FC2ブログ
プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
愛知県東海市にある歯科医院です。

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室・スタッフブログ
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
痛くないインプラント」
Q.笑気麻酔をするとインプラントオペは痛くないですか?


A.鼻から酸素マスクを用いる笑気麻酔は、怖さや痛さを和らげる効果があります。笑気麻酔をすると昼寝のような気分になり、体の力が抜けてリラックスして治療を受けられます。
全身麻酔ではないので、意識もあり会話も可能です。安全な麻酔です。
笑気麻酔とは
Q.インプラントオペの時にはどんな麻酔がありますか?恐いです。


A.笑気麻酔をお薦めします。全身麻酔と違い、入院の必要もなくオペ中も、意識はありますが、全身の力が抜け昼寝のような気分で受けられます。痛みや恐怖心を和らげることができます。




超音波で安全に
Q.超音波で骨を削ることができると聞いたのですが?



A.インプラントを入れる穴を削る際、歯を削るように通法で削ると温度が骨に伝わり、骨を悪くすることがあります。超音波で骨を削合すると骨にダメージを与えずに安全にオペを進めることができます。
安全のためのCT
Q.インプラントオペをする際にCT検査をしたほうがよいと言われたのですが?


A.CT検査をすることで、通常のレントゲン検査より詳しく骨の構造がわかり、安心安全なオペができます。アゴの骨の厚みや曲がり、骨の中の血管、神経の位置なども調べやすくなります。




インプラントと消費期限
Q.インプラントを4倍以上しっかりくっつける加工技術とは?

A.食品には消費期限があり劣化します。インプラントは製品のできた工場出荷から炭化という劣化が起こります。院内でインプラント専用滅菌器処理を行うと炭化がなくなり約4倍くっつきます。





2ヶ月でできるインプラント」
Q.インプラント治療は治療期間がとても長く半年以上かかると聞きましたが?

A.アゴの骨の条件がよい場合、2ヶ月で歯を入れることも可能です。オペ時にインプラントを専用器械で炭化除去処理を行い、4倍のくっつき力を出して行います。



治療期間の短縮
Q.インプラント治療期間は半年位と聞きましたが、もっと短くならないでしょうか?



A.部分的で簡単なケースでは、3ヶ月程で終ります。インプラントが骨に生着するのに通常4~6ヶ月かかっていましたが、光機能化装置をオペ直前に行うことにより、2ヶ月程に短縮します。



インプラントとCT
Q.骨の量や形を詳しく調べるためにはCT撮影は必要でしょうか?


A.CT検査をすることで、より安全なインプラント治療が行えます。下あごの中の神経の位置、上あごと鼻腔の関係、3次元的な骨の変形など詳しくわかります。



仮り歯とインプラント
Q.グラグラの歯をもう抜いてインプラントにしたいのです。仮り歯は作れますか?



A.通常より細いミニインプラントを、歯を抜くと同時に埋入します。
一時的に仮り歯を入れることが可能です。前歯は見た目の回復、奥歯は咬む所を確保できます。
インプラントと移植
Q.骨が薄いので人工物を入れて増骨すると前医にいわれたのですが?

A.人工骨などを用いて増骨しなくてもできる場合も多いので安心して下さい。
自家血や自家骨の移動により可能で安全です。
磁石とインプラント
Q.総入れ歯を使っていますが、インプラントを入れてもっと咬めるようになりますか?


A.インプラントを4本入れ、その上に磁石を用いる方法があります。
磁石を用いることにより総入れ歯は安定して咬みやすくなります。



確実なインプラント
Q.インプラント治療で採血してより確実に骨につける技術とは?

A.オペの際に採血するのは様々な目的がありますが、その一つに血液中の成長因子を利用して骨の少ない所を補い確実性を高める器機があります。



インプラントが恐い人へ
Q.インプラント治療を受けたいのですが、恐がりで迷っています。

A.笑気麻酔や静脈鎮静などがおすすめです。全身麻酔と違い、意識はあります。
不安や痛みをやわらげて治療を受けられます。





骨を削ると言われた…
Q.インプラントで骨を削って大丈夫なんでしょうか?

A.血管、神経、歯ぐきを巻き込まないで骨を安全に削ることの出来る超音波器具を使います。




よりくっつくインプラントとは
Q.インプラント専用の滅菌器が必要を聞きましたが?

A.インプラントはチタン材料でできており、工場出荷からチタンエイジング現象という劣化が起こっています。
インプラントオペ直前に院内で専用滅菌器で処理すると、骨とのくっつきが約4倍になります。




インプラント、CTで安心
Q.インプラント治療を受けたいのですが骨が少ないと言われ心配です。

A.CT検査をおすすめします。通常のレントゲンではみえない内部構造がわかるので安心して治療を受けられます。
この記事を読んだ方に限り、CT撮影を無料にて行いますので申し出て下さい。(通常1~3万円)
(H28年2月末まで)





血液の成長因子を用いる
Q.骨が少なくてもインプラントはできると聞いたのですが?

A.骨が少ない場合、骨を増やしてインプラントを入れます。
(1)人工骨を使う場合 (2)自分の口の中の骨の多いところから移植する自家骨 (3)自分の血液を採取して成長因子を抽出する。などの方法です。



インプラントのくっつく期間
Q.インプラントは埋入オペを行ってから、くっつくまでにどれくらいの期間がかかりますか?

A.最新の器具等を使うと約1.5か月です。2ヶ月後には歯がくっついています。
しかし骨の条件がよくない場合は4ヶ月ほどかかることもあります。




インプラントの光機能化
Q.インプラントをよりくっつきやすくする装置があると聞いたのですが?

A.インプラント本体は工場で作られてから、チタンエイジング現象といわれる劣化を起こします。
光機能化装置によるオペ前の処置によって約4倍くっつきやすくなります。



骨が足りない?
Q.私は骨がやせて、少ないのでインプラントはできないと言われましたが?

A.骨が少ない場合は、増骨する方法を用いてインプラントオペを行います。
インプラントを入れる時に削る予定の骨を足りないところに置換したり、顎の骨の中で、余っている骨を自家骨で移植します。




仮り歯用のインプラント
Q.ダメな歯を抜いてインプラントにしたいのですが、仮り歯は入りますか?

A.歯を抜いたその日に仮り歯を入れることが可能です。
仮り歯用のミニインプラントを入れて、その上に仮り歯をつけます。
特に前歯など見える場合、また、奥歯で咬む場所を確保したい場合に有効です。



骨を安全に削るには
Q.インプラントオペに際し、超音波を用いてより安全に骨を削ることが出来ると聞いたのですが?

A.従来の切削機で骨を削ると、柔らかい骨、硬い骨を同等に削ることは難しかったです。超音波の切削機を用いることで、かなり正確な作業が可能となりました。






笑気麻酔とインプラント
Q.笑気麻酔を使ったインプラント手術は痛みを感じませんか?

A.最近ではインプラント手術の際、鼻チューブで酸素を取り込みながら行うことがより安全です。
その際、笑気ガスを取り込むと、体がよりリラックスして、痛みや怖さを和らげてくれます。全身麻酔と違い、意識はあります。




安全な骨切削
Q.インプラントを埋入する際、骨を傷めずに削る方法はありますか?

A.骨をドリルで削ると熱変性させてしまうことがあります。
骨をより安全に削るために超音波を使うことがあります。神経、血管も傷つけにくい方法です。
CT検査とは?
Q.インプラント手術にはCT撮影が必要と聞きましたが?

A.CTは通常のレントゲンより、さらに詳しく骨の構造を調べるのに役立ちます。
CTデータを利用して、その人の骨の3次元的な構造がわかるため、より安全、確実なインプラント挿入が行えます。
特に骨の厚みや神経の位置がわかり、難しい手術も可能です。





インプラントの本数は?
Q.上顎の歯が10本以上ないです。10本インプラントを入れるのでしょうか?

A.必ずしも、10本ではありません。例えば6本インプラントを入れて、かぶせ物の歯は10本入れることもできます。またインプラントを4本で上を入れ歯タイプにすることもあります。




採血とインプラント
Q.インプラントを受けたいのですが、骨が少ないです。どうすればよいですか?

A.自分の骨や人工骨を移植して足すことがあります。また自分の血液を採血して、その中から成長因子血液を用いるとより確実に骨の少ない部分を補えます。




インプラント周囲炎
Q.インプラントは一度やると一生持つのでしょうか?虫歯や歯周病にならないと思いますが?

A.インプラントは他の治療に比べ長持ちする可能性は高いです。しかし、失うことも考えられます。インプラント周囲炎は歯周病と同じく歯磨きの手入れをおこたれば、グラグラしてくることがあります。また、咬み合わせのバランスがくずれたまま使うのもよくないです。





入れ歯とインプラント
Q.歯がほとんどありません。インプラント、入れ歯どちらがよいですか?

A.歯がほとんどない場合、すべてをインプラントで補うことも可能ですが、2~4本程度のインプラントを入れて、その上に、入れ歯を固定するという方法もあります。この方法だとインプラントの本数を少なくして、かつ入れ歯を小さく設計できるので、お口の中が快適・楽です。




サージェリーガイド
Q.インプラントを埋入するのに正確な位置を決めるガイドを使った手術があるのですか?

A.CT検査をして骨の中の構造をよく確認してインプラント手術部位を決めます。その位置を正確にガイドするプラスチック型があります。これを用いるとより正確なオペをすることができます。