FC2ブログ
プロフィール

小島歯科室

Author:小島歯科室
愛知県東海市にある歯科医院です。

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

小島歯科室・スタッフブログ
小島歯科室のスタッフによるつれづれ日記です。
知多ホームニュース平成30年12月上旬号掲載~
を閉じる」

A君(8才)のお母さんより
「いつもを開けていて、唇も荒れています。矯正装置をつけて治した方がよいですか?」

「小学校低学年の場合、矯正装置を入れることも大切ですが、装置を入れるだけでは治りません。おの周りの筋肉を正しく力を加えるトレーニングをすることが大切です。の周り、アゴ舌などの筋肉をより強く正しいバランスにしていく運動をします。」

知多ホームニュース平成30年10月上旬号掲載
「いつから始める?」

C君(7才)のお母さんより
「歯並びが悪いような気がしますが子供の歯がまだ残っているので、矯正治療は大人の歯にはえかわってから始めればよいですか?」

「いえ、乳歯が残っているうちにやるべきです。
歯並びが悪い多くの原因の一つは、アゴの骨が小さい、口の周りの筋肉が未発達なことです。
乳歯が残っているうちは、アゴや筋肉が成長しやすいので、正しい骨格バランスに根本的に時期としては、
小学校一、二年生ぐらいからとりはずし型の装置を入れて、筋肉を活性化する運動を行います。」

知多ホームニュース平成30年9月上旬号掲載
「何年かかる?」

Kくん(12才)のお母さんより
「小学校2年生から矯正を始めていますが、本人が疲れてきているかもしれません。もう後どれくらいかかりますか?」

「その人によって治療期間は様々です。
歯はもうほとんどきれいに並んでいますが、K君の場合は中学1年生くらいに歯がはえてくる12才臼歯が少し曲がっているので、
そのはえかわりをみていく必要があります。
ので、あと半年くらいかかります。」

知多ホームニュース平成30年7月上旬号掲載
「いつからスタートか?」

Bさん(10才)のお母さんより
「まだ子供の歯が残っていますが、矯正治療は始めた方がよいですか?」

「そうですね、子供の歯が残っているほうがよいです。
アゴの骨、筋肉の成長余地があるので、より正しい形へと近づきます。
一方、完全に生えかわりを待つと、永久歯を抜くなどのデメリットも起きてくることもあります。」

知多ホームニュース平成30年7月上旬号掲載
「予防矯正とは」

Bさん(4才)のお母さんより、
「まだ大人の歯はないのですが、将来歯並びが悪くなる気がして心配です。
早くやればはり金をつけないでもなおりますか?」


「6才以前、できるだけ早めに予防矯正を受けることをお勧めします。
アゴの骨の成長を促進しやすいので、より正しくて美しい顔の骨格にちかづきます。
その結果、歯も十分に並びやすいです。アゴの顔の筋肉のトレーニングを中心に行います。」

知多ホームニュース平成30年6月上旬号掲載
「予防矯正とは」

Jさん(5才)のお母さんより
「フッ素を塗って予防していくことが大切ですよね。歯並びも気になります。
今からできることはありますか?」


「今から始めることはとても予防につながります。予防矯正は低年齢から始めた方が効果が高いです。
顔の周りの筋肉のトレーニングを行い、アゴの骨の正しい成長を促します。結果、歯並びが悪くなりにくいのです。
生涯にわたって健康にも寄与します。」

知多ホームニュース平成30年5月上旬号掲載
「予防矯正とは」

Dさん(8歳)のお母さんより
「子供の歯並びが気になってきました。口も良く開いています。早い時期に矯正を始めれば、早く終わるでしょうか?」

「そうですね、低学年までであれば、アゴの筋肉などをトレーニングする装置を使うことで、
本来の正しいアゴの骨の形に近づいていきます。口も閉じやすくなります。
歯を動かす前に、アゴの筋肉を整える予防矯正をするのが近道です。」

知多ホームニュース平成30年4月上旬号掲載
「下あごが大きい」

F君(6歳)のお母さんより
「下あごが大きくて受け口です。どうしたらよいですか?」

「下あごが大きい受け口などは遺伝的要素が大きいといわれていました。
最新の研究では、むしろ後天的な生活習慣の影響の方の方が大きいといわれています。
子供の場合、下あごの成長を抑えるより、上あごの成長を促し、治していく矯正がよいです。」

知多ホームニュース平成30年3月上旬号掲載
「アゴを治す矯正」

Bさん(13歳)から
「このお口の横についている太い棒はなんですが?とりはずしはできるんですか?」

「左右奥についている固定の金具はアゴの位置を正しい方向に成長させます。
成長期にやることにとても意味があります。はずれないように固定しています。
常に一定の力をかけるので骨が成長促進します。」

知多ホームニュース平成30年2月上旬号掲載
「曲がって生えてきた?」

Jさん(7歳)のお母さんより
「下の前歯が生えてきましたが、曲がっているようです。どうしたらよいですか?」

「Jさんは、顎の大きさが小さいので、骨の中で、すでに歯が重なっています。
レントゲンからも多くの大人の歯がぶつかり合っています。
顎を正常に大きく発育させるためのマウスピースを入れるとよいです。
また顎の筋力トレーニングもします。」

知多ホームニュース平成29年12月上旬号掲載
「矯正装置と口呼吸」

Bくん(8才)のお母さんより
「うちの子はいつも口を開けています。矯正装置を入れるだけで閉まってくるでしょうか?」

「矯正装置を入れることにプラス、口の周りの筋肉のトレーニングが必要です。
筋肉をきたえバランスをよくすることで骨の形がよくなります。
その結果口も閉じてきます。」

知多ホームニュース平成29年11月上旬号掲載
「歯を抜かない矯正」

Dさん(16才より)
「もう高校生ですが、歯を抜かないで矯正治療したいです。
前歯が曲がって出っ歯になっているのが気になります。」


「小学校低学年の場合、歯を抜かないできれいにすることは十分に可能です。
中学生以上の場合、ほぼ大人のからだと同じです。骨を少しだけ動かすことが可能です。
特殊なはり金を使います。約90%くらいの方が可能です。」

知多ホームニュース平成29年10月上旬号掲載
「筋肉と矯正」

「はり金をつけないでも、口のまわりの筋肉をきたえれば歯並びがよくなると聞いたのですが?」

「小学校低学年までの間に、口のまわりの筋肉を適切にトレーニングしたり、
鼻呼吸の運動をしたりすることにより、顎の骨を正しい形に成長させることができます。
シリコンマウスピースを毎日一時間ほど入れて行います。
装置を何度も交換して無理に歯を押すことなく、人間本来の筋肉の力を利用します。」

知多ホームニュース平成29年9月上旬号掲載
「矯正装置に慣れるか心配」

Kさん(7才)のお母さん
「矯正治療をはじめたいと思うのですが、子供がうまくできるか心配です。装置に慣れるでしょうか?」

「その子によって大きく個人差があります。すぐに慣れる子もいます。
一方、最初はなかなかうまくできなくて、やってくれない場合もあります。
勉強や運動もそうですが、その子なりの道のりがあります。
あせらず段々とうまく慣れてできるようになっていきます。」

知多ホームニュース平成29年8月上旬号掲載
「輪ゴムを使う矯正」

Jさん(12才)のお母さんより
「この輪ゴムは毎日引っかけている必要がありますか。夜寝る時だけでいいですか?」

「この輪ゴムは24時間ほぼつけています。はずしてよいのは歯を磨く時、一日一回のゴムの交換の時、食事の時くらいです。
持続的に一定の力をかけることが重要ですので、学校に行っている間、はずしていたら効果が出ません。」

知多ホームニュース平成29年7月上旬号掲載
「口呼吸と矯正」

Fくん(5才)のお母さんより
「まだ大人の歯がはえていません。矯正治療はもっと後でよいですか?」

「Fくんは口呼吸をしていて、いつも口が開いているようです。
口のまわりの筋肉の正しい使い方を練習することが今は大事です。
矯正装置をつけることだけが治療ではありません。
歯並びを悪くする原因の一つは口のまわりの筋肉です。
早い段階での鼻呼吸への練習がとても有効な原因除去です。

知多ホームニュース平成29年6月上旬号掲載
「呼吸と歯並び」
Cさん(9才)のお母さんより
「この子はいつも口が開いています。歯がどんどん出っ歯になっているような気がします。どうしたらよいですか?」

「歯並びが悪い場合は矯正器具を使って治療することが必要です。
が、口が開いているようなクセがあることは、歯並びを悪くする原因です。
クセを改善するトレーニングを受けてもらいます。
クセがあると全身の健康にも影響します。」

知多ホームニュース平成29年5月上旬号掲載
「いつから矯正スタート?」

Eさん(5才)のお母さんより
「子供の歯並びが悪いのではないかと気になります。早く始めた方がよいのでしょうか?」

「そうですね。気になりますよね。診断は早期にした方がよいです。
が、装置を入れ始めるのは、その子によって違います。
5、6才から入れ始める子もいれば、9、10才ぐらいからの子もいます。
早すぎても、治療期間が長いだけになってしまうこともあります。」

知多ホームニュース平成29年4月上旬号掲載
「歯を抜かない矯正」

B君(17才)のお母さんより
「前歯が出ているのが気になります。歯を抜かないでも矯正治療ができますか?」

「一般的には前歯が出ていて、重なりも強い場合、小臼歯を4本抜くことが多いです。が、この場合、歯の内側にも装置を入れて、アゴの形をよくしていけば、歯を抜かない矯正治療が可能です。」

知多ホームニュース平成29年3月上旬号掲載
「下あごが出ている」

R君(6才)のお母さんより
「うちの子は小さい頃から受け口です。もうそろそろ矯正治療を受けたほうがよいですか?」

「そうですね。下あごが出ている反対咬合の場合、早めの治療がよいです。
5、6才ぐらいからスタートした方がよい場合が多いです。
あごがずれたまま体が成長していくのはよくないです。
正常なあごの位置に戻して体が成長していくのがよいです。」

知多ホームニュース平成29年2月上旬号掲載
「透明な矯正装置・2」

40代Bさんより
「この透明マウスピースは24時間毎日入れているのですか?私のようなガタガタな歯並びでもなおりますか?」

「マウスピースはできる限り入れていて下さい。夜間だけではダメです。マウスピースでなおる人、なおらない人がいます。特にお子さんの場合は難しいです。」
最も優れた方法は、はり金をつけることです。