FC2ブログ
プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
愛知県東海市にある歯科医院です。

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室の交換日記からはじめましょう
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
歯ッピーになる歯のはなし・その143~知多ホームニュース平成31年1月中旬号掲載
「歯の話」

 こんにちは。寒い日が続きますが、お元気にお過ごしでしょうか?
お正月にたくさんおいしい物を食べ過ぎて太ってしまった方もいるのではないでしょうか。

 今回は歯の役割について話したいと思います。
いまさらながら、歯の役割って何でしょうか?当たり前かもしれませんが、多くの方は「食べること、かむこと」と答えるのではないでしょうか。
けど、他にもありますよね。例えば、発音、声をうまくだすときに歯は必要です。カラオケで上手に歌うには歯も大切です。
白い美しい歯、見た目と答えた方もいるのではないでしょうか。
あるいはスポーツをする際にしっかりくいしばって力を出すということもあると思います。
 実は最近、歯の役割にとってもっとこれが大切だといわれ研究されていることがあります。それは「呼吸」です。
「呼吸」するために歯が重要な役割を担っているというものです。
「えっ!歯なんて、あってもなくても呼吸はできるでしょっ」と思う方は多いと思います。
呼吸とは何でしょうか。呼吸とは大きな目的の一つは酸素を体内にとり入れることです。
ご飯は一回や二回食べなくても死ぬことはありません。しかし、酸素をとり入れる呼吸はどうでしょうか。
呼吸は止めていたとしても約一、二分くらいが限界ではないでしょうか。
呼吸を止めて酸素がとり込めなくなるのは死を意味しています。
夜間、寝ている時も人は呼吸をしています。研究によると人は夜間、鼻で呼吸しているだけでなく口でも呼吸していることがわかっています。
人は寝ている際じっとしているわけでもなく、寝返りをうったり動いています。
その際、首がよじれ酸素の通り道が狭くなったりします。
そうするとずっと鼻でリズムよく呼吸していたかと思うと突然口を使って呼吸をします。
脳が酸素不足を予知して大量の酸素を急いで体内に入れようとしているのです。
その際には鼻ではなく口で呼吸をするのです。
例えば、もしあなたがプールで溺れそうになったら鼻で息をしようとするでしょうか。
人はいざという時には反射的に口で呼吸をするものなのです。
では寝ている際に口で呼吸する時にどうして歯が大切な役割をしているのか?
それは、人は下あごを前に突き出し、下の歯が上の歯に引っかかって首の回りの気道を広げる動きをしているということがわかってきたのです。
ですので、歯は命に関わる大切な役割をしています。

~歯ッピーになる歯のはなし・その142~知多ホームニュース平成30年12月中旬号掲載~
「殺菌された水」

 みなさんこんにちは、12月です。平成30年も残すところ少しですが、みなさんにとってどんな一年だったでしょうか?
 この年末にきて、国会では下水道の民営化について紛糾しています。
今回は水の殺菌についてお話したいと思います。
 さて、水道水は一般的にはほとんど、塩素をもちいて殺菌され、きれいな水となっています。
日本では、水道水を蛇口からひねってそのまま飲めるくらい安全とも言われています。
一方、飲み水は、水道水を直接飲むのではなく、スーパーなどでおいしい水を買って飲んでいる方も多いのではないでしょうか
 また、ウォーターサーバーをレンタルして使っている家庭も増えてきているようです。
このような傾向はどうして起きているのか?
それは一つには水道水の中に入っている残留塩素の問題が関係しているのだとも言われています。
家庭の台所の水道水の蛇口にフィルターをかませて、より、安全な水になるよう工夫している方もいるかと思います。
 水道水の中に微量の塩素が残っていることはとても大切な事で、この塩素が微量に残っているから、
殺菌状態を保ち、安全に使えるわけです。
かつ、人体に害のない微量に調整されて処理されているのです。
しかし、この塩素を微量ながらでも摂り続けると癌になるのではないかという見方もあり、発癌性物質として注意されているわけです。
ですので、家庭などで水道水を使う場合には一度沸騰させて、塩素を抜いた方がよいという方法をとっている方もいると思います。
 では歯科医院などの医療機関ではどうでしょうか?
特に歯科医院では、お口の中の治療をする際に、歯を削ったりして水を使うことがとても多いのです。
当院では、患者様のお口の中に入る水を全てオゾン殺菌しています。オゾン殺菌することにより塩素が体内に入っていくことはありません。
オゾンは塩素などの有害物質と反応して水と酸素にすぐに変わっていきます。
また、残ったオゾンも有害物質がなければ数秒後に水と酸素に分解されるので安全です。
ただし弱点もあります。それは多少オゾン殺菌されたばかりの水は匂いがします。鼻の利く人には感じます。
一般的な臭覚のレベルの人では感じません。それとオゾン殺菌のシステムが高価であることです。

では来年もみなさん健康で楽しい生活をお過ごし下さい。また会いましょう。

歯ッピーになる歯のはなし・その141~知多ホームニュース平成30年11月中旬号掲載
「歯の神経」

 こんにちは、11月です。残すところ、今年も1か月半です。残り少ない平成を大事に過ごしたいものです。
 さて、今回は歯の神経についてお話したいと思います。
 歯の中には神経が入っていることはご存知でしょうか?
歯の表面はとても硬い層で覆われています。その表面の層のことをエナメル質と呼んでいます。
白くて硬い歯です。その更に奥の方に神経は隠れています。
表面のエナメル質は硬いですから、中の神経を普通は触ることが出来ません。
 ところが、虫歯が出来て、エナメル質に穴が空いた場合、次第に穴が大きくなり、
中に入り込んでいた神経に触れることが出来るようになります。
そうすると、食べ物を噛んだりした時など、ズキッと痛みを感じることがあるのです。とても痛いです。
虫歯が大きくなると、中の神経が痛みを感じ、歯が悪くなっていますよと、危険信号を発してくれるのです。
また虫歯による穴ではなくても神経の痛みを感じることはあります。
歯周病になっても神経の痛みを感じることがあるのです。
それは歯茎のまわりのジョイントが弱くなり、歯茎の溝の中へ、水や食べ物、空気などの刺激が伝わりやすくなった場合です。
実は歯肉の中に通常隠れている、歯の茎、この部分はエナメル質に覆われていないのです。
ですので、歯周病が進行して歯茎の隙間、溝が大きくなってしまった場合には、虫歯ではなくても、
うがいしただけで水がしみるといったことが起きたりします。
このような歯周病の進行の場合も神経が痛み、しみを感じることによって危険信号を発してくれます。
 最後に痛い痛い神経は厄介者のようにも思えますが、それなりに役割もあるわけです。
神経に少しでも感じたら気にしてみましょう。

歯ッピーになる歯のはなし・その140~知多ホームニュース平成30年10月中旬号掲載
「食医」

 みなさん、こんにちは、10月です。食欲の秋です。楽しくおいしく食を感じていますか?
 ヒトにとって「食べることは、生きることそのものです」最近では地域包括ケアシステムという言葉をよく耳にします。
それは団塊の世代が75歳以上になる2025年が目前に迫っています。
それに向けて医療介護、予防、住まい、生活支援を包括的に確保し、重度な要介護状態となったとしても、
住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けようというものです。
 歯科医療の立場からこの問題を考えた時、歯の治療、入れ歯の調整、お口の掃除など、いろんなことが大切です。
が、特に最初で述べた「食べること」について、歯科医は食医です。
その高齢者の方にとって一口でも好きなものを味わって食べることは、笑顔を創造し、喜びを与えます。
食べることは生きることそのものなのです。
 食医である歯科医師の行う医療はどんなことでしょうか。
もしあなたが、在宅、施設、入院等で、サポートを受けている場合、食べることの機能改善を受けるとよいでしょう。
具体的には摂食嚥下という専門的な言葉となります。
高齢者の場合お口の食べる機能が低下してきます。
すなわちそれは例えば、硬いものが食べにくい、よく食べこぼしがある、口が渇く、口角にご飯がよくつく、
飲み物で咽る、滑舌が悪くなった、などです。
 人は誰しも年をとると、体が衰えるのです。
昔は重い荷物を持ち上げて運ぶことが出来たが、今はそんな筋肉はない。
駅まで10分歩くことが楽にできたが、今はしんどい。
実は食べることも、お口やノドの筋肉の衰えにより弱くなっていきます。
 食べ物をお口の中で咬む、お口の中でクチュクチュと唾液と共にかたまりをこねて、そしてノドへ飲み込んでいく。
これらはお口のまわりの筋肉も使っているのです。
これらの筋肉が衰えた場合、 その専門のリハビリを行う必要があるのです。
特に、入院なので、一時的に食事に制限がおき、いつもの生活と同じようにお口から食べない時期があると、一気に筋肉は衰えます。


歯ッピーになる歯のはなし・その139~知多ホームニュース平成30年9月中旬号掲載
「小児糖尿病キャンプ」

こんにちは。9月です。台風一過も去り、暑さも去り、もうすぐ秋です。
さて、私は先月8月にサマーキャンプボランティアに参加してきました。
 糖尿病一型(小児糖尿病ともいいます。)の子供たちのキャンプです。
全国で夏に行われているもので、東海地区では三重県四日市少年自然の家で行われました。
糖尿病と聞くとあなたはおそらく太った人の成人病と思われるかも知れません。
一般的には、その成人型糖尿病はよく知られています。食事の不摂生や、運動不足でなるものと思います。
それは二型と分類されているものです。
一方一型糖尿病は、幼児、子供の頃になってしまう病気で、原因ははっきりわかっていません。
すい臓でインスリンを出す力が弱まってしまい、子供の頃から毎日、インスリン注射を打つことが必要となります。
決して過食や運動不足でなってしまうものではないのです。
またこの一型糖尿病はとても珍しい病気で、なじみがないものです。
小学校3校あると1人いるくらいの頻度ともいわれています。
そのため保育園や小学校など受け入れる側は、糖尿病と聞くとどう受け入れてよいかわからないことも多くあります。
それくらい多くの方に実態の知られていない病気です。
 このキャンプの目的として、同じ病気の仲間が集まり情報交換をする、励まし合う、学ぶということがあります。
特に今回、私は親子参加のチームと一緒に時間を過ごしました。
幼児から小学校低学年のチームで、そもそも糖尿病一型のことを知らず不安を持っている親子さんに安心してもらうために、
基礎的な医学知識を学んでもらう場になっています。
インスリン注射を毎日打つこと以外ほぼ普通の生活が送れ、運動もできるし食事も普通に摂れます。
寿命が短いなどということもありません。
歯科医師として私はこのサマーキャンプ中、お口の検査、そして親にお子さんのお口についての悩み相談、
歯みがき指導を主に行いました。
みんな普通以上に元気な子ばかりで、昼にかまどで火を焚いて一緒にみんなでピザ作りをしました。
とても楽しいひとときでした。
みんなピザを食べ終わると、食器、調理器具の片付けは大人の仕事で私と子供達は歯みがきタイムです。
テント近くの木かげに集まり子供達と青い空の下、歯みがきをずーっと続けたのでした。

~歯ッピーになる歯のはなし・その138~知多ホームニュース平成30年8月中旬号掲載~
「地域包括ケア」

 こんにちは、とても暑い日が続いていますね。お元気にお過ごしですか?
私は先日、東海市商工センターにて行われた「地域包括ケア、地域ケア会議」に参加してきました。
とても素晴らしい会合でした。
今回はいつまでも自分らしく楽しく生活していく地域包括ケアの話をしたいと思います。
 さて、日本は諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行しています。
65才以上の人口は、約3000万人を超えています。国民の約4人に1人です。
この先もこの割合が増加していくと予想されています。
このため厚生労働省は、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもと、
可能な限り住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、
地域の包括的な支援サービス提供体制の構築を目指しています。
 具体的な柱として、住まい、医療、介護、予防、生活支援があり、これらを総合的、一体的に、
その人それぞれにあった形で効率的に提供していくことを行おうと考えています。
 私は、歯科医師として、この中でも特に予防について強調して伝えておきたいです。
誰しも病気にならずいつまでも元気で自立して生活したいものです。
そのことを考えたときに、予防はとても、効率的で大きな力を発揮できるよい方法なのです。
すなわち、歯科医院における定期的な予防クリーニングを受けることです。
その人にもよりますが、目安は3、4か月に一度。心配な方は1、2か月に一度予防クリーニングを受けている方もおられます。
 また、体調等により、歯科医院に通えない場合は訪問診療による予防処置、口腔ケアを受けることを強くおススメします。
 歯磨きはしていると思いますが、専門的な予防、口腔ケアを受けることにより、自らの人生の質が全く変わります。
十分に余計な汚れ、菌等を取り除くことにより、安全で健康的な生活が送れます。
大病を防ぎ、楽しい生活の一歩は、丁寧なお口のお掃除がカギです。


~歯ッピーになる歯のはなし・その137~知多ホームニュース平成30年7月中旬号掲載~
「予防矯正と食育」

 みなさんこんにちは7月です。もうすぐ夏休みですね。
学校が休みになり、子供達は普段以上に家庭や地域と関わる時間が増えるかと思います。
子供達と一緒に食事する機会がどこも多くなるのではないでしょうか。
 さて昨今では「一人鍋」なる言葉があるかと思います。「一人○○○」というスタイルは増えているように思います。
例えば「一人カラオケ」「一人焼き肉」「一人ビアガーデン」など。
孤食から個食の時代へと流れているとも言われています。
さびしい、味気ないと感じる孤食から、一人で食べることが一般化した結果、個食が主流に躍り出ているのです。
食事は一人に限る、自分流の食事が気楽、誰かと一緒の食事は疲れる、面倒くさい、といった感じのようです。
ランチメイト症候群(ぼっち飯)という言葉もささやかれています。
学校や職場で一緒に食事をする相手(ランチメイト)がいないことに一種の恐怖を覚え、
誰にも見られないようにトイレの個室で食事をすることをいいます。
学校や職場で一人で食事をすることはその人に友人がいないということだ。
だから、一人で食事をすれば周囲は自分を魅力のない、価値のない人間と思うだろう。
そんな考えから不安に陥り、誰にも見られない場所で食事を摂るようになるといいます。ラ
ンチメイト症候群は日本だけではなくアメリカなどの若者にも多く見られ、先進国と呼ばれる国々を中心に度々取り上げられている問題です。
 孤食の広がりについては、文部科学省でも調査が行われています。
小学4・5・6年生と中学生を対象に一緒に朝食を摂る人は?を調べています。
親と一緒、子供だけ、自分ひとり、その他の中から選んでアンケートをしています。
自分ひとりという子供はなんと20~40%くらいもいます。
大人である私たちは子供達が幸せになるためにいろいろなことをしています。
その一つとして大切なこと、それは「かかわり」を育てる食育です。
脚本家の山田太一氏によると「かかわり合いを食べるのが食卓」だと述べています。
食卓を一緒に過ごすことによって「処理感覚、価値観、判断基準、センス、態度、家族の文化」が育つそうです。
時間をその人のために使う、そして相手も使ってくれるという絆ができてくる、
たくさんの時間を使うことでだんだん家族になっていくのです。

歯ッピーになる歯のはなし・その136~知多ホームニュース平成30年6月中旬号掲載~
「予防矯正と空腹」

 こんにちは、暑くなってきました。汗をかいていますか?
いつも空調の効いた快適な部屋で過ごしていて、ほとんど汗をかくことなんてない!という人もいるかもしれません。
しかし、実は人間の健康にとって汗をかくことはとても大切なことです。
 人間は適度なストレスを受け、それに対して体が反応していくのが正常な機能です。
特に子供が、まったく汗をかかないような生活をしているとなると、それは、正しい成長発育の上で問題です。
寒い、暑いといった適度なストレスは必要なのです。
 さて、朝ご飯をたべない子供がいますが、時々小学校では朝食を食べているかアンケート調査しています。
その結果は残念ながら朝食を食べてない子供が結構な割合でいます。
そして食べない理由をアンケートで聞いてみると、起きるのが遅い、時間がない、食欲がない、などとなっています。
こういったアンケートを分析して分かったことは、「空腹感」の問題です。
実は子供の食事で困っていることのほとんどは「空腹感」がないということによります。
食事の問題とは、朝ご飯を食べないこともありますし、好き嫌いが多い、ダラダラ食べる、
しっかり噛まないで飲み込んでいる、などです。
先ほど冒頭で、汗をかかないという話に触れましたが、現代の子供には、「空腹感」というストレスがないのです。
お腹が空いて、食べたいという欲求がなければ、それを満たそうということにはなりません。
食育という言葉が最近では保育園、小学校あたりではよく使われていますが、
どんなに栄養のあるものを与えるか、歯ごたえを考えた給食メニューを考案するのも大事ですが、
「空腹感」を感じてもらう生活をしているかがとても大切です。
お腹を空かせることは、一番の調味料です。
 マズローの欲求5段階説というものがあります。
その5つの欲求は
➀生理的欲求
②安全の欲求
③社会的欲求
④承認の欲求
⑤自己実現の欲求

の順となっており、ヒトは①から⑤の順でこの欲求をかなえていこうとするというものです。
 ①の生理的欲求とは、生命維持のために食べたい、飲みたい、眠りたい等の根源的な欲求を指しています。
子供が「空腹感」というストレスを感じ、その結果食事をすることは、欲求5段階説の①生理的欲求を実現することになります。
が、お腹を空かせた経験のない子供は①の生理的欲求の実現がないということになります。
ですので、小学生などが工作をして⑤自己実現の欲求の表現、達成は薄いものになるということです。

歯ッピーになる歯のはなし・その135~知多ホームニュース平成30年5月中旬号掲載~
「予防矯正と子供」

 こんにちは、だんだんと暑さも感じる日々となってきました。お元気にお過ごしですか。
前回は、子供の成長発育において、前歯でしっかり咬むことが大切だとお話ししました。
その続きをお話ししたいと思います。
 最近の子供達は大抵の場合、アゴが小さい、出っ歯、口で息をしているなど、
お口のまわりや、咬み合わせ、歯並びに問題が多いです。実に90%以上の子供にその兆候がみられます。
その結果として9才以降に歯科矯正治療を受けている場合が多いです。
しかし、このような、歯並びになってしまう原因の一つは0~6才時期における成長発育と大いに関係があるのです。
すなわち、生活習慣です。前歯でしっかり咬む習慣を0~6才時期に行うことが推奨されます。
歯並びの問題は、実はアゴの骨の成長の問題です。
0~6才時期にどれだけ、しっかりとアゴの骨の土台部分が正しい方向に成長したかが重要です。
よく遺伝の話を聞きます。親が出っ歯だったから、この子も出っ歯になってしまった、仕方ないと。
 しかし、必ずしもそうではありません。
現代の研究では、歯並びにおいて、遺伝の要素は30%以下であると多くの論文で発表される傾向にあります。
遺伝だけで決まっているのではないので、むしろ最近では、0~6才時期の成長発育時期に注目が集まっているのです。
 ドイツの教育学者フリードリヒ・フレーベルは「子供は5才までにその一生涯に学ぶすべてを学び終えるものである。」と言っています。
 世界初の幼稚園を開設し、教育養成を行った方です。
幼児期の教育、成長そういったものがいかに大切であるかは、なんとなくはみなさんご存知のはずです。
 では実践していただきたい具体的なアドバイスを改めてします。
 前歯で咬むこと、特に前歯でかぶりつくことが大切です。
咬むことによって顔の骨に力が伝わり、その刺激で成長するのです。
 正しい姿勢で食事をしましょう。
足は床についていますか。足が床につくことにより、全身の骨や筋肉に負荷がかかり、全身の成長に効果的です。
 食材は繊維質を多く摂ること。
煮込み過ぎない、食材が柔らかすぎるとたくさん咬もうと思って食べなくなります。
リズミカルに咬むこと、ダラダラ食べない。

 以上を参考にしてみて下さい。

歯ッピーになる歯のはなし・その133~知多ホームニュース平成30年4月中旬号掲載
「予防矯正と子供」

こんにちは、もうすぐゴールデンウイークですね。
前回、現代の子供達の成長発育に関して問題点をお話しました。さらに話を進めていきたいと思います。

②0才~6才時期において、子供の成長発育においてどうして問題が起きているのか?
原因は一言でいうと「上顎の成長不足」です。
 アドルフ・ポルトマン(スイスの生物学者)は「成長の方向性の原則」ということを述べています。
それは、「人間は上から下に、中心から末端に成長していく、関節も上から下へ成長を見せる」すなわち、口や顎の成長発育が悪いと、全身の成長発育関節に影響を及ぼします。
 現代の生活はとても強い力で咬むということはほとんど必要のない毎日です
。咬まなくなったことで頭の骨に適正な力がかからなくなってしまったのです。呼吸や全身の成長発育に影響するようになってしまったのです。
戦前は一日1420回咬んでいるというデーターがありますが、現代では半分以下の620回になってしまっていると。
厚生労働省ホームページにも書いてありますが、よく咬まない原因、軟らかい食材ばかり食べさせたり、めん類のように咬まずに飲み込んでしまうものをよく食べさせたり、子供が咬むという経験機会が少なくなっている。
その対応として、小学校の給食などにしっかり咬ないと飲み込めない食材を活用することが大切と述べています。
 さて、されに歯科医学的にもっと大切なことをお伝えします。
よく奥歯でしっかり咬む、ということは聞いたことがあるのではないかと思います。
が、0才~6才の場合、実は特に前歯で咬むことが、大切なのです。前歯で咬むことがポイントです。
「上顎の成長不足」ということを最初に述べたかと思います。実は上顎をしっかり成長させるには、まず、前歯でしっかり咬むことが結果的には奥歯もしっかり生えることになり、奥歯でもしっかり咬めるようになってきます。

「ではまた来月続きをお話したいと思います」

歯ッピーになる歯のはなし・その133~知多ホームニュース平成30年3月中旬号掲載~
「予防矯正の時代」
 こんにちは、お元気にお過ごしですか?
平成30年4月改定として、厚生労働省は子育てにおいて新指針を既に発表しています。
それは一つには、0~6歳の小児においてお口の周りの機能の成長発育を大切にしていこうという内容です。
子供たちの様々な現代病、子供のロコモティブシンドローム、不登校などの多くの予防対策として、新たな視点が加わったのです。
それが特に0歳~6歳の小児期における、お口のまわりの正常発育を勧めることなのです。
最近は実に多くの小学生、中学生が、頭が小さく、歯並びが悪い、あるいは、お口を常に空けている口呼吸(その結果、アレルギーも増えています)、正しく水を飲んたり、食事を飲み込めない、といったことが起きています。
そして、その結果に対しての対処療法としての矯正治療が行われています。しかし、そうなる前、0~6歳位の小児期に予防処置を行うことで、本来の正しい成長レールにのっていくことが出来るのではないかと研究が進んできています。

 「予防矯正」は子供たちを正しい成長方向に導き、未病を目指すものです。このことをお話するために3つの内容を伝えていきたいです。

①子供たちの現状について、何が起きている?
②悪くなった原因は?正しい成長とは?
③どうしたら良い成長が出来るの?


 ①子供たちの現状について、何が起きている?
 文部科学省は、平成26年に小・中・高生の体力測定の分析を発表しています。その内容によると、例えば50m走は平成元年に比べ平成25年のほうが、著しく低下していると。ボール投げも同様です。
 一方、身長、体重は増加傾向にあるのです。すなわち、体は大きくなっているが、運動能力は落ちているということなのです。
 また、ボール投げのような、単なる体力だけではない種目から子供たちは、体がかたくなり、また不器用になってきているとも考察されています。
さらに握力がなく鉛筆がうまく握れない子供が増えていて、4Bや6Bなどの鉛筆が使われていることを報告している部分もあります。紐がうまく結べないといった不器用さも指摘されています。
関節やバランスが必要な運動能力の低下です。(栄養は十分いきわたり、数十年前とは比べて体は大きくなったのに)
またNHKクローズアップ現代では、「子供たちの異変」として、鼻呼吸出来ない子供の口元が取り上げられました。
「お口ぽかん」「への字」「うめぼし」「二重あご」さらに子供の睡眠中における無呼吸が増えていると。
これは口の中が狭く舌根が気道を塞いでしまって起こることが多いです。

さて、ここまでで、子供たちに起きている問題点を話してきました。
私たちは未来の子供たちの為に何をすべきなのか?次回また伝えていきたいと思います。

歯ッピーになる歯のはなし・その132~知多ホームニュース平成30年2月中旬号掲載
「バレンタインデーとムシ歯」

 みなさん、こんにちは。2月です。2月といえばバレンタインデーですね。
たくさん配り、そしてたくさんもらい・・・。お互い忙しいですね。
さて、チョコレートをたくさん食べすぎると、どうなるでしょうか?いわずと知れたことですが。
そうです、一つはムシ歯になるんじゃないか!ということですネ。
けど、もう一つ気になることがあります。それは、太る!です。
 ムシ歯になってしまうという点に関してですが、砂糖を多くとるとムシ歯になりやすいのです。
ムシ歯ができる機序ですが、実は単に砂糖を食べたからムシ歯になってしまうという、そんな単純なものはありません。
砂糖以外にもお口の中のムシ歯菌がいたり、口の中がネバネバしているか、
口の中を磨かずに何時間も放置しているからなど、いろんな要素がからんでいるのです。
ただ、今回、バレンタインデーですので、話を簡単にして言ってしまうと、チョコをいつもダラダラ食べ過ぎていると、
ムシ歯ができてしましまいますよ、気を付けましょうね、ということになります。
 また、太るという点についても、多くの方の気になるところではないでしょうか?私は気になります。
健康長寿という言葉がありますが、日々を元気に楽しく生活したいものです。
その点からは、太りすぎていては様々な全身疾患も心配です。
また楽しくという意味においてはオシャレもしてみたいとか、スポーツをエンジョイしたい、旅行に行きたい、
仕事を頑張りたいといろいろあるかと思います。
そんな中、特にお口健康は要(かなめ)となります。
普段、しっかり咬める、力がはいる、お口の中がスッキリしていることは健康をキープする上での基本です。
もし、お口に自信がないのなら、まずは、お口の健康から気にされるとよいかと思います。
ご自身で歯磨きを頑張ることをオススメします。
不安な方は歯科医院において定期的なお口の掃除をしてもらうことが良いです。
治療も大切かもしれませんが、まずはお掃除をしてもらってはいかがでしょうか?
とってもスッキリして良い気分になりますよ。
 みなさん、楽しいバレンタインは過ごせましたか?


歯ッピーになる歯のはなし・その130~知多ホームニュース平成30年1月中旬号掲載
「歯の色の変化」

みなさん、こんにちは。一月もなかばに入りました。正月も過ぎ一段落したことかと思います。
 食べ過ぎた(?)体もこれから締めていかなければなりません。カゼをひかずお元気にお過ごしでしょうか。
 さて今回は、「歯が茶色くなってきた」という話をしたいと思います。
あれ?この歯、なんだか茶色くなってきたような気がする。前はそんなことなかった。
けど今まで気づかなかっただけなのか?痛くはないけど。
 こんなこと、ありませんか。
歯の色が茶色くなっていく場合、一つは虫歯ができて、色が茶色くなっていくことが考えられます。
しかし、痛くないんです。実は虫歯ができる場合以外にも歯の色が茶色くなっていくことがあります。
① 歯の溝の汚れ、歯にはとても細い溝があり、虫歯ではないが、色が茶色くみえることがあります。
十分にそうじしても、多少は着色が残り、茶色くみえてしまうことがあります。
② 歯石によるもの。
歯茎のきわに、よけいな細菌が固まってくっついてくることがあります。
だんだんと固くなっていき、歯の根元などに茶色くみえたりします。
最初、色はうすい黄色くらいなので気づかないことも多いですが、やがて色が茶色、黒へと濃くなっていきます。
③ プラスチックでつめた治療の跡。歯をプラスチック材料で治療している場合、プラスチックは水を吸いますから、色が着いてきます。
だんだんと色が目立ち、茶色くみえることがあります。
④ 歯の神経が死んでいる場合、例えば、歯をぶつけたりなどして歯の神経が死んでいる、あるいはむしがで歯の神経を削って治療したなど。
このような場合、当初は歯の色は自然な白っぽい色をしていますが、時間の経過とともに、歯はうす暗い色へと変化していきます。
やがて一、二年後には茶色っぽくみえてくることがあります。人によっては黒く見える人もいます。
 ではみなさん、今年一年楽しく元気に過ごしましょう。一年のスタートですから目標をもって頑張りたいものです。
健康に関していえば、自分の体を大切にして、また運動して予防していきたいものです。
精神的には日々笑顔でいきましょう。


東海タイムズ2013年5月20日号掲載
「オペの腫れ」

Q.インプラントオペを以前したことがあります。今回反対側もそうしたいのですが、とても腫れたので心配です。

A.患部にステロイド薬の注射をすることで劇的に腫脹、内出血が減少します。
口腔外科領域では難治性口内炎、舌炎にも使われており、単回使用なので、副作用の心配もありません。