけています♪
最近よく相談される事ですが、だいたい40代以上の方から、
年齢とともに昔に比べて歯が黄色くなっていているのが気になります。とよくご相談を受けます。
年齢とともに歯が黄色く濃くなるのは自然の事ですが、できれば白くてキレイな歯の方が自分に自信が持てますよね。
年齢とともに濃くなった歯も、被せ物や、ホワイトニングなどをしっかりやっていくことで白さを取り戻せます♪皆
さまもご検討されてみてはいかがでしょうか?

東海タイムズ2018年5月20日号掲載
「笑気麻酔とは」

Q.インプラントを受けたいのですが、大変なのではと怖いです。

A.笑気麻酔をお勧めします。鼻から酸素等を吸入します。全身麻酔とは違い意識はあります。昼寝のようにボーッと眠くなり、痛みや怖さを和らげます。入院の必要もなく安全です。

歯ッピーになる歯のはなし・その135~知多ホームニュース平成30年5月中旬号掲載~
「予防矯正と子供」

 こんにちは、だんだんと暑さも感じる日々となってきました。お元気にお過ごしですか。
前回は、子供の成長発育において、前歯でしっかり咬むことが大切だとお話ししました。
その続きをお話ししたいと思います。
 最近の子供達は大抵の場合、アゴが小さい、出っ歯、口で息をしているなど、
お口のまわりや、咬み合わせ、歯並びに問題が多いです。実に90%以上の子供にその兆候がみられます。
その結果として9才以降に歯科矯正治療を受けている場合が多いです。
しかし、このような、歯並びになってしまう原因の一つは0~6才時期における成長発育と大いに関係があるのです。
すなわち、生活習慣です。前歯でしっかり咬む習慣を0~6才時期に行うことが推奨されます。
歯並びの問題は、実はアゴの骨の成長の問題です。
0~6才時期にどれだけ、しっかりとアゴの骨の土台部分が正しい方向に成長したかが重要です。
よく遺伝の話を聞きます。親が出っ歯だったから、この子も出っ歯になってしまった、仕方ないと。
 しかし、必ずしもそうではありません。
現代の研究では、歯並びにおいて、遺伝の要素は30%以下であると多くの論文で発表される傾向にあります。
遺伝だけで決まっているのではないので、むしろ最近では、0~6才時期の成長発育時期に注目が集まっているのです。
 ドイツの教育学者フリードリヒ・フレーベルは「子供は5才までにその一生涯に学ぶすべてを学び終えるものである。」と言っています。
 世界初の幼稚園を開設し、教育養成を行った方です。
幼児期の教育、成長そういったものがいかに大切であるかは、なんとなくはみなさんご存知のはずです。
 では実践していただきたい具体的なアドバイスを改めてします。
 前歯で咬むこと、特に前歯でかぶりつくことが大切です。
咬むことによって顔の骨に力が伝わり、その刺激で成長するのです。
 正しい姿勢で食事をしましょう。
足は床についていますか。足が床につくことにより、全身の骨や筋肉に負荷がかかり、全身の成長に効果的です。
 食材は繊維質を多く摂ること。
煮込み過ぎない、食材が柔らかすぎるとたくさん咬もうと思って食べなくなります。
リズミカルに咬むこと、ダラダラ食べない。

 以上を参考にしてみて下さい。

歯科衛生士によるお口の相談室・第56回~ペコロス55
peko_056.jpg


こんにちは、歯科衛生士の坂本です。
まだまだ寒い日が続いていますが、皆様体調などはいかがでしょうか?
感染対策をしっかりして、あと少し寒い季節を乗り切りましょう。
4月からの新年度、新生活に向けて歯を白くキレイにしたい!
でも、ホワイトニングは安心なの?どんな事をするの?
私の歯は白くなるのかな…?と心配な方に朗報です!
当院では、1年に1回『プチ・ホワイトニング体験会』を開催しています♪
毎年多くの方に参加して頂き、ご好評をいただいております。
まずは、歯科衛生士が皆様の歯の悩みを聞かせて頂きます。
そして、実際に歯の色を計測して、ジェルを塗って、光を当てて、ご自身でホワイトニングを体験していただきます。
皆様一人一人に合った方法を提案させていただきます。
施術を受ける前に器具の説明などもしっかりさせて頂きますので、安心してご参加ください♪
たくさんのご応募おまちしております。